• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

過去に見たWebサイトを再度開く | Safariの使い方

ここでは、Safariで過去に見たWebサイトを再度開く方法を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。 インターネットブラウザ:Safariの使い方

Webサイトの閲覧履歴を開く

iPad iPhone Book Mark(ブックマーク) をタップします。
iPad iPhone 画面上部の
で「ブックマーク」「リーディングリスト」「閲覧履歴」を切り替える事ができます。
閲覧履歴を見るには、一番右の時計アイコンをタップします。
するとこのような画面になります。 一覧から任意のWebサイト名をタップすると、そのページを開きます。

最近閉じたページを再度開く

iPad iPhone (タブ) マークをタップします。
iPad iPhone するとこのような画面となります。
ここで画面下(iPod/iPhone)または画面右上(iPad)の (プラス) を長押しすると・・・
iPad iPhone 最近閉じたページの一覧が表示されます。このリストのアイテムをタップすると、再度そのページを開くことができます。
なお、iPadシリーズでは、 (タブ) マークをタップするのではなく、直接 (プラス) を長押しするのでもOKです。

過去のアクセス履歴を消去する

iPad iPhone これまでのアクセスの履歴をすぐに消去したいときは、 Settings(設定)-(Safari) -[履歴とWebサイトデータを消去]をタップします。 現在開いているすべてのページが閉じられ、履歴が消去されます。
参考: スピードテストサイトなどを使って、ネットワークの通信スピードを計測するときは、直前にここをタップして過去のアクセスデータを削除しておきます。 さもないと、正しい結果が得られません。

もっとSafariのことを知りたい