Windows用iCloudの使い方

Windows 用 iCloud を使えば、Windows パソコンにある写真、書類、およびブックマークを自動的に Apple デバイスと同期できます。 逆にiPod/iPad/iPhoneで作成したドキュメント、撮影した写真などを自動的にWindows パソコンにもコピーすることができます。 ここではWindows用iCloudの使い方を解説します。

Windows用iCloudのインストール

ダウンロード
PC Windows用iCloud(iCloud コントロールパネル)はアップルのWindows用iCloudのページから無料で入手できます。
インストール
PC ダウンロードした“iCloudSetup.exe”ファイルをクリックすると ソフトウェアの使用許諾契約の画面になります。「同意します」を選んだ上で「インストール」をクリックします。
PC なお、この先の手順で、画面下のタスクバーに、下図のような警告が点滅することがあります。
(Windows10)
(Windows7)
(WindowsVista)
この場合は、この警告の点滅をクリックします。 すると続いて図のようなダイアログが表示されるので「はい/続行」をクリックします。
PC インストールはほんの数十秒程度で終わります。このような画面になったら完了です。 「終了」をクリックします。
PC 最初のインストール時は、パソコンの再起動が必要になります。 このときはすべてのソフトを終了させた上で「はい」を選び、パソコンを再起動させます。

Windows用iCloudの設定

iCloud for Windowsの起動
PC インストール/再起動が終わるとiCloud コントロールパネルが起動します。 このような画面になるので、iPod/iPad/iPhoneのiCloudに入力したものと同じApple IDとそのパスワードを入力します。
このサインイン画面が表示されなかったときはWindowsのスタートボタンから[iCloud]を選びます。
PC つづいてこのような画面になります。 これはiCloud for Windowsの不具合発生時に、その情報などをアップル社に送付して、今後の製品改善に役立ててもらうためのものです。 お好みで設定して下さい。
iCloud for Windowsの設定
PC するとこのような画面になります。どの機能を使うか決定しましょう。使わない機能のチェックは外します。
iCloud Drive
あなたのパソコンの「iCloud Drive」フォルダとiCloud Driveのファイルが同期されます。
写真
あなたのパソコンの任意のフォルダとiCloudとの間で写真が同期されます。
メール、連絡先、カレンダーおよびタスク
あなたのパソコンのMicrosoft Outlook(2007以降)とiCloudとの間で、情報が同期されます。
ブックマーク
あなたのパソコンのブラウザとiCloudとの間でブックマーク(お気に入り)が同期されます。
ひととおり設定したら、画面右下にある「適用」をクリックすると、その設定が有効になります。
PC 「iCloud Drive」と「写真」にチェックを入れて「適用」すると、エクスプローラーから[iCloud Drive]、[iCloudフォト]というフォルダが見えるようになります。 ここを通してiCloudとデータをやり取りできます。
なお、現在パソコンの「iCloud Drive」フォルダの位置は、“C:\Users\[ユーザ名]\iCloudDrive”に固定されています。 一方「写真」フォルダの位置は、iCloud コントロールパネルで自由に設定可能です。
「写真」の同期
PC 「写真」にチェックを入れ、「オプション」をクリックすると、このような画面になります。 パソコンの任意のフォルダを同期先に指定できます。 初期値はC:ドライブのユーザーフォルダの下となっています。 パソコンのディスク容量を考慮して、任意のフォルダを作成・指定してください。
「自分のフォトストリーム」をチェックすると、[iCloudフォト]-[自分のフォトストリーム]フォルダに、iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真が自動的にダウンロードされてきます。 「iCloud 写真共有」をチェックすると、指定したフォルダに写真をコピーすると、その写真が「iCloud写真共有」をONにしたiPod/iPad/iPhoneに自動的に転送されます。
注意:iPod/iPad/iPhoneで撮影した写真などを、自動的にパソコンにダウンロードするには、「iCloud フォトライブラリ」を有効にする必要があります(「iCloud写真共有」を除く)。
「ブックマーク」の同期
PC 「ブックマーク」にチェックを入れ、「オプション」をクリックすると、このような画面になります。 同期先のブラウザを Internet ExplorerMozilla FirefoxGoogle Chrome から選べます。
いつもパソコンで使っているブックマークが、iPod/iPad/iPhoneでも使えるようになります。

Windows用iCloudの再起動

PC iCloud コントロールパネルはタスクトレイに常駐しています。 iCloudアイコンをクリックするとメニューが表示されるので、「iCloud 設定を開く」をクリックするといつでも開くことができます。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。