iTunesカードの使い方

iTunesカード、iTunes Passとは

iTunesカードとは
PC 「iTunesカード(旧iTunes Music Card)」「App Store Card」とは、iTunes/App Store専用のプリペイドカードです。 「iTunesカード」「App Store Card」は名前が異なるだけでどちらも同じものです。 iTunes/App Storeで音楽やビデオ、電子書籍、アプリやゲームなどをダウンロード購入するときの支払いに使用できます。 使い方は簡単、iTunesの画面から、このプリペイドカードの裏に書かれている番号を入力するだけです。 1,500円、3,000円、5,000円、10,000円の4種類があります。カードに有効期間はなく、無期限に使用可能です。
(注:海外で購入したiTunesカードは日本語のiTunesストアでは使えません。 海外iTunes Storeを使うをご参照ください。)
iTunes Passとは
iPhone 最寄りのアップルストアで、自分の好きな金額をApple IDにチャージできるサービスです。 事前に(Wallet)アプリに電子チケット「iTunes Pass」を登録し、 アップルストアの店員さんにこのバーコードを見せ、チャージしたい金額を支払うだけでOKです。 詳しくはWalletアプリの使い方のページをご覧ください。
なお、iTunes Storeでの支払いには、クレジットカードを使用することも可能です。

iTunes/App Storeへのサインイン

まず最初に、あなたのApple IDを使って、iTunes/App Storeへサインインします。

iTunesカードをチャージする(iPhone)

iPod/iPad/iPhoneのiTunes Storeアプリで、新しいiTunesカードを登録する方法です。
iPhone iTunes&App Store(iTunes) アプリを起動し、右下の[ミュージック]をタップします。 つづいて画面を一番下までスクロールすると、このような画面になります。 「コードを使う」をタップします。
iPhone このような画面になります。「カメラで読み取る」をタップします。
iPhone 購入した「iTunesカード」の裏のスクラッチ部分をiPod/iPad/iPhoneのカメラで写します。 瞬時にコードが読み取られます。
iPhone このような画面になれば読み込み成功です。 すでにあなたのApple IDに金額がチャージされています。

iTunesカードをチャージする(パソコン)

パソコンのiTunesで、新しいiTunesカードを登録する方法です。
PC パソコンをインターネットに接続した上で、 下記のリンクをクリックするとiTunesが起動してiTunes Storeのトップページに切り替わります。 またはiTunesを起動して、画面右上のから「iTunes Store」をクリックします。
PC 画面右にある「iTunesカード/コードを使う」メニューをクリックします。
PC まだiTunes Storeにサインインしていないと、サインインを促されます。 あなたのAppleIDを入力します。
PC するとこのような画面になります。 購入した「iTunesカード」の裏のスクラッチ部分をはがして出てきた番号(英数字16桁)を入力します。 入力時に、英大文字と小文字は気にする必要はありません。 そして「iTunesカード/コードを使う」ボタンをクリックします。
PC 無事「iTunesカード」の金額がチャージされました。 画面にはチャージされている「iTunesカード」の金額(残額)が表示されます。

iTunesカード残額の確認

iPhone 自分のアカウントの残額を確認するのは簡単です。 「iTunes Store」にサインインするだけでOKです。
iPod/iPad/Phoneの場合は、 iTunes&App Store(iTunes) アプリを起動し、右下の[ミュージック]をタップします。 つづいて画面を一番下までスクロールすると、このような画面になります。 ここにApple IDとともにあなたの残額が表示されています。 (クレジットカードでの登録の場合は、残額は表示されません)
PC パソコンの場合は、iTunes Storeにサインインすると、画面右上にあなたの「iTunesカード」の残額が表示されます。 (クレジットカードでの登録の場合は、残額は表示されません)
あとは、アプリ、音楽、ビデオ、ゲームをダウンロードして楽しむだけです。 下記の各ページの説明をご覧ください。