• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

「メッセージ」送信・編集・削除のしかた

ここではメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の送信・編集の基礎を解説します。
なお、メッセージの使い方全般についてはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページで説明しています。併せてご参照ください。 メッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方

メッセージの送信

iPhone メッセージアプリが起動するとこのような画面になります。 新しくメッセージを送るには、右上の Editをタップします。
iPhone するとこのようになります。 をタップすると「連絡先」画面が開くので、送信相手のメールアドレス/電話番号を選びます。 送信先として選ぶメールアドレス/電話番号によって、メッセージの送信方法が自動的に切り替わります。
iMessageとして発信される場合
iPhone 送信先がiPod/iPad/iPhoneで、相手が iMessage/SMS/MMS の宛先として登録しているメールアドレス(Apple IDやiCloudメールアドレス)を指定すると、iMessageとして発信されます。
送信先がiMessageと認識されるとタイトル部分が「新規iMessage」に変わります。 また、テキスト入力エリアに「iMessage」と表示されます。 さらに宛名と送信ボタン、メッセージのふきだしが青色になります。 iMessage/SMS/MMS/+メッセージの違い
SMS/MMSとして発信される場合
iPhone 送信先に相手の電話番号を選ぶとSMSとして発信されます。 送信先に相手の携帯メールアドレスを選ぶとMMSとして発信されます。 送信先がSMSと認識されても、全角70文字以上(ソフトバンク同士の場合は全角670文字以上)を入力する、または 写真、音声、動画などを添付するなど、MMSでなければ送信できないような指定を行うと、MMSとして発信されます。
送信先がSMS/MMSと認識されるとタイトル部分が「新規メッセージ」に変わります。 また、テキスト入力エリアに「SMS/MMS」と表示されます。 さらに宛名と送信ボタン、メッセージのふきだしが緑色になります。 iMessage/SMS/MMS/+メッセージの違い
iPhone テキスト入力エリアをタップし、メッセージを入力します。 そして(送信)ボタンをタップすると送信されます。
スペースキーの左の(マイク)キーをタップすると音声入力(Dictation)ができます。
メッセージが送信されるとこのようになります。
相手が返信を入力し始めると、このように「・・・」という画像が表示されます。
iPad iPhone もし指定不可能な条件を指定してしまうと、宛先が赤字になり、送信できません。

メッセージのコピー・編集・削除

iPad iPhone メッセージの送受信画面で、メッセージを長押しするとこのような画面となり、下のほうに「コピー」「その他」というメニューが表示されます。 「コピー」をタップすると、そのメッセージや写真などが、クリップボードにコピーされます。 他のアプリに「貼り付け」することができます。
「その他」をタップすると・・・
iPad iPhone このようになります。
各メッセージをタップすると、その左にチェックマークがつきます。
をタップすると、チェックマークをつけたメッセージが削除されます。 ただし相手のデバイスには残っています。削除されるのは自分のデバイスだけです。
をタップすると、そのメッセージを転送する事ができます。
このとき画面左上に表示される「すべて削除」をタップすることにより、一括で削除することも可能です。

メッセージの送信日時を確認する

iPad iPhone 会話画面を右から左にドラッグすると、画面右端に、各メッセージの送信日時が表示されます。

メッセージの送信エラー

iPad iPhone 送信に失敗すると、このように「未配信」と表示されます。
たとえばSMSで写真を送ろうとしたり、 MMSの使用を タッチパネル:OFF(オフ) にしているユーザーに対してMMSを送信しようとしたり、送信条件に合わない送信を行うとエラーになります。
単なる通信ミスと思われる場合は、「!」マークをタップして「やり直す」こともできます。

もっとメッセージ(iMessage/SMS/MMS)のことを知りたい