「メッセージ」で写真/ビデオ/オーディオを送る方法

ここではメッセージ(iMessage/SMS/MMS)で写真/ビデオ/オーディオを送る方法を解説します。
なお、メッセージの使い方全般についてはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方

写真/ビデオが送付できるメッセージ形式

自分と相手がiMessageを使っていれば、写真/ビデオをエフェクト付きで送ることができます。 しかしMMSでは写真を送ることができますが、ビデオは送信できません。 またSMSでは写真もビデオも送信できません。 iMessage/SMS/MMSの違い

撮影済みの写真/ビデオを「メッセージ」で送る方法

(写真)アプリに格納されている 撮影済みの写真/ビデオを「メッセージ」で送ることができます。
iPhone (メッセージ)アプリを起動し、 入力エリアの左にある (App)アイコンをタップすると表示されるiMessageアプリのアイコン一覧から アイコンをタップします。
iPhone 画面の下部に、(写真)アプリのカメラロールに保存されている写真やビデオが表示されます。 送りたい写真またはビデオを選択します。 写真アプリの使い方 iPhoneで写真/ビデオを撮影する
iPhone するとこのように「添付」されます。 このまま続けてメッセージや他の写真を挿入することも可能です。 そして(送信)ボタンをタップすると送信されます。

その場で写真/ビデオを撮影して「メッセージ」で送る方法

iPhone その場で写真/ビデオを撮影して「メッセージ」で送るには、入力エリアの左にある (カメラ)アイコンをタップします。 カメラアイコンが表示されていないときは、 アイコンをタップすると表示されます。
iPhone このような画面になります。 (カメラ)アプリが起動して、その場で写真/ビデオを撮ることができます。
撮影方法として「ビデオ」「写真」を選択したときにシャッターボタンの左に表示される をタップすると、写真にエフェクトをかけることができます。 詳しくは写真/ビデオにエフェクトをかけて送る をご覧ください。
なお、左上にある アイコンをタップすると (写真)アプリに格納されている 撮影済みの写真/ビデオから選ぶこともできます。 iPhoneで写真/ビデオを撮影する 写真/ビデオにエフェクトをかけて送る

写真/ビデオにエフェクトをかけて送る

iMessageアプリを使って、「メッセージ」「FaceTime」アプリで写真/ビデオにエフェクト(特殊効果)をかけて送ることができます。 アニ文字(Animoji)・ミー文字(Memoji)、フィルタ、テキスト書き込み、図形の貼り付けなどの効果を付けることができます(iOS12以降)。 詳しくは下記の各ページをご覧ください。

「メッセージ」でオーディオメッセージ(音声)を送る方法

自分と相手がiOS8以降を使っていれば、オーディオメッセージ(音声)を送ることができます。 なお、オーディオメッセージはSMS/MMSでは送信できません。 iMessage/SMS/MMSの違い
iPad iPhone オーディオメッセージを送るには、入力エリアの右にある iMessage/SMS/MMS (マイク)アイコンを長押しします。
iPad iPhone するとすぐさま録音が始まります。送りたいメッセージを吹き込みます。 iMessage/SMS/MMS (マイク)アイコンから指を話すと録音終了です。 このような画面になります。
(再生)ボタンをタップすると録音内容を確認できます。 そして(送信)ボタンをタップすると送信されます。
iPad iPhone 送信が完了するとこのようになります。 再生ボタンをタップすると再生できます。 「保存」をタップすると・・・
iPad iPhone 送信者の名前の右端にある をタップすると表示される「詳細」画面の、「添付ファイル」欄に保存されます。 送信したオーディオメッセージを何度も再生することができます。

もっとメッセージ(iMessage/SMS/MMS)のことを知りたい