• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

製品番号/モデル名の解説

モデル番号の書かれている場所

2016年発売のiPhone 7以前であれば、モデル番号は本体裏側の刻印の中にあります。 とても小さい字で「Model Axxxx」という形で刻印されています。 それ以降のモデルでは、箱の裏側の印刷を確認するしかありません。 また、Apple Watchの場合は、バンドを外すと、その中に刻印があります。
モデル番号からは「iPhone 7 Plus」などの大まかなモデルを知ることができます。 刻印されている「Axxxx」の5ケタを製品番号/部品番号 モデル一覧のページで検索すれば、あなたのモデルが確認できます。 しかしモデル番号からはボディカラーやストレージ容量はわかりません。代わりに製品番号/部品番号を利用するとこれらの情報も確認することができます。 詳しくはモデル/容量/カラー/iOSバージョンを識別する方法をご覧ください。
なお、2017年発売のiPhone X,8以降は本体には刻印はありません。 下記に挙げる方法で [設定](設定)画面で確認するか、外見で判断します。

モデル/容量/カラー/iOSバージョンを識別する方法

以下の操作で、iPod/iPad/iPhone本体の製品番号/部品番号、シリアル番号、容量、iOSソフトウェアバージョンなどの固有情報を知ることができます。 製品番号/部品番号を使って製品番号/部品番号 モデル一覧のページで検索すれば、あなたのモデル、ボディカラーなどが確認できます。

タッチパネルモデルの場合


設定(設定)- (一般)- [情報]メニューを開きます。 「容量」欄がストレージ容量、「バージョン」欄がiOSソフトウェアバージョン、「モデル」欄に表示される「Mxxxx」の5ケタが製品番号/部品番号を示しています。 ストレージ容量は、システム領域を差し引いた空き容量が表示されます。このため例えば128GBモデルの場合は容量124.16GBなどと、少なく表示されます。

Apple Watchの場合


(Watch)-[マイウオッチ]- (一般)-[情報]-[モデル]欄に表示される「Mxxxx」の5ケタが製品番号/部品番号を示しています。

クリックホイールモデル(iPod)の場合


[設定]-[情報]メニューまたは[設定]-[一般]-[情報]メニューを開き、早送りボタンを二回クリックして「モデル」欄を見ます。

製品番号/部品番号の読み方

アルファベット「M」に続く英数字4桁の部分が世界共通のモデル名です。 その後ろに、販売される国(仕向地)を表すコードがつきます。日本は「J」、アメリカは「LL」、香港は「ZP」など。 これは初期設定の言語、同梱される説明書の言語や、ACアダプタの違いを表します。 さらにその後ろに「/」につづけてバージョンが付加されます。 「/A」は最初のモデル。「/B」は二番目のモデル(改良版やOS更新版)といった具合です。
通常、すべての製品は「M」から始まりますが、 レーザーパーソナライズサービス(Apple Store) でメッセージを刻印してもらった商品は、オーダーメイド品扱いとなり、製品番号の頭に「P」が付きます。 また、整備済み製品の場合は製品番号の頭は「N」となるようです。 レーザーパーソナライズサービス(Apple Store)