手書きアニメ/ショートビデオを「メッセージ」で送る:Digital touchの使い方

自分と相手がともにiOS10以降にバージョンアップしている場合、手書きアニメ/ショートビデオを「メッセージ」で送ることができます。 これを「Digital touch」と呼びます。 ここではメッセージ(iMessage/SMS/MMS)で手書きアニメ/ショートビデオを送る方法を解説します。
なお、メッセージの使い方全般についてはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方

手書き文字・アニメを送る方法

iPhone (メッセージ)アプリを起動し、 入力エリアの左にある (App)アイコンをタップすると表示されるiMessageアプリのアイコン一覧から (デジタルタッチ)をタップするとこのような画面になります。
このままでも手書き文字は入力できますが、画面中央の をタップすると入力エリアが画面いっぱいに広がり、より入力しやすくなります。
iPhone これがデジタルタッチの入力画面です。 7色のなかから好きな色を選び、指で文字やイラストを描きます。
iPhone 描き終わったら、画面右下の (送信)ボタンをタップすると送信されます。 相手の画面でも手書きの様子がアニメーションで再現されます。

ショートビデオを送る方法

その場で最大10秒のショートビデオを撮影して送ることができます。 さらにビデオの上に手書き文字やアニメーション効果を乗せることができます。
iPhone デジタルタッチの入力画面を開いて、 アイコンをタップします。
iPhone するとビデオが起動します。 赤い丸印をタップするとビデオメッセージの録画が始まります。 白い丸印をタップすると写真を撮影します。
iPhone メッセージの録画中または撮影した写真に、手書き文字やアニメーション効果を書き込むことができます。
iPhone 完成したら (送信)ボタンをタップすると送信されます。 相手の画面でもビデオに重ねて手書きの様子がアニメーションで再現されます。
録画中または録画後に アイコンをタップすると最初からやり直せます。
iPhone 手書きで加えることができる効果は6種類あります。 ハートビートやキスマークなどを書き込むこともできます。

「メッセージ」で撮影した写真に効果を付ける

iMessageアプリを使って、「メッセージ」「FaceTime」アプリで写真/ビデオにエフェクト(特殊効果)をかけて送ることができます。 アニ文字(Animoji)・ミー文字(Memoji)、フィルタ、テキスト書き込み、図形の貼り付けなどの効果を付けることができます(iOS12以降)。 詳しくは下記の各ページをご覧ください。

もっとメッセージ(iMessage/SMS/MMS)のことを知りたい