iPhoneを子供、家族向けに設定する
AppleID、有害サイトフィルタ、機能制限

お子様や家族にiPod/iPad/iPhoneを買い与えた場合、有害サイトのフィルタリングを行ったり、機能制限を掛けたい場合があります。 また、iPod/iPad/iPhoneを所有するお子様や家族の現在位置を確認したり、やりとりしているEメールの内容を閲覧したい場合もあります。 お年寄り向けには文字サイズを大きくしたり、画面を拡大表示したいときもあります。
iPod/iPad/iPhoneは、搭載されている各機能の有効・無効を細かく設定することができます。 また、お子様や家族向けのAppleIDを使って、パソコンからiCloudにログインすれば、iPhoneの現在位置やEメールを閲覧することも可能です。
ただしこれらは所有者本人のプライバシーにも関わることなので、事前に本人とよく話し合った上で設定・利用しましょう。

子供、家族向けにAppleIDを準備する

AppleIDの登録には年齢制限があります。AppleIDが登録できるのは13歳以上となっています。これより小さな子供のAppleIDを直接作ることはできません。

iCloudファミリー共有の利用


iOS8から搭載された「iCloudファミリー共有」機能を使うと、 最大6人までのユーザを「ファミリー共有」メンバとして、あなたのiCloudアカウントに参加させることができます。 ファミリー共有の画面から13歳未満のお子様向けのApple IDを作ることも可能です。 詳しくは音楽・アプリを家族で共有:iCloudファミリー共有の使い方のページをご覧ください。

アローアンス購入オプションの利用


iTunesの支払方法として「アローアンス購入オプション」というものがあります。
これを使用すると、新たにお子様向け、家族向けのAppleIDを取得して、 1,000円から 5,000円の間で指定した金額を iTunes Storeのクレジットとして毎月定期的にプレゼントすることができます。
アローアンス購入オプションの設定方法については Apple IDの作り方・使い方のページをご覧下さい。

有害サイトのフィルタリングを行う

お子様や家族にiPod/iPad/iPhoneを与えるとき、インターネットの有害サイトを見られなくしたい場合があります。 こんな時は、標準のブラウザ:Safariを無効にし、代わりに 有害サイトのフィルタ機能を持ったブラウザアプリをインストールして、これを使うように指示します。 Safariを無効にするには、 設定(設定)-(一般)-[機能制限]で「Safari」を「オフ」にします。 あわせて、他のブラウザもインストールできないよう、[機能制限]でアプリの「インストール」も「オフ」にするのが良いでしょう。

iPod/iPad/iPhoneを機能制限する

iPhone iPod/iPad/iPhoneは、搭載されている各機能の有効・無効を細かく設定することができます。 これは 設定(設定)-(一般)-[機能制限]から行います。
最初は「機能制限」は無効(すべての機能が有効)になっています。 機能制限を行うには「機能制限を設定」をタップします。
iPhone すると左のような画面になります。 「機能制限」の設定を変更するときに必要となるパスコード(数字4桁)を考えて入力します。 これは、使用者となるお子様や家族には知らせないようにして下さい。
なお、このパスコードを忘れてしまった時の唯一の解決方法は、iPod/iPad/iPhoneを初期化(復元)することです。
iPhone つづいてパスコードの確認画面になります。 先ほど入力したものと同じ数字4桁を入力します。
iPhone するとこのような画面になります。 お子様や家族に使わせたくない機能は タッチパネル:OFF(オフ) にします。
なお、お子様が大きくなって、機能制限をやめるときは「機能制限を解除」をタップします。 「機能制限を解除」するときも、パスコード(数字4桁)が必要です。
有害サイトのフィルタリングを行うときは、Safariを「オフ」にします。 また、他のブラウザアプリもインストールできないように、インストールも「オフ」にします。
位置情報を常に監視したいときは「位置情報」で、 「位置情報サービス」を「オン」にしたうえで、「変更を許可しない」にします。 また「iPhoneを探す」を「オン」にしておきましょう。
音楽や動画、アプリの年齢制限を有効にしたいときは、「コンテンツの許可」欄で、 「音楽とPodcast」「ムービー」「テレビ番組」「App」それぞれに設定することができます。 また「App内での購入」を「オフ」にすれば、ゲームアプリ内でのアイテム購入などを抑止することができます。

所有者の現在位置を確認する

「iPhoneを探す」機能をつかうと、パソコンから、iPod/iPad/iPhone所有者の現在位置を確認することができます。 それには次のようにします。
  • iPod/iPad/iPhoneで、所有者(お子様や家族)のAppleIDでiCloudを有効にする
  • iCloudの設定で「iPhoneを探す」を有効にする
  • パソコンから所有者(お子様や家族)のAppleIDでiCloudへログインし、「iPhoneを探す」画面を開く
「iPhoneを探す」機能では、ただ位置を確認するだけでなく、パソコンからそのiPod/iPad/iPhoneに警告メッセージを表示させることも可能です。 緊急の用事があるときに便利ですね。 iCloudの使い方、iPod/iPad/iPhoneを探すの使い方については、下記の各ページをご参照下さい。

Eメールの内容を閲覧する

iCloudには、“icloud.com”メールを使って、パソコンからEメールの内容を閲覧したり送受信する機能があります。 お子様や家族に“icloud.com”メールを使用させていればそのすべての内容をパソコンから閲覧可能です。 その他のアカウントのEメールを使用している場合も、“icloud.com”メールへの転送を設定しておけば、受信メールのみですが、パソコンから閲覧可能です。

iMessageの内容を閲覧する

アップル製品どうしで無料でメッセージがやりとりできるiMessage。 お子様や家族のiMessageの内容を閲覧するには、管理者(親、あなた)のAppleIDでお子様や家族のiMessageを有効にし、そのAppleIDにお子様や家族のメールアドレスを「追加」することで実現できます。
  • 管理者(親、あなた)のiPod/iPad/iPhoneで、iMessageに使用しているAppleIDに、お子様や家族のメールアドレスを「追加」する。
    Settings(設定)-[メッセージ]-[受信用宛先]-[別のメールを追加]から行います。
  • お子様や家族のiPod/iPad/iPhoneで、管理者(親、あなた)のAppleIDでiMessageを有効にする
  • お子様や家族のiPod/iPad/iPhoneで、iMessageに割り当てられているメールアドレスを、お子様や家族のものだけにする。
    Settings(設定)-[メッセージ]-[受信用宛先]-[メール]-[このメールを削除]で管理者(親、あなた)のメールアドレスだけを削除します。
  • 管理者(親、あなた)のiPod/iPad/iPhoneで、iMessageに使用する発信者IDを管理者(親、あなた)のものにする。
    Settings(設定)-[メッセージ]-[受信用宛先]-[発信者ID]で管理者(親、あなた)のメールアドレスにチェックを入れます。
  • お子様や家族のiPod/iPad/iPhoneで、iMessageに使用する発信者IDがお子様や家族のメールアドレスだけであることを確認する。
    Settings(設定)-[メッセージ]-[受信用宛先]-[発信者ID]確認します。
以上で、管理者(親、あなた)の元には、お子様や家族のiMessageも届くようになります。 ただし、すでにお子様や家族のAppleIDにお子様や家族のメールアドレスが登録済みの場合は、この方法は使えません。 こんな時はお子様や家族のメールアドレスとして、もう一つ別のメールアドレスを準備しましょう。 また、逆にお子様や家族が[受信用宛先]にあなたのメールアドレスを[別のメールを追加]してしまうと、今度はお子様や家族があなたのiMessageを閲覧することが可能になります。 ご注意下さい。
なお、アップルが提供するGame Center、FaceTime、iCloud、iTunes Storeは個別に異なるAppleIDを使用可能です。 iMessageで管理者(親、あなた)のAppleIDを登録しても、その他のサービスでは引き続きお子様や家族のAppleIDを利用することが可能です。

文字を大きくする・画面を拡大表示する

iPod/iPad/iPhoneで表示文字を大きくしたり、画面を拡大表示できます。

文字を大きくする


Settings(設定)-[画面表示と明るさ]の中にある「文字サイズを変更」 スライダーを左右にドラッグすると、文字の大きさが変更できます。 さらに大きな文字で表示したいときは、 設定(設定)-(一般)-[アクセシビリティ]の中にある「さらに大きな文字」を タッチパネル:ON(オン) にします。すると「文字サイズを変更」スライダーで、より大きな文字が選択できるようになります。

文字を太くする


設定は2か所にあります。どちらから設定しても構いません。 ひとつめは Settings(設定)-[画面表示と明るさ]の中にある「文字を太くする」です。 ふたつめは 設定(設定)-(一般)-[アクセシビリティ]の中にある「文字を太くする」です。

画面を拡大表示する


設定(設定)-(一般)-[アクセシビリティ]の中にある「ズーム機能」を タッチパネル:ON(オン) にすると、画面の拡大表示ができるようになります。 画面を3本指でダブルタップすると拡大、3本指でドラッグすると移動、3本指でダブルタップしてドラッグすると拡大率の変更ができます。