• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

インターネットブラウザ:Safariの使い方

iPod/iPad/iPhoneには、インターネットブラウザであるSafari(サファリ)が内蔵されています。 これを使って、全世界のWebサイトをアクセスしてみましょう。

Safariのクイックアクション

iPhone (Safari) アイコンを長押しするか、または 「3D Touch」に対応したモデル(2015年発売のiPhone 6s / 6s Plus以降、ただしSE, XRを除く)では、 アイコンを強く押すと、図のようにクイックアクションを呼び出せます。 新規タブプライベートブラウズブックマークリーディングリスト、 の4つの機能に直接アクセスできます。
また「ホーム画面を編集」をタップすると、ホーム画面の編集・アイコンの並べ替えができます(iOS13以降)。 タッチパネル操作方法の基本

iPhone内蔵の無料辞書を使う

iPod/iPad/iPhoneには、国語辞典、英和・和英・英英、その他多くの言語の無料の辞書が搭載されています(iOS10以降)。 Safari、メール、メモ、その他多くのアプリで辞書が使用できます。

キーボードショートカット

Bluetoothキーボード 等使用時に、Mac版のSafariと同様の30種類のキーボードショートカットが使えます(iOS13以降)。
キーボードショートカット
ショートカット 機能
Command + 0 リーダーモードでデフォルトのフォントサイズを使用
Command + tap リンク先をバックグラウンドで開く
Command + Alt/Option ダウンロードの停止/再開
Command + Alt + tap リンクを新しいウインドウで開く
Command + E 選択した文字列を使って検索する
Command + I 表示しているページをメールで送る
Command + Shift + tap リンクを新しいタブで開く
Command + - リーダーモードのフォントサイズを小さくする
Command + + >リーダーモードのフォントサイズを大きくする
Command + + 拡大する
Command + - 縮小する
Command + S ページを保存する
Alt/Option + tab 選択しているアイテムを切り替える
Command + Alt/Option + F 検索ウインドウを選択する
Command + W アプリでWebビューを閉じる
Alt + tap リンク先のファイルをダウンロードする
Shift + tap リンクをリーディングリストに追加する
Command + Alt/Option + W このほかのタブを閉じる
矢印キー 画面をスクロールする
Command + Shift + Alt/Option + V そのまま貼り付ける
Command + Shift + N 新たにプライベートタブを開く
Command + 0 元のサイズに戻す
Command + Return 検索結果を開く
Command + Alt/Option + 1 ブックマークを切り替える

FTPサイトからファイルをダウンロードする

iPod/iPad/iPhoneのSafariを使ってWebサイトに掲示されているFTPサーバーへのリンクをタップしても、エラーとなってダウンロードできない場合があります。 iPod/iPad/iPhoneのSafariでは、URLに、そのFTPサイトへのID、パスワードを含める必要があります。 具体的には、以下のように指定します。
ftp://[ユーザーID]:[パスワード]@[もとのFTPサーバーのURL]
FTPサイトがパスワードを要求しない(anonymous FTP)場合は、
ftp://[email protected][もとのFTPサーバーのURL]
のように指定します。 リンクを長押しして[共有...]-[メモに追加]を選んでURLをメモアプリにコピーし、ID、パスワードを追加したうえで、Safariのアドレス欄に貼り付けてアクセスします。

画面の回転をロックしたい

寝転がりながらiPod/iPad/iPhoneを使ってネットサーフィンを楽しんでいると、画面が縦方向、横方向にころころ切り替わって、使いにくいときがあります。 そんなときは、画面の回転をロックすることができます。詳しくは下記のページをご覧下さい。 画面の回転をロックする : タッチパネル操作方法の基本

フィッシング対策機能を使う

サファリにはフィッシング対策機能が搭載されています(iPhone OS 3.1以降)。 これを利用するとフィッシング詐欺の疑いの高いサイトにアクセスしようとすると警告してくれます。
iPad iPhone フィッシング対策機能を有効にするには、 Settings(設定)-(Safari) -[プライバシーとセキュリティ]-[詐欺サイトの警告]を タッチパネル:ON(オン) にします。
このあと、iPod/iPad/iPhone内部のフィッシング詐欺サイトのデータベースを最新に更新する必要があります。 これを行うには、
  • Safariブラウザを起動
  • Wi-Fiネットワークに接続
  • スクリーン・オフ状態でiPod/iPad/iPhoneを充電
とする必要があります。時々この状態で充電を行い、iPod/iPad/iPhone内部のデータベースを更新しましょう。
iPad iPhone ページ内のリンクを長押しすると、リンク先のページのプレビュー(縮小)画像が表示されます(Peek機能)。 また同時に図のようなメニューが表示されます。
フィッシングサイトをプレビュー表示させないためには、このメニューの中から 「リンクのプレビューを非表示」をタップしてプレビュー画像を非表示に設定します。 すると、代わりにURLのみが表示されるようになります。
Apple responds to iPhone anti-phishing confusion(the loop)

有害サイトのフィルタリングを行う

お子様や家族にiPod/iPad/iPhoneを与えるとき、インターネットの有害サイトを見られなくしたい場合があります。 こんな時は、標準のブラウザ:Safariを無効にし、代わりに 有害サイトのフィルタ機能を持ったブラウザアプリをインストールして、これを使うように指示します。 Safariを無効にするには、 設定(設定)-(一般)-[機能制限]で「Safari」を「オフ」にします。 あわせて、他のブラウザもインストールできないよう、[機能制限]でアプリの「インストール」も「オフ」にするのが良いでしょう。
なお、お子様や家族向けに、利用金額に制限を設けた、13歳以下の子供も使用できるAppleID(アローアンス購入オプション)を作る方法は Apple IDの作り方・使い方をご覧下さい。 有害サイトフィルター Apple IDの作り方・使い方 iPhoneを子供、家族向けに設定する:AppleID、有害サイトフィルタ、機能制限

ブラウザアプリケーション

有害サイトへのフィルタリングを行ったり、携帯電話向けサイトを閲覧したり、iPhone標準搭載のSafariを補う機能を持ったアプリがいくつも公開されています。 詳しくは下記のページをご覧ください。 インターネットブラウザのいろいろ