• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

カーステレオとの接続方法

カーアクセサリ・カタログ

車載/自転車ホルダー

汎用FMトランスミッタ

FMトランスミッタ(Lightning)

チャージャ(USB/Dock)

チャージャ(Lightning)

ナビ/ハンズフリー

ノイズフィルタ/ソケット

FMトランスミッタ(Dock)

レシーバ/モジュレータ

カセットアダプタ

カーステレオとの接続

最近のカーステレオ/カーナビの多くはBluetooth接続、もしくはUSBケーブル接続に対応しています。 これらを使ってiPod/iPad/iPhoneと直接接続することができます。 まずはあなたの愛車のカーステレオの説明書を良く読んでみましょう。 あいにくiPod/iPad/iPhoneに対応していない場合でも、 「レシーバ/モジュレータ」 など、既存のカーステレオとiPod/iPad/iPhoneを接続するキットもいくつか発売されています。 これらはディーラーやカー用品店で入手することが出来ます。
カーステレオに、外部入力(AUX)端子が付いている場合は、 「AVケーブル」や 「オーディオケーブル」でつなぐこともできます。
また、接続キットが発売されていないカーステレオや、レンタカーでの使用を考えると、 「FMトランスミッター」の使用が便利です。

Bluetoothの使い方

CarPlayの利用

アップルは2014年3月3日、「CarPlay」(旧名:iOS in the Car)という規格を発表しました。 これは、自動車に搭載されたCarPlay対応ユニットとiPod/iPad/iPhoneをLightningケーブルで接続すると、 CarPlay対応ユニットで電話、メッセージ、地図表示などの機能が利用できるものです。 しかも音声や、ハンドルなどに設置された手元スイッチで簡単にコントロール可能。 運転中にデバイスの画面を覗き込む危険もありません。
CarPlay対応の自動車は2014年に一部の新車から搭載が始まります。 また、パイオニアやアルパインからは、既存の自動車に搭載可能なCarPlay対応ユニットが発売されます。 2014年10月に発売される Pioneer スマートフォンリンク SPH-DA700 が、最初のCarPlay対応カーナビとなります。
なお、CarPlayに対応するデバイスは、iOS8以降にアップデートした、2012年発売のiPhone5以降のiPhoneシリーズのみです。
  • Apple CarPlay 100%活用ガイド

    技術評論社 2019/1/25 1598円

    iPhoneをカーナビと接続して利用する機能「AppleCarPlay」の使いこなし方法を解説しています。目的地までの経路を確認するなどのカーナビ機能だけでなく、iPhoneで聞いていた曲を自動車の中でも楽しめるようにする方法などを解説しています。

    Amazon.co.jpで買う

アップルのCarPlay紹介サイト パイオニアのCarPlay紹介サイト ボルボのCarPlay紹介サイト AVメインユニット(パイオニア) Pioneer スマートフォンリンク SPH-DA700(Amazon.co.jp)

FMトランスミッター

FMトランスミッターとは、音声をFMラジオの電波に乗せて送信する装置です。 カーステレオやミニコンポのラジオを、FMトランスミッターが発信している周波数に合わせると、そこから音声が聞こえてきます。 通常10メートル程度の距離まで電波が届きます。 最近ではiPod/iPad/iPhoneとBluetooth接続できるFMトランスミッターが主流です。 iPod/iPad/iPhoneの音声をBluetoothでFMトランスミッターに飛ばし、さらにFMトランスミッターからFMラジオの電波に乗せてカーステレオで受信します。 このほかにもiPod/iPad/iPhoneのイヤホンコネクタまたはLightning/ドックコネクタとFMトランスミッターをケーブルでつなぐタイプも発売されています。

FMトランスミッタのいろいろ(汎用) FMトランスミッタのいろいろ(Lightning) FMトランスミッタのいろいろ(Dock)

FMトランスミッターの使い方

一般的なFMトランスミッターは、送信する周波数を切り替えることができます。ラジオ放送との混信がない周波数を探して設定します。 また電波経由で音声を飛ばすので、エンジンその他のノイズ(雑音)が混じることもあります。 このような時は、車の中でiPod/iPad/iPhoneの置き場をあちこちに変えてみたり、FMトランスミッタとそれを受信するカーラジオの周波数を、まったく放送が行われていないところに変更してみてください。 カーチャージャーを兼用するタイプでは、シガーソケットからノイズが乗ることも多いようです。 この場合はノイズフィルターが効果があります。 また、自動車で移動していると、別のラジオ局の電波が受信できるようになり、これが原因でノイズが入ることがあります。 ノイズが入ってきたら休憩もかねて車を止めて、周波数を変更しましょう。
また家庭用ミニコンポで使う場合は、ミニコンポ本体のシールドが混信を避けるため強化されている物も多く、 FMトランスミッターをミニコンポのアンテナ接続端子のすぐそばに持っていかないと受信できない場合があります。
なお、海外では日本とはFMラジオで使用される周波数が異なっています。国内向けFMトランスミッターは海外では使用できない場合があります。

海外でのFMトランスミッターの利用

カセットアダプタ

カセットアダプタとは、カセットテープの形をしたアダプタで、 ケーブルの一方をiPod/iPad/iPhoneのイヤホンコネクタに、もう一方(カセットテープの形をした部分)を カーステレオやコンポのカセットデッキに挿入します。 すると、カセットデッキからiPod/iPad/iPhoneの音楽が聞こえてきます。 高機能な物では、iPod/iPad/iPhoneの再生、早送り、巻き戻し、停止などの操作がカセットデッキから行える物もあります。 ただ、テープ切れ検出装置付のカセットデッキだと使用できない場合があります。 また、ケーブルで接続するため、カセットテープが完全に本体の中に入ってしまうタイプのデッキでは使用できない場合があります。

カセットアダプタのいろいろ