iCloudの使い方

iPhone
iCloud(アイクラウド)とは、iPod/iPad/iPhoneユーザーのためにアップル社が提供する無料のクラウドサービスです。 これはアップル社が準備する巨大なデータセンターにiPod/iPad/iPhoneユーザーのデータを格納し、ネットワーク経由であなたの持つすべてのiPod/iPad/iPhoneの間で共有するものです。
iCloudを使用するのに特別な知識は不要です。 ユーザーはただiPod/iPad/iPhoneで各自のAppleIDとパスワードを入力するだけで、必要な情報が、必要なときに手元のiPod/iPad/iPhoneに配信されてきます。
iCloudは、2011年6月7日にサンフランシスコMoscone Centerで開催されたWWDC(Apple Worldwide Developers Conference)2011において発表されました。 そしてiOS5のリリースと同時、2011年10月12日からサービスが開始されました。

iCloudの使えるデバイス

iCloudを利用できるのは、iOS5.0以降にバージョンアップした
  • iPod touch (2009年発売の第三世代以降)
  • iPhone (2009年発売の3GS以降)
  • iPad (全モデル)
  • iPad miniシリーズ全モデル
のみです。ご注意下さい。

iCloudでできること

iCloudでできることは実にたくさんあります。 「連絡先」「カレンダー」「メール」「リマインダー」「Safariのブックマーク」「メモ」を、あなたが持っているすべてのiPod/iPad/iPhoneそしてパソコンと共有/同期。 iTunes Store/App Storeでダウンロード購入した「音楽、アプリ」をあなたが持っているすべてのiPod/iPad/iPhoneへ自動配信。 iBooksの電子書籍とそのしおりの共有。iPod/iPad/iPhoneの自動バックアップ。アプリで作成したデータの共有などなど。 一部の機能は個々のアプリや、前身となるサービスのMobileMeにて、iCloud以前から実現されていました。

iCloudのセットアップとサインアウト

iCloudのセットアップは非常に簡単、iOS5以降にバージョンアップしたiPod/iPad/iPhoneで、 iCloudの設定画面でAppleIDを使ってログオンするだけです。

iCloudE-mail

“icloud.com”iCloud Eメール

iPod/iPad/iPhoneを購入してiCloudにサインインすると“icloud.com”という無料のEメールアドレスが使えるようになります。

Handoff(ハンドオフ):アプリの同期

iPhone あなたがお持ちのiPod/iPad/iPhone/Macのどれかでアプリを立ち上げると、同じiCloudアカウントでサインインしている他のデバイスの画面左下に、そのアプリのアイコンが現れます。 そしてこれを上方にフリックまたはクリック(Mac)すると、そのアプリが立ち上がり、作業を別デバイスに引き継ぐことができます。 たとえばiPhoneで作成していたメールの続きをMacで書いたり、iPadで見ていたホームページの続きをiPhoneで見る、といったことが簡単にできます。
これがiOS8から搭載されたHandoff(ハンドオフ)機能です。
この設定は 設定-[一般]-[Handoff]でオン/オフを選択できます。
なお、Handoff機能を使えば、iPhoneにかかってきた電話をMacやiPadのFaceTimeアプリで受話することも可能です。 詳しくはFaceTimeの使い方:テレビ電話/無料通話のページをご覧ください。 また、iPhoneに届いたSMS、MMSを、MacやiPadのメッセージアプリに配信し、返信することが出来ます。 詳しくはメッセージ(iMessage/SMS/MMS)の使い方のページをご覧ください。

iCloud

連絡先、カレンダー、リマインダー、ブックマーク、メモ

iPhone
連絡先(住所録/アドレス帳)」 「カレンダー」 「リマインダー」 「メモ」 「Wallet」 に登録した予定や情報、Safariのブックマークを、あなたが保有しているすべてのiPod/iPad/iPhoneで共有することができます。 どれか1台のiPod/iPad/iPhoneでこれらの情報を編集すれば、すぐさま他のデバイスでも同じ情報を見ることができます。
これらの同期を利用するには、 設定(設定)-[iCloud]の画面で、「連絡先」など各アプリをそれぞれ タッチパネル:ON(オン)にするだけでOKです。
これらの情報はパソコンからも参照・更新が可能です。 パソコンからiCloudを利用する方法を使うと、パソコンでも「連絡先」「カレンダー」「リマインダー」「メモ」の情報を参照・更新することができます。 また、「連絡先」と「カレンダー」は、WindowsパソコンのOutlookでも共有することが可能になります。(Macはアドレスブックと同期します)
さらに特定のカレンダーを、家族や仕事仲間などと共有することもできます。 これには、パソコンからの設定が必要です。「パソコンからiCloudを利用する」のページをご覧下さい。 また、これらiCloudのすべてのデータを、複数ユーザー間で共有することも可能になります。 この方法については「複数のiCloudアカウントを使う/iCloudのデータを他の人と共有する」のページをご覧下さい。

音楽、アプリなどをデバイス間で共有 : iTunes in the Cloud

あなたが今までにiTunes & App Storeからダウンロード購入した、すべてのミュージック、アプリ、iBooks用電子書籍は、その情報がiCloud(iTunes Store)に保存されています。 あなたが持っている他のiPod/iPad/iPhoneでも、パソコンに接続することなく、これらの購入済みミュージック、アプリ、電子書籍をダウンロードして共有することができます。 これをiTunes in the Cloudと呼んでいます。

すべての音楽の共有:iTunes Match

iPhone
iTunes Storeからダウンロード購入した音楽は、上で説明した「iTunes in the Cloud」で共有できます。
さらに、お店で購入した音楽CDなど、iTunes Store以外から入手した音楽もまとめて共有する機能がiTunes Matchです。 その音楽がiTunes Storeにあるものなら、あなたがダウンロード購入していなくても、iTunes Storeの音楽データを使ってダウンロード再生を可能にしてくれるサービスです。
iTunes Matchの使い方については下記をご覧ください。

iPhoneのバックアップを取る

iCloudを利用すると、毎日、自動的に、Wi-Fi経由でデータをiCloudサーバーにバックアップすることが可能です。 これは差分バックアップなので、短時間でバックアップをとることが可能です。

iCloud Drive / ドキュメントの共有(書類とデータ)

iOS8から搭載されたiCloud Driveとは、あらゆるファイルが格納できるクラウドストレージです。 アップル純正のオフィス系アプリ:iWorks、そしてこの他の「iCloud Drive」に対応したアプリで作成したドキュメントを、iCloud経由で自動的に共有することができます。 デバイス間でデータを共有したり、またアプリ間でファイルを共有することができます。

iCloudファミリー共有

最大6人までのユーザを「ファミリー共有」メンバとして、あなたのiCloudアカウントに参加させることができます(iOS8以降)。 メンバ間では、iTunes/App Storeからダウンロード購入した音楽、映画、本、アプリケーションを共有できるようになります。 また支払方法も1人のクレジットカードなどに統一できます。 さらに家族がダウンロード購入したいときに、それを承認/拒否することも可能です。
また、家族専用のフォトストリーム、カレンダーが生成されます。 家族で写真や予定を共有することが簡単にできます。 ファミリー共有の画面から13歳未満のお子様向けのApple IDを作ることも可能です。

Photo Stream(フォトストリーム)

iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真や、パソコンから転送した写真を、Wi-Fi経由で自動的に共有することができます。 たとえばiPhoneで撮影した写真をすぐさまiPadやパソコンで開いたり、AppleTVを使ってテレビの大画面でみんなで楽しむこともできます。 旅行先で撮影した写真を、次々と家族や友人のiPod/iPad/iPhoneに届けることもできます。

パスワードを一括管理:iCloudキーチェーン

iCloudキーチェーンは、各種Webサイトのサービスで使用するあなたのユーザーIDとパスワード、クレジットカード番号の情報を暗号化して、iCloudに記憶する機能です。 そして、あなたの許可したiPod/iPad/iPhone/Macパソコンで、該当するWebサイトを訪れた時、自動的にユーザーIDなどを入力してくれます。

無料ストレージとストレージの購入

iPhone
iCloudでは、すべてのユーザーに、無料で5GBの容量を持つクラウド上の保存領域が与えられます。 ここには、Eメール、書類、カメラロール、アカウント情報、各種設定、そのほかのアプリケーションのデータなどが自動的に格納されます。
なお、iTunes Store / App Storeで購入した音楽やアプリケーション、電子書籍は、これとは別に扱われるので、5GBの容量でも多くのデータの保存に利用できます。
もちろん容量が不足した場合は、追加料金で、容量を拡大することも可能です。 価格は無料の5GB(ギガバイト)に加え、50GBは月額130円、200GBは月額400円、1TBは月額1,300円、2TBは月額2,500円です。 容量の拡大は、設定(設定)-[iCloud]-[容量 X.XGB空き]-[さらに容量を購入]で行います。

デバイス間の位置情報の共有

あなたが持っている複数のiPod/iPad/iPhoneの間で、どれか一つの位置情報を、他のデバイスで共有することができます(iOS8以降)。 たとえばGPSを搭載したiPhoneで計測した正確な位置情報を、iPod touchで撮影した写真に埋め込むことが可能です。
iPhone 位置情報の共有は、設定-[プライバシー]-[位置情報サービス]-[自分の位置情報を共有]メニューで設定できます。 [自分の位置情報を共有]画面から、さらに「共有元:」をタップするとこのような画面になります。 あなたが同じiCloud IDでサインインしているデバイスが表示されます。 どのデバイスの位置情報を利用するかを選択します。

Find My iPhone:「iPhoneを探す」機能

“Find My iPhone:iPhone(iPad、iPod touch)を探す”機能とは、パソコンなどから、なくしたiPod/iPad/iPhoneがあるおよその場所をマップ上に表示させたり、その画面にメッセージを表示させて見つけた人に連絡したり、パスコードロックをリモートで設定したり、リモートワイプを実行してデータを消去できるサービスです。

友達を探す:Find My Friends

“友達を探す:Find My Friends”機能とは、アップル社の位置情報サービスを利用して、iPod/iPad/iPhoneを所有する家族や友達の現在の位置を知ることができるアプリです。 テーマパークや遊園地、コンサート会場などで、はぐれた友達を捜したり、学校や塾に通う子供の現在位置を確認したりすることができます。

パソコンからiCloudを利用する

iCloudはパソコンからも利用することができます。 WebブラウザからiCloudのページにログインすると、“icloud.com”iCloud Eメール、メモ、連絡先(アドレス帳)、カレンダー、リマインダー、Find My iPhone:「iPhoneを探す」機能、そしてiWorks:Pages(ワープロ)、Numbers(表計算)、Keynote(プレゼン作成)のファイル共有ができます。
さらにパソコンに「iCloud コントロールパネル」をインストールすると、webブラウザのブックマーク(お気に入り)の共有、Photo Stream(フォトストリーム)への写真のアップロード/ダウンロード、メール・アドレス帳・カレンダーのMicrosoft Outlookとの同期ができます。

複数のiCloudアカウントを使う/iCloudのデータを他の人と共有する

iCloudの各サービスを、複数のApple IDを使って使い分けたり、Apple IDを供用して他の人と共有することができます。

iCloud関連ニュース&リンク集

iCloudオフィシャルサイト
iCloudのトップページ(https://www.icloud.com/)(アップル)
iCloudのオフィシャルサイト(アップル)
iCloudのオフィシャルサイト(米アップル)
2012年02月 iTunes in the Cloudサービス開始時の記事
アップル、日本でiTunes in the Cloud開始-iTunes購入曲をiCloud経由でiOS/Macなどに同期(AVWatch)
米Apple担当者に聞く「日本での音楽ビジネス強化」~DRM撤廃/3G対応で一般化を。iTunes Matchは今年後半~(AVWatch)
詳細レポート! ついに日本上陸、「iTunes in the Cloud」(ASCII.jp)
iTunes in the Cloudだけじゃない 担当者が教える5つの新機能(ASCII.jp)
アップルのクラウド型音楽サービスはどう使う? iTunes担当者に聞く7つの新機能(日経トレンディ)
2011年10月 iCloudの正式発表/サービス開始時の記事
Apple、Windows用「iCloud」コントロールパネルを公開(INTERNETWatch)
アップルの新クラウドサービス「iCloud」とは?(ASCII.jp)
ついにiCloudがやってきた!!の巻(日経PCオンライン)
アップル、共有サービス「iCloud」を10月12日開始-1つのApple IDで10製品のコンテンツ/データ連携(AVWatch)
iCloud機能チェック-iOSとの親和性の高いクラウドサービス(ケータイWatch)
「フォトストリーム」と「リマインダー」がお気に入り(ケータイWatch)
iWorkに見る「Documents in the Cloud」のインパクト(ASCII.jp)
日本未上陸、Appleのクラウド音楽サービス「iTunes Match」を試す(INTERNETWatch)
2011年06月07日 WWDC2011での、iCloud発表時の記事
iOS 5+iCloudで大きな変貌を遂げるiPad、iPhone、iPod touch(ITMedia+D)
Mac OS X Lion、iOS 5、iCloudを発表~ Lionは7月出荷、Mac App Storeのみで販売。iOS 5、iCloudは今秋(PCWatch)
Apple、200以上の新機能を追加した「iOS 5」を今秋提供-PC接続不要&無線同期。iCloud対応。TwitterをOSに統合(AVWatch)
Apple、音楽/AppsをiOS機器間で共有する「iCloud」-今秋開始。写真やメールも10台までの機器で共有(AVWatch)
Appleの「iCloud」と「iTunes Match」でできること(ITMedia)
Apple、iOS 5とiCloud、音楽クラウド「iTunes Match」を発表(ITMedia)
アップル、MobileMeに代わる新クラウドサービス「iCloud」を今秋提供開始(マイコミジャーナル)
iOS 5は今秋公開 - Mac/PC不要でアップデート、Twitter機能を統合(マイコミジャーナル)
WWDC 2011 - 独り立ちの転機を迎えた「iOS 5」、10の新機能(マイコミジャーナル)
米Apple、「iOS 5」と「iCloud」を発表(ケータイWatch)
「iCloud」では音楽のほかアプリや写真も同期、iOS 5とともに今秋から無料提供(INTERNETWatch)
「iOS 5」は今秋リリース、Twitter統合、管理の“PCフリー”化など(INTERNETWatch)
アップルの次期モバイルOS「iOS 5」--200以上の新機能を追加(CNETJapan)
多機能なのに使い方は簡単、アップルの「iCloud」はクラウドサービスを変えるか?(日経トレンディ)
【iOS 5編】今秋にリリース。PCレスでの利用が可能となるiOS 5~カメラ機能の大幅な強化や、Twitter連携なども(PCWatch)
デジタルハブ第2世代へ、PC Free宣言で変わるApple~WWDC2011 基調講演詳報。PCからクラウドへ~(AVWatch)
WWDC 2011 - iCloudは新たなデジタルハブ「PC/Macはデバイスに格下げ(マイコミジャーナル)
示されたのは「新たな飛躍」――Appleが実現するモバイル&クラウド時代の理想像(ITMedia+D)
WWDCの焦点となったiCloudを分析する(PCWatch)
iCloudは単なるオンラインストレージか、それとも?(PCWatch)
【WWDC2011詳報 その1】無線同期の対応、大幅な機能アップで大進化したiOS5 ~提供時期は今秋! 次期iPhoneも!?~(週アス+)
【WWDC2011詳報 その2】アップル、9つの機能が統合された無料クラウドサービス『iCloud』を秋に提供開始!(週アス+)
ひと足お先に「iTunes in the Cloud」で音楽の同期を試す(マイコミジャーナル)
iOSが目指すところとAppleのソフトウェア戦略(PCWatch)
デジタルライフの中心は「クラウド」へ――アップルが目指すデジタルハブ戦略の第2章(ITMedia+D)
「iOS」は繊細な軌道修正でさらなる発展を目指す(ITMedia+D)
ひと足お先にiPhoneの写真データをクラウド対応(ASCII.jp)
アップルはPaaSを目指すか? 開発者が見た「WWDC」講演(ASCII.jp)
「iCloud」ストレージ容量を検証--無料分5Gバイトは本当に「十分な容量」か(CNETJapan)

Bose SoundSport wireless headphones