• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

広告を省略する:リーダー表示の使い方 | Safariの使い方

ここでは、Safariで広告を省略する:リーダー表示の使い方を解説します。
なお、Safariの使い方全般については インターネットブラウザ:Safariの使い方 のページで説明しています。併せてご参照ください。 インターネットブラウザ:Safariの使い方

広告を省略する:リーダー表示の使い方

iPad iPhone ニュースサイトなどを閲覧していると、URL欄に「リーダー表示を利用できます」と表示され、その左に iPod Safari(リーダー) ボタンが現れることがあります。(iOS5.0以降)
iPad iPhone この iPod Safari(リーダー) ボタンをタップするか、 マークを長押しするか、あるいは マークをタップし、「リーダーを表示」をタップすると、リーダー表示になります。
このページの中の記事と、それに関連する画像のみを切り出して整形表示してくれます。 広告などが多くて読みにくいときに便利です。
iPad iPhone これがリーダ表示です。 なお、この画面から をタップしてURLをEメールで送ると、その記事のテキストも添付されます。
ここで再度 マークを長押しするか、あるいは マークをタップし、「リーダーを非表示」をタップすると、元の画面に戻ります。
この設定は、訪問するWebサイトごとに個別に設定・保存することができます。 詳しくはWebサイトごとに設定を保存するをご覧ください。
注意: リーダー表示で、すべてのWebサイトが正しく記事のみ表示できるとは限りません。 デザイン性が高いサイトなどでは、肝心の本文が表示されなかったり、正しい表示にならないことがあります。

もっとSafariのことを知りたい