Walletアプリの使い方

Walletアプリは、航空券の電子チケットや、お店が発行する電子クーポンをまとめて管理できるアプリです。 空港や関連ショップに近づくと、自動的にチケットやクーポンが表示される機能もあります。 iOS9より、名称がPassbookからWalletに変わりました。
Walletアプリで電子チケットを使うのは簡単。 Walletアプリに対応したチケットやクーポンを発行しているサイトで、「Walletに追加」などと書かれたボタンをタップするだけです。
また、クレジットカード情報を登録すると、タッチするだけで支払ができる「Apple Pay」も使えます。

Apple Payの使い方

2016年10月25日から、日本でもクレジットカードより安全な電子マネー:Apple Pay(アップル・ペイ)がスタートしました。

電子チケットの使い方:ANAの場合

iPhone (ANAアプリ) やパソコンのWebサイトなどから国内線を予約したら、ANAアプリで予約確認画面を開きます。 ([ANAアプリ]-[もっと見る]-[国内線 予約確認])
iPhone 予約確認画面から[Walletに追加]-[Apple Walletに追加]とタップします。
iPhone すると電子チケットが画面に表示されます。 右上の「追加」をタップすれば完了です。
チケットを往復分購入したときは、1枚1枚[Apple Walletに追加]をタップします。
Walletアプリへの電子チケットの追加は何度でもできます。 同じチケットを何度も追加しても、実際にWalletアプリに格納されるのは1枚だけです。
iPhone つづいて(Wallet)アプリを起動してみましょう。 このように電子チケットが登録されています。 チケットをタップすると・・・
iPhone バーコードが表示されます。 これを空港ゲートのカードリーダにかざせば飛行機に乗れるというわけです。 また、Walletアプリに航空券を登録しておけば、空港に着くと自動的にチケットが画面に表示されたり、遅延状況が報告されたり、出発時刻、搭乗ゲートなどが通知されて便利です。
このほか、Walletアプリに対応したお店のクーポンも、そのバーコードをレジで読み込んだり、ただクーポンをレジで見せるだけでOKです。

電子チケットの使い方:JALの場合

iPhone (JALアプリ) やパソコンのWebサイトなどから国内線を予約したら、JALアプリで予約確認画面を開きます。 ([JALアプリ]-[予約確認・変更]-[xx月xx日 JALxxx便(便名)])
予約詳細画面を下までスクロールするとこのような画面になります。 ここで[バーコードを取得]-[次へ」とタップします。
iPhone このような画面になります。[Walletに登録]をタップします。
iPhone すると電子チケットが画面に表示されます。 右上の「追加」をタップすれば完了です。
チケットを往復分購入したときは、1枚1枚[Walletに登録]をタップします。
Walletアプリへの電子チケットの追加は何度でもできます。 同じチケットを何度も追加しても、実際にWalletアプリに格納されるのは1枚だけです。
iPhone つづいて(Wallet)アプリを起動してみましょう。 このように電子チケットが登録されています。 チケットをタップすると・・・
iPhone バーコードが表示されます。 これを空港ゲートのカードリーダにかざせば飛行機に乗れるというわけです。 また、Walletアプリに航空券を登録しておけば、空港に着くと自動的にチケットが画面に表示されたり、遅延状況が報告されたり、出発時刻、搭乗ゲートなどが通知されて便利です。
このほか、Walletアプリに対応したお店のクーポンも、そのバーコードをレジで読み込んだり、ただクーポンをレジで見せるだけでOKです。

Apple Watchで電子チケットを使う

iPhone iPhoneのWalletアプリに登録した電子チケットは、Apple Watchに連携されます。 Apple Watchで(Wallet)を起動するとこのようになります。 チケットをタップし、画面をスクロールするとバーコードが表示されます。 これを空港ゲートのカードリーダにかざせば飛行機に乗れます。 Apple WatchでのWalletアプリの使い方

電子チケット・クーポンのコードをスキャン

iPhone 電子チケット・クーポンは、印刷されたコードをカメラなどで読み込んでWalletアプリに取り込むことも可能です。 (Wallet)アプリを開き、 画面を上に向かってフリックすると、一番下に「パスを編集」ボタンが現れます。 これをタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 「コードをスキャン」をタップすると、カメラが起動します。 印刷されたコードに向ければOKです。
なお、WalletアプリにクレジットカードやSuicaを登録する方法についてはApple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法をご覧ください。 Apple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法

電子チケット・クーポンの更新・削除

iPhone 電子チケット・クーポンを開いて、右下の をタップすると・・・
iPhone このように電子チケット・クーポンの詳細情報が表示されます。 ポイントカードなど、ポイント数が更新されないときは「自動アップデート」を タッチパネル:ON(オン) にしましょう。
使い終わった、不要になった電子チケット・クーポンの削除は手動で行います。 「パスを削除」をタップすると・・・
iPhone このように確認画面が表示されます。 「削除」をタップすればOKです。

電子チケット・クーポンをほかのiPod/iPad/iPhoneに送る

iPhone
この画面で「パスを共有」をタップすると・・・
iPhone
このような画面になります。 このチケットをEメールAirDropでほかのiPod/iPad/iPhoneに送ることができます。 Eメールの使い方 AirDropの使い方:赤外線より簡単にiPhone間で情報交換

iTunes Passを使う

アップルは、2014年7月より、最寄りのアップルストアで、自分の好きな金額をApple IDにチャージできる「iTunes Pass」を開始しました。 iTunesカードを買うことも必要ありません。 「iTunes Pass」を利用するには、あらかじめオンラインiTunes Stroreアプリで、PassBookアプリに電子チケット「iTunes Pass」を登録しておく必要があります。 iTunesのギフトを贈ろう:「iTunes Pass」の説明(アップル)
iPhone まずは (iTunes Store)を開き、画面を下まで辿ります。 するとこのような画面になるので「コードを使う」をタップします。 iTunes Storeを開く
iPhone するとiTunes Store(Apple ID)のパスワードを聞かれた後、このような画面になります。 ここで、iTunes Passの「利用を始める」をタップします。
なお、iTunesカードのバーコードはここからカメラで読み込んだりキーボードから入力したりできます。 iTunes/App Storeの楽しみ方
iPhone するとこのような画面になります。「iTunes PassをWalletに追加」をタップします。
iPhone あなたのApple IDが書かれた電子チケット「iTunes Pass」が画面に表示されます。 右上の「追加」をタップします。 Apple IDの作り方・使い方 Apple ID、パスワードを忘れた場合の解決策 子供向け、家族向けのAppleIDを取得する
iPhone するとこのような画面になり、登録は完了です。 ここで「iTunes PassをWalletに表示」をタップすると・・・
iPhone (Wallet)アプリが起動して、「iTunes Pass」が画面に表示されます。 最寄りのアップルストアに行き、店員さんにこのバーコードを見せ、チャージしたい金額を支払うだけでOKです。

電子チケット・クーポンを入手する

電子チケットや電子クーポンを発行している主要なショップには、次のようなところがあります。

電子チケット・クーポンを発行する

電子チケットや電子クーポンを発行するサービスには、次のようなところがあります。 枚数などの制限がありますが、無料で発行することも可能です。 あなたがお店のオーナーの場合、集客に利用してみてはいかがでしょうか。