• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Webページをオフライン用に保存する/リーディングリストの使い方 | Safariの使い方

ここでは、SafariでWebページをオフライン用に保存する機能「リーディングリスト」の使い方を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。

Webページをオフライン用に保存する

リーディングリストとは、Webページを後で読みたいときに、ちょっと記録しておく一時的な ブックマーク です。 ただのブックマークとは異なり、ページ全体のデータをiPod/iPad/iPhoneに保存しておくこともできます。 ネットワークにつながっていないところでもWebページを読むことができます。
iPad iPhone (共有) マークをタップします。
iPad iPhone このような画面(iOS標準のシェアシート)が表示されます。 「リーディングリストに追加」をタップします。
iPad iPhone このようなオプションが表示されます。 「自動的に保存」を指定すると、ページ全体のデータをiPod/iPad/iPhoneに保存しておくことができますが、ストレージ容量を消費するのでご注意ください。
これで開いているWebサイトがリーディングリストに登録できます。
iPhone あるいはiPhoneでは別の方法もあります。 Book Mark(ブックマーク) を長押しします。
iPhone するとこのようなメニューが表示されます。 ここで「リーディングリストに追加」を選ぶとリーディングリストに登録できます。
この機能はiPadシリーズでは削除されました(iPadOS15以降)。

リーディングリストの開き方(iPhoneの場合)

iPhone Book Mark(ブックマーク) をタップします。
iPhone 画面上部の で「ブックマーク」「リーディングリスト」「閲覧履歴」を切り替える事ができます。
リーディングリストを見るには、中央のメガネアイコンをタップします。
iPhone すると「リーディングリスト」が開きます。 タップするとそのWebサイトが開きます。

リーディングリストの開き方(iPadの場合)

iPad 画面左上の (メニュー) をタップします(iPadOS15以降)。
iPad 画面左から、このようなメニューがせり出してきます。 ここから「ブックマーク」「リーディングリスト」「閲覧履歴」を開く事ができます。
リーディングリストを見るには、「リーディングリスト」をタップします。
iPad すると「リーディングリスト」が開きます。 タップするとそのWebサイトが開きます。

リーディングリストの使い方

iPad iPhone 「リーディングリスト」の各エントリをタップすると、そのWebサイトが開きます。
未読のみ表示」をタップすると、リストに追加したあと、まだ開いていないページの一覧が表示されます。 「すべて表示」をタップすると、いままでに追加したすべてのページの一覧が表示されます。
編集」をタップすると、個別に削除したり、ページ全体のデータをiPod/iPad/iPhoneに保存(オフライン用に保存)することができます。
リーディングリストはiCloudを経由して、あなたの持っているすべてのiPod/iPad/iPhone/Macで同期することができます。 たとえば外出中にiPhoneで見つけた気になるページを、帰宅後iPadやMacでじっくり読みたいときなどに便利です。
iPad iPhone リーディングリストの各エントリを右から左へフリックすると「オフライン用に保存」と「削除」ボタンが現れます。
オフライン用に保存」をタップすると、そのページ全体のデータがiPod/iPad/iPhoneに保存されます。
削除」をタップすると、そのエントリのみを削除することができます。
iPad iPhone あるいはリーディングリストの画面右下にある「編集」をタップすると、このような画面になります。 各エントリをタップすると「チェック」をつけることができ、一番下のメニューで、チェックしたエントリをまとめて削除したり、オフライン用に保存することができます。