iPhoneをパソコン/iTunesに接続する方法

ここでは新しいiPod/iPad/iPhoneをパソコン(iTunes)へ接続する場合の手順を紹介します。 なお、この前に実施する、iPod/iPad/iPhone本体での初期設定については、下記の各ページをご覧ください。

パソコンへの接続

iTunes iTunesのインストール
iPod/iPad/iPhoneをパソコン/iTunesと接続すると、よりiPod/iPad/iPhoneを楽しむことができます。 iTunesはアップルのiTunesダウンロードページ からダウンロードしてインストールしてください。
なお、最新のiPod/iPad/iPhoneを接続するには、iTunesも最新版にアップデートしておく必要があります。
機種変更(買い増し)の場合
iTunes経由で、古いiPod touch/iPhone/iPadのメールや連絡先、音楽・写真やアプリなど、設定情報をそっくりそのまま新しいiPod/iPad/iPhoneに引き継ぐことができます。 新しいiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続する前に、古いiPod touch/iPhone/iPadの中身をiTunesにバックアップしておきましょう。 ただし、新しいiPod/iPad/iPhoneを購入してお店で設定してもらってから、家に帰って初めてパソコンに接続するまでに保存したデータ(メール、メモ、ブックマークなど)は、 古いiPod touch/iPhone/iPadのバックアップ情報で上書きされます。
iTunes iTunesとの接続
それでは新しいiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続してみましょう。 iPod/iPad/iPhone本体に付属しているUSBケーブルで、iPod/iPad/iPhoneのコネクタとパソコンを接続します。 パソコンへの最初の接続の場合には、画面下に、このようなデバイスのインストールアイコンが出ます。 何も操作せずにしばらく待ちます。
もし、iPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続しても何も起こらないときは、下記のページを参照して下さい。
iTunes デバイスのインストールアイコンが消えたら、接続成功です。
なお、iPod/iPad/iPhoneにパスコードが設定されていると、それを解除するよう警告が出ます。 iPod/iPad/iPhoneでパスコードまたは指紋認証/顔認証をして、ホーム画面を表示させてください。
また、初めてのパソコンとの接続時にはiPod/iPad/iPhoneには「このコンピュータを信頼しますか」、iTunesには「情報にアクセスするのを許可しますか?」といった警告文が表示されることがあります。 双方でOKを選択してください。
友人などからiPod/iPad/iPhoneを譲り受けた場合
友人などから中古のiPod/iPad/iPhoneを譲り受けた場合は、ここで「復元」操作を行って工場出荷時の初期状態にクリアして使用するのがよいと思います。
アクティベーションロックの解除
iTunes 中古で購入したiPod/iPad/iPhoneや、リカバリ・モードを使って復元(初期化)した場合は、このような画面が表示されることがあります。 この場合、そのデバイスにはアクティベーションロックがかかっています。 最初のアクティベーション時に使用したApple IDとそのパスワードを入力する必要があります。 アクティベーションロックについては、アクティベーションロックとその解除のページをご参照ください。
iPod/iPad/iPhoneの初期設定
iTunes つづいてiPod/iPad/iPhoneの初期設定画面になります。以下のいずれかから選択します。
新しいiPod/iPad/iPhoneとして設定
過去のデバイスの情報を移行することなく、新しいiPod/iPad/iPhoneとして設定します。 これまでiTunes無しでiPod/iPad/iPhone使っていた場合も、こちらを選びます。
このバックアップから復元
以前に古いiPod/iPad/iPhoneと同期した時の情報を移行することができます。詳しくは下記をご覧下さい。
新しいiPod/iPad/iPhoneとして設定
iTunes を選ぶと、このような画面になります。 「開始」をクリックします。
iTunes するとこのような画面になります。 iPod/iPad/iPhoneとiTunesとの同期設定画面です。順に設定していきましょう。
iTunes もし上のような画面になっていないときは、 iTunesの左上にあるデバイスのアイコンをクリックして下さい。
iTunes 複数のデバイスを接続しているときは、パソコンに接続されているiPod/iPad/iPhoneの一覧が表示されます。 このなかから、設定したいiPod/iPad/iPhoneの名前をクリックします。
iTunes まずは「概要」タブをクリックします。 画面の下のほうに「オプション」と書かれた部分があります。 ここで各種転送オプションが指定できます。
おすすめは「このiPod/iPad/iPhoneの接続時にiTunesを開く」「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」にチェックです。 また、スマートプレイリストを利用した強力なiTunesの音楽自動同期機能を使うため、 「音楽とビデオを手動で管理」のチェックを外しスマートプレイリストを使うのがおすすめです。
バックアップについては、iCloudには5GBまでしかバックアップが取れません。 iPod/iPad/iPhoneに多くの写真やビデオを格納する場合は「このコンピュータ」を選びましょう。 また「iPod/iPad/iPhoneのバックアップを暗号化」を選択するのがお勧めです。 その他はお好みで指定してください。
注意:「Wi-Fi経由でこのiPod/iPad/iPhoneと同期」にチェックすると、 ホームシェアリングAirPlayが機能しなくなる場合があります。 こんな時はWi-Fi同期を無効にしてみて下さい。
iTunes 「情報」タブでは、「連絡先(アドレス帳)」、「カレンダー」、「Eメール」、ブラウザSafariの「ブックマーク(お気に入り)」、「メモ」等について、パソコンとのデータの同期が設定できます。
なお、これらの情報の同期には、アップル社が提供する無料のクラウドサービスiCloudを使うこともできます。 iPod/iPad/iPhoneを複数お持ちのかたは、iCloudの利用がおすすめです。
iTunes iPod/iPad/iPhoneの名前を変える
あとからiPod/iPad/iPhoneの名前を変えたい場合は、 左上のiPod/iPad/iPhoneの名前をダブルクリックして、変更することが可能です。
以上でパソコンとiPod/iPad/iPhoneの同期設定は完了です。 パソコンからアプリ・音楽・ビデオを転送したり、バックアップを取ったり、初期化することも可能です。

アプリ・音楽・ビデオの転送

パソコンのiTunesにアプリ・音楽・ビデオを格納しているときは、その転送を設定しましょう。
iTunes 「App」タブをクリックするとこのようになり、あなたがiTunesでダウンロード購入したアプリの一覧が表示されます。 iPod/iPad/iPhoneに転送したいアプリの左にある「インストール」を順にクリックしていくだけでOKです。
画面下にある「新しいAppを自動的に同期」をチェックしておくと、iTunesや他のiPod/iPad/iPhoneでダウンロード購入したアプリが、このiPod/iPad/iPhoneにも自動的にインストールされるようになります。
iTunes つづいて音楽の転送を設定しましょう。 「ミュージック」タブをクリックするとこのようになります。
初期値は「ミュージックライブラリ全体」が選ばれています。 あなたがiTunesに登録している音楽のすべてがiPod/iPad/iPhoneに転送されます。
もしiPod/iPad/iPhoneの容量少なく、すべての音楽を格納できない場合は、転送方法を変更します。
参考: Google Play Musicというサービスを利用すると、 パソコンに保存している最大5万曲の音楽をGoogleのクラウドサーバにアップロードして、いつでもどこでもパソコン、iPod/iPad/iPhoneからストリーミング再生できます。 ネットワークにさえつながっていれば、iPod/iPad/iPhoneの容量を気にすることなく、iTunesライブラリのすべての曲が楽しめます。
iTunes まずは「音楽を同期」の左のボックスをクリックしてください。 つづいて「選択したプレイリスト、アーティスト・・・」を選び、 その下に表示されているプレイリスト/アーティスト/ジャンル/アルバムの中から、iPod/iPad/iPhoneに転送したいものにチェックします。 同様に「着信音」「ムービー」「テレビ番組」「Podcast」「写真」・・・などのタブで、それぞれの転送方法が設定が出来ます。
iTunes 画面の下部には、iPod/iPad/iPhoneに転送されるものの容量がグラフ表示されています。 ここを見て、あふれないよう、転送設定を調整して下さい。
グラフにマウスカーソルを重ねると、詳細な容量を見ることができます。
iTunes すべての転送設定を確認したら、画面下の「同期」または「適用」をクリックしましょう。 するとその設定に従った転送が始まります。
iTunes もし接続したiPod/iPad/iPhoneが、過去に他のパソコンで使われていた場合には、このようなダイアログが表示されます。 これは、音楽やビデオなどの不正コピーを防ぐため、1台のiPod/iPad/iPhoneは1台のパソコンとだけシンクロ出来るようになっているためです。 他のパソコンに接続して曲を転送済みのiPod/iPad/iPhoneの場合、その中身を全て削除しないと新たなパソコンでは使用できません。 「削除して同期」をクリックすると、新たなパソコンで使用できます。
iPhone パソコンからの取り外し
あとはiPod/iPad/iPhoneの画面の同期中マークが消えるのを待って、パソコンから取り外します。 取り外しの注意事項については、パソコンからの取り外しのページをご参照下さい。

その他の設定

iTunes Wi-Fi経由で同期
iOS5.0から、Wi-Fi経由でiTunesライブラリと同期することができるようになりました。 もう、音楽やビデオをiPhoneに転送するのに、USBケーブルは不要です。 一度パソコンとiPod/iPad/iPhoneを接続し、このように「Wi-Fi経由で同期」にチェックを入れて同期すれば、以降はパソコンとiPod/iPad/iPhoneをケーブルで接続する必要はなくなります。 ただし、Wi-Fi経由で「同期」が始まるには、下記の条件をすべて満たす必要があります。
  • 同期先のパソコンでiTunesが動作していること
  • iPod/iPad/iPhoneが家庭内無線LANにつながっていること
  • iPod/iPad/iPhoneがACアダプタなどの電源に接続されていること
なお、設定(設定)-[一般]-[iTunes Wi-Fi同期]で「今すぐ同期」をタップすると、いつでも同期を開始することができます。 もちろんこれを設定した後でも、今まで通りパソコンとiPod/iPad/iPhoneをケーブルで接続して同期することもできます。
ただ、これを設定すると ホームシェアリングAirPlayが機能しなくなる場合があります。 こんな時はWi-Fi同期を無効にしてみて下さい。
この他の詳細設定については、下記の各ページをご覧下さい。

iTunesをインストールしていないパソコンにiPod/iPad/iPhoneをつなぐとどうなるの?

iTunesのインストールされていないパソコンにiPod/iPad/iPhoneをつないだ場合、音楽、ビデオの転送はできませんが、充電はできます。 Lightning/Dockケーブルだけ持っていれば、学校や会社のパソコンでも充電は可能というわけです。
なお、他のユーザーのiTunesがインストールされているパソコンに接続すると、「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示されます(iOS7から)。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。