ミュージックアプリの使い方

ここではiPod/iPad/iPhoneで音楽を楽しむ方法を紹介します。
なお、iPod nanoでの操作方法については、7th iPod nanoの場合のコーナーで紹介しています。
また、iPod/iPad/iPhoneに音楽を取り込む方法についてはiPod/iPad/iPhoneに音楽を取り込む方法のページで詳細に解説しています。 併せてご覧ください。

ミュージックアプリのインストール

  • Apple Music

    Apple ミュージック 無料

    iOS標準搭載の「Apple Music」アプリです。iPod/iPad/iPhoneから削除してしまったときは、App Storeからこれを再インストールします。

ミュージックアプリ操作の基本

iPhone アイコンをタップして、ミュージックアプリを起動しましょう。 「3D Touch」に対応したモデル(iPhone 6s / 6s Plus以降)なら、アイコンを強く押すと図のようにクイックアクションを呼び出せます。 検索、 インターネットラジオ「Beats1」を再生、 最近再生した音楽の再開、 の3つの機能に直接アクセスできます。
iPad iPhone 「ライブラリ」画面では、iTunesから転送した、あるいは自分のダウンロード購入した曲などが演奏できます。 「プレイリスト」「アーティスト」「アルバム」などの分類にしたがって曲を探すことができます。
画面下のアイコンをタップすると、機能を切り替えることができます。
  • [For You] Apple Music参加時に、あなたへのお勧めの曲が楽しめます。
  • [見つける] Apple Music参加時に、Apple Musicに新しく追加された曲、シチュエーション別のプレイリストなどが楽しめます。
  • [Radio] ネットラジオが楽しめます。無料で楽しめる番組は「Beats 1」のみです。その他の番組の視聴にはApple Musicへの参加が必要です。
  • [検索] 「ライブラリ」またはApple Musicの楽曲から音楽が探せます。
iPad iPhone 画面右上の「編集」をタップするとこのような画面になります。「ライブラリ」の表示項目を編集できます。 左端のチェックマークをタップするとその項目を非表示にできます。 を上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
iPad iPhone アーティストやアルバム表示のとき、リストの右端にインデックスが表示されます。 ここを上下にドラックすると、高速にスクロールすることができます。 また画面の最上部、時計表示の部分をタップすると、リストの先頭にジャンプできます。
iPad iPhone 曲を選ぶと画面最下部に曲名が表示され、演奏が始まります。 ここから直接「再生/停止」「早送り」を行うことができます。 ここに表示されている曲名をタップすると、全画面表示になります。

再生中画面の操作

iPad iPhone アートワーク(ジャケット画像)のすぐ下には、現在の再生位置を示す「トラックバー」が表示されています。 これをスライド中に上下にドラッグすると、スキップの速度を「高速」「半分の速度」に切り替えることができます。
曲へのアートワーク(ジャケット画像)の設定方法についてはジャケット画像/アートワークの設定のページをご覧ください。
iPad iPhone をタップするとこのようなメニューが表示されます。
この画面はApple Music参加しているか否かで変化します。 Apple Music参加中は「ステーションを開始」メニューが表示され、 この曲の含まれているラジオステーションの再生ができます。 この曲に関連する曲を連続して楽しむことができます。
iPad iPhone をタップするとこのような画面になります。 ヘッドフォンやAppleTV、AirPlay対応のコンポなど、音楽の出力先を切り替えることができます。
iPad iPhone 再生中画面をスクロールすると「次はこちら」が表示されます。
Shuffle icon をタップするとシャッフル(ランダム)再生ができます。
Repeat icon をタップするとリピート(繰り返し)再生、さらにもう一度タップすると1曲リピート再生ができます。
曲の一覧で を上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。 曲名を右から左にフリックすると「削除」ボタンが表示されます。「次はこちら」の演奏リストから、その曲を外すことができます。
iPad iPhone 再生中画面で曲名/アーティスト名をタップすると、その曲が含まれるアルバムの表示になります。 ここでをタップすると、アルバムに対して「ライブラリから削除」「プレイリストに追加」「次に再生」「後で再生」などの指定ができます。
iPad iPhone 音楽再生中にホームボタンを押して、ほかのアプリケーションを起動することができます。 音楽を聴きながら、Safariでインターネットを楽しんだりEメールを送受信したりできます。
画面を下から上へスワイプすると表示される「コントロールセンター」を使って、再生中の音楽を操作することができます(iOS7以降)。

レート(星)の変更

iTunesやiPod/iPad/iPhoneで、曲に星(★)なし~五つ星(★★★★★)を割り当てて“格付け”することができます。 一番お気に入りの曲は五つ星、いつも聴きたい曲は三つ星、なんていう風に曲を分類します。 この“格付け”のことを「レート」と呼びます。 そして、スマートプレイリストを使うと、この星の数を条件にして曲を選択できます。 曲へのレートの設定については曲のレート(★:五つ星)をセットする方法のページをご覧ください。

歌詞の表示

曲に歌詞を設定しているときは、演奏中にそれを表示することができます。 曲への歌詞の設定については歌詞を表示・設定する方法のページをご覧ください。
なおiOS5.0~iOS6.3のiPadでは歌詞は表示されません。

ミュージックビデオの再生

iPad iPhone 音楽の代わりにミュージックビデオを選ぶと動画再生が始まります。 本体を横長方向に回転すると、画面全体にビデオが表示されます。
ビデオの再生についてはビデオアプリの使い方をご覧ください。
なお「ムービー」「ホームビデオ」「テレビ番組」に分類した動画は Music からは再生できません。 Videos を使って再生します。 動画を「ミュージックビデオ」へ分類する方法についてはビデオをiTunesに登録する:動画の整理のしかたのページをご覧ください。

ミュージックの設定:Apple Musicの表示を隠す

iPad iPhone Settings(設定)- Music(ミュージック) で、音楽再生に関する設定を行うことができます。
「イコライザ」で音質を調整することができます。
「音量制限」で最大ボリュームに制限をかけることができます(難聴対策)。
「音量を自動調整」をオンにすると、CDによって異なる音量/ボリュームをそろえることができます。
「ホームシェアリング」を設定すると、家庭内ネットワークに接続されたiPod/iPad/iPhoneと複数のパソコンの間で、iTunesのライブラリを共有することが出来ます。
なお[シェイクでシャッフル]機能は、iOS8.4から無くなりました。
iPhone iPhone 「Apple Musicを表示」を タッチパネル:OFF(オフ) にすると、Apple Musicの表示を隠すことができます。 (ミュージック)からApple Musicに関係するアイコン表示が消え、シンプルになります。 自分でCDから取り込んだ音楽などをメインに聞く人は、こちらのほうが便利です。

オーディオブックの再生

iPad iPhone iOS8.4より、オーディオブックは iBooks(iBooks)で再生するようになりました。 オーディオブック再生時は、画面のコントローラーが少し変化しています。
画面右下の「1倍速」と書かれたところをタップすると、再生速度を0.75倍~2倍まで、5段階に切り替えることができます。
なお、任意の曲をオーディオブックとして扱う方法については音楽の演奏スピードを変更するのページをご覧ください。
iPad iPhone 画面中央下のをタップするとスリープタイマーが設定できます。 図のような画面となるので、設定したい時間を選びます。
iPad iPhone iPod Repeat(リピート)をタップすると、15秒早送り/巻き戻しすることができます。 またアートワーク(ジャケット画像)を左にドラッグすると早送り、右にドラッグすると巻き戻しができます。

7th iPod nanoの場合

2012年9月に発売された第七世代iPod nanoは、iPhone/iPod touchとほとんど変わらない使い勝手となりました。
iPhone 本体上部のスリープボタンまたは画面下のホームボタンを押すと、このように起動します。 もちろん他のタッチパネル同様、これらのアイコンの並べ替えも可能です。
ここで7th iPod nano Music(ミュージック)アイコンをタップすると音楽プレイヤーが起動します。
iPhone メニューから
プレイリスト icon アーティスト icon 曲 icon アルバム icon
などを選ぶと、それぞれ異なった条件で音楽を検索することができます。
iPhone プレイリスト
任意のプレイリストをタップすると、このようにプレイリストに含まれる曲の一覧が表示されます。 一行目にある「シャッフル」をタップすると、このプレイリストに含まれる曲をランダムに演奏します。 それ以外の任意の曲をタップすると、その曲から順に、プレイリストに含まれる曲を演奏します。
iPhone 再生中画面(1)
曲の演奏が始まると、このようになります。 画面中央にアートワークが大きく表示されます。
曲へのアートワークの設定についてはジャケット画像/アートワークの設定のページをご覧ください。
iPhone 再生中画面(2)
曲の再生中に画面をタップすると、コントローラーが表示されます。 一時停止、前の曲、次の曲の切り替えができます。
曲に歌詞が設定されていると、この画面に表示されます。
コントローラーは時間がたつと消えてしまいます。画面をタップするとコントローラーを呼び出すことができます。
ここで画面右の Music Tracklist マークをタップすると・・・
iPhone アルバム一覧
このように再生中の曲が含まれるアルバムの一覧が表示されます。 この画面から異なる曲を選んで演奏開始することもできます。
この画面上部の iPod Ratings bar (Ratings bar)をドラッグすると、そのときに再生中の曲のレート(星)を増やしたり減らしたり出来ます。 曲のレート(星)についてはプロパティの設定方法のページをご覧ください。
この画面で右方向にフリックすると「再生中画面(1)」の画面に戻ります。
iPhone ビデオの再生
つづいてビデオの再生です。 事前にiPod nanoにビデオを転送しておいて下さい。 つづいて7th iPod nano Video(ビデオ)アイコンをタップするとビデオプレイヤーが起動します。
iPad 任意のビデオをタップすると、再生が始まります。
画面上部のトラックバーで演奏位置の変更ができます。
左上の[完了]をタップすると、再生を終了して一覧画面に戻ります。
画面に表示されたiPod Controller(コントローラー)で、一時停止、前のチャプター、次のチャプター、ボリュームが調整できます。
コントローラーは時間がたつと消えてしまいます。画面をタップするとコントローラーを呼び出すことができます。
iPad 再生中画面(ビデオ)
チャプターマークに対応したビデオを再生しているときをタップするとこの様な画面になります。 このビデオに複数のチャプターが含まれている場合、チャプターの切り替えができます。