• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

閲覧履歴を残さない/プライベートブラウズの使い方 | Safariの使い方

ここでは、Safariで閲覧履歴を残さない/プライベートブラウズの使い方を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。 インターネットブラウザ:Safariの使い方

プライベートブラウズの使い方

家族や友人のiPod/iPad/iPhoneを借りてちょっとSafariを使いたいとき、その他Safariの使用結果を他人に知られたくない時は 「プライベートブラウズ」機能を使いましょう。Safariの操作履歴がどこにも残らなくなります。
あるいは自分のiPod/iPad/iPhoneでプライベートブラウズを常に「オン」にしておけば、偶然他人にあなたのiPod/iPad/iPhoneを見られても、閲覧履歴は残っていません。
iPad iPhone (タブ) マークをタップします。
iPad iPhone
「プライベート」をタップします。
iPad iPhone するとプライベートブラウズモードになります。 「+」をタップして新しいWebサイトを開きましょう。 閲覧を終えてタブを閉じると、その履歴は消去されます。
再度「プライベート」をタップすると、プライベートブラウズを終了します。
iPad iPhone プライベートブラウズ中は、URL欄の背景色と文字色、アイコンの色が変わります。

過去のアクセス履歴を消去する

iPad iPhone これまでのアクセスの履歴をすぐに消去したいときは、 Settings(設定)-(Safari) -[履歴とWebサイトデータを消去]をタップします。 現在開いているすべてのページが閉じられ、履歴が消去されます。
参考: スピードテストサイトなどを使って、ネットワークの通信スピードを計測するときは、直前にここをタップして過去のアクセスデータを削除しておきます。 さもないと、正しい結果が得られません。

もっとSafariのことを知りたい