iCloud Eメールの使い方

iPod/iPad/iPhoneを購入してiCloudにサインインすると“icloud.com”という無料のEメールアドレスが使えるようになります。 このメールサービスはすべてiCloud内で管理され、新着メールはあなたの持つすべてのiPod/iPad/iPhone、そしてパソコンに同時に配信されます。 メールボックスを整理した場合も、その結果はすべてのiPod/iPad/iPhone/パソコンで共有されます。 常にすべてのiPod/iPad/iPhone/パソコンから同じメールが、そしてメールフォルダが見えています。

iCloudを有効にする

まだiCloudにサインインしていない時は、先にサインインを済ませてください。 すでに他のデバイスでiCloud Eメールを使用しているときは、新しいデバイスでiCloudにサインインにするだけで、iCloud Eメールが使用できるようになります。

“icloud.com”iCloud Eメールの設定

ここでは初めてiCloud Eメールを使用する場合の設定方法を解説します。
iTunes 設定(設定)画面で自分の名前をタップします。
iTunes このような画面になるので[iCloud]をタップします。
iPhone するとiCloudのメニュー一覧が表示されるので Mail(メール)を タッチパネル:ON(オン)にします。
iPhone するとこのような画面になり、“icloud.com”メールのメールアドレスを作成するか否かを聞いてきます。 「作成」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。取得したいEメールアドレスを入力します。 入力が終わったら、画面右上の「次へ」をタップします。
無事指定したEメールアドレスが取得できると、この次で「メールアドレス確認」画面が表示されます。そこで「完了」をタップすればメールアドレスの取得は完了です。 もうEメールを使うことができます。
なお、iCloudメールでは、最大3個までのエイリアス(別名)を持つことができます。 これはパソコンからiCloudにアクセスして設定します。 詳しくは下記をご覧下さい。
iPhone ホーム画面に戻り、 Mail(メール)を起動し、 画面左上のボタンを何度かタップしてメールボックス全体を表示させると、このように「iCloud」というアカウントが追加されているのがわかります。
iPhone iCloudの受信トレイを開くと「iCloudメールへようこそ」というメールが届いています。 あなたがお持ちの、iCloudにログインしたすべてのiPod/iPad/iPhoneで、同じ受信トレイを見ることができます。 いずれかのデバイスでメールを編集すると、その結果が、すべてのiPod/iPad/iPhoneに反映されます。 外出先でiPhoneを使って整理した“icloud.com”の受信トレイは、帰宅してからiPadで開いても同じものが見えます。
もちろんパソコンからも“icloud.com”iCloud Eメールの送受信は可能です。
Mail(メール)アプリの使い方についてはEメールの使い方をご参照下さい。

ゴミ箱の設定

iPhone ゴミ箱の設定
iCloudメールに限らず、Gmail等IMAPプロトコルに対応したメールサービスでは、「ゴミ箱」を「アーカイブ」に変更することができる場合があります。 通常削除したメールは「ゴミ箱」に移動され、一定期間(iCloudの場合は一週間)後に完全に見えなくなります。 しかし「アーカイブ」に変更しておくと、削除したメールは「アーカイブ(書庫)」フォルダに移動され、容量が許す限り永久に残ります。
これを設定するには、 設定(設定)-[iCloud]-[アカウント]-[メール]-[詳細]画面で、 「アーカイブメールボックス」にチェックを入れます。 するとメールの閲覧画面で、(ゴミ箱)ボタンの代わりに (アーカイブ)ボタンが表示されるようになります。
iPhone サーバーのゴミ箱を空にする
iCloudメールに限らず、Gmail等IMAPプロトコルに対応したメールサービスでは、iPod/iPad/iPhoneの「ゴミ箱」を空にしても、サーバー側の「ゴミ箱」には残っている場合があり、このためサーバーの容量が不足する場合があります。 これを空にするには、 Mail(メール)-[メールボックス]-[アカウント]-[iCloud]-[ゴミ箱]を選びます。 そして右上の「編集」をタップすると右下に「すべて削除」が現れるので、これをタップします。

iCloud Eメールをパソコンから使う

webブラウザからiCloudのページにログインすると、“icloud.com”iCloud EメールをWindowsパソコンで読み書きすることができます。 もちろんMacユーザーはMacでiCloudにログオンすれば、全てのサービスがそのままMac上でも使えます。 なお、メールのアドレスのエイリアス(別名)の設定や、不在時の自動返信などの設定は、パソコンからしかできません。 詳しくはパソコンからiCloudを利用するのページをご覧ください。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。