Walletアプリの使い方

Walletアプリは、航空券の電子チケットや、お店が発行する電子クーポンをまとめて管理できるアプリです。 空港や関連ショップに近づくと、自動的にチケットやクーポンが表示される機能もあります。 iOS9より、名称がPassbookからWalletに変わりました。
また、クレジットカード情報を登録すると、タッチするだけで支払ができる「Apple Pay」も使えます。

Apple Payの使い方

2016年10月25日から、日本でもクレジットカードより安全な電子マネー:Apple Pay(アップル・ペイ)がスタートしました。

電子チケットの使い方

iPhone Walletアプリで電子チケットを使うのは簡単。 Walletアプリに対応したチケットやクーポンを発行しているサイトで、「Walletに追加」などと書かれたボタンをタップするだけです。
たとえば、 (ANAアプリ) から国内線を予約するとこのような画面になります。
iPhone ここで「Walletに追加」-「Apple Walletに追加」とタップします。 チケットを往復分購入したときは、1枚1枚「Apple Walletに追加」をタップします。
iPhone すると電子チケットが画面に表示されます。 右上の「追加」をタップすれば完了です。
Walletアプリへの電子チケットの追加は何度でもできます。 同じチケットを何度も追加しても、実際にWalletアプリに格納されるのは1枚だけです。
iPhone つづいて(Wallet)アプリを起動してみましょう。 このように電子チケットが登録されています。 各チケットをタップすると・・・
iPhone バーコードが表示されます。 これを空港ゲートのカードリーダにかざせば飛行機に乗れるというわけです。 また、Walletアプリに航空券を登録しておけば、空港に着くと自動的にチケットが画面に表示されたり、遅延状況が報告されたり、出発時刻、搭乗ゲートなどが通知されて便利です。
お店のクーポンも、そのバーコードをレジで読み込んだり、ただクーポンをレジで見せるだけでOKです。
Apple Watchで電子チケットを使う
iPhone iPhoneのWalletアプリに登録した電子チケットは、Apple Watchに連携されます。 Apple Watchで(Wallet)を起動するとこのようになります。 チケットをタップし、Apple Watchを空港ゲートのカードリーダにかざせば飛行機に乗れます。

電子チケット・クーポンのコードをスキャン

iPhone 電子チケット・クーポンは、印刷されたコードをカメラなどで読み込んでWalletアプリに取り込むことも可能です。 (Wallet)アプリを開き、 画面を下に向かってフリックすると、右上に「+」マークが現れます。 これをタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 「コードをスキャンして追加」をタップすると、カメラが起動します。 印刷されたコードに向ければOKです。

電子チケット・クーポンの更新・削除

iPhone 電子チケット・クーポンを開いて、右下の をタップすると・・・
iPhone このように電子チケット・クーポンの詳細情報が表示されます。 ポイントカードなど、ポイント数が更新されないときは「自動アップデート」を タッチパネル:ON(オン) にしましょう。
使い終わった、不要になった電子チケット・クーポンの削除は手動で行います。 「パスを削除」をタップすると・・・
iPhone このように確認画面が表示されます。 「削除」をタップすればOKです。

電子チケット・クーポンをほかのiPod/iPad/iPhoneに送る

iPhone
この画面で「パスを共有」をタップすると・・・
iPhone
このような画面になります。 このチケットをEメールAirDropでほかのiPod/iPad/iPhoneに送ることができます。

iTunes Passを使う

アップルは、2014年7月より、最寄りのアップルストアで、自分の好きな金額をApple IDにチャージできる「iTunes Pass」を開始しました。 iTunesカードを買うことも必要ありません。 「iTunes Pass」を利用するには、あらかじめオンラインiTunes Stroreアプリで、PassBookアプリに電子チケット「iTunes Pass」を登録しておく必要があります。
iPhone まずは (iTunes Store)を開き、画面を下まで辿ります。 するとこのような画面になるので「コードを使う」をタップします。
iPhone するとiTunes Store(Apple ID)のパスワードを聞かれた後、このような画面になります。 ここで、iTunes Passの「利用を始める」をタップします。
なお、iTunesカードのバーコードはここからカメラで読み込んだりキーボードから入力したりできます。
iPhone するとこのような画面になります。「iTunes PassをWalletに追加」をタップします。
iPhone あなたのApple IDが書かれた電子チケット「iTunes Pass」が画面に表示されます。 右上の「追加」をタップします。
iPhone するとこのような画面になり、登録は完了です。 ここで「iTunes PassをWalletに表示」をタップすると・・・
iPhone (Wallet)アプリが起動して、「iTunes Pass」が画面に表示されます。 最寄りのアップルストアに行き、店員さんにこのバーコードを見せ、チャージしたい金額を支払うだけでOKです。

電子チケット・クーポンを入手する

電子チケットや電子クーポンを発行している主要なショップには、次のようなところがあります。

電子チケット・クーポンを発行する

電子チケットや電子クーポンを発行するサービスには、次のようなところがあります。 枚数などの制限がありますが、無料で発行することも可能です。 あなたがお店のオーナーの場合、集客に利用してみてはいかがでしょうか。

Bose SoundSport wireless headphones