パスワードを一括管理:iCloudキーチェーンの使い方

iCloudキーチェーンは、各種Webサイトのサービスで使用する、あなたのユーザーIDとパスワード、クレジットカード番号の情報を暗号化してiCloudに保存する機能です(iOS7.0.3以降)。 これを設定すると、各Webサイトで一度入力したユーザーIDとパスワードは、2回目以降、あなたの承認したすべてのデバイスで入力不要になります。 さらに初めて訪れるサイトでは、Safariが推測されにくいパスワードを自動生成して記憶してくれます。
多くのサービスで、個別にユーザーIDとパスワードを使用している人も、iCloudキーチェーンがすべて記憶、管理してくれるので便利です。 また、これらの情報は256ビットAESで暗号化され、アップル自身も確認することは不可能なので、安全です。

iCloudキーチェーンに必要なもの

iCloudキーチェーンを使用するのに必要なものは
iCloudキーチェーン用のセキュリティコード
あなたが考えた、任意の暗証番号です。iPod/iPad/iPhoneに設定しているパスコードが利用できます。
携帯電話番号
本人確認に使用する、SMSメッセージが受信できる携帯電話の番号です。iPhoneの電話番号でも構いません。
そしてiPod/iPad/iPhoneをiOS7.0.3以降にバージョンアップする必要があります。
以上が準備できたら、セットアップを始めましょう。

セットアップ:最初のデバイス

iPad iPhone iCloudキーチェーンを使うには、最初にセットアップが必要です。
設定(設定)-[(自分の名前)]- iCloud(iCloud) の「キーチェーン」を選ぶとこのような画面になるので タッチパネル:ON(オン)にします。
iPad iPhone するとiCloudで使用しているApple IDのパスワードを聞かれるので、これを入力します。
iPad iPhone つづいてiCloudキーチェーン用のセキュリティコードの設定について尋ねられます。 iPod/iPad/iPhoneにパスコードロックを設定しているときは、それを使用するか否かを尋ねられます。 お好みで選択してください。
ここでは、パスコードロックのコードをそのまま使用することにします。
iPad iPhone セキュリティコードとして使用するパスコードを入力します。
iPad iPhone つづいてあなたの携帯電話番号を入力します。 SMSが受信できる携帯電話であればなんでもかまいません。 現在設定中のiPhoneの番号でも構いません。
これは、あとで現在設定中のデバイス“以外”の、あなたのiPod/iPad/iPhone/Macに、iCloudキーチェーンの使用許可を出すとき、本人確認に使用されます。 ここまで設定するとiCloudの準備は完了です。
iPad iPhone ブラウザ:Safariの設定も確認しておきましょう。
設定(設定)- Safari(Safari)の [パスワードと自動入力]画面で、「ユーザ名とパスワード」、「クレジットカード」を タッチパネル:ON(オン)にします。
どちらか使いたい機能を、一方だけONにするのでも構いません。
以上でiCloudキーチェーンのセットアップは完了です。 もしあなたが複数のiPod/iPad/iPhone/Macパソコンを持っていて、ほかのデバイスでもiCloudキーチェーンを使いたいときは、 下記 セットアップ:2台目以降のデバイス に従ってセットアップしてください。 1台のiPod/iPad/iPhoneでしか使用しない場合は、つづいて iCloudキーチェーンの使用方法 に進んでください。

セットアップ:2台目以降のデバイス

iPad iPhone あなたがお持ちの2台目以降のデバイスで 設定(設定)- iCloud(iCloud) の「キーチェーン」を タッチパネル:ON(オン)にすると、このような画面になります。
このままではまだiCloudキーチェーンは使えません。
iPad iPhone 手元に1台目のデバイスがあるときは、その画面にこのようなメッセージが表示されます。 他人にあなたのiCloudキーチェーンを利用されないための、本人確認です。 iCloudで使用しているApple IDのパスワードを入力して「許可」をタップします。 すると2台目以降のデバイスの承認が完了します。
iPad iPhone 手元に1台目のデバイスがないときは、最初の「キーチェーン」の画面で「セキュリティコードで承認」をタップします。 するとこのような画面になるので、1台目のデバイスを設定するときに決めたセキュリティコードを入力します。
iPhone すると1台目のデバイスを設定するときに指定した携帯電話に、左図のようなSMSメッセージが届きます。 数字6桁の「確認コード」です。
iPad iPhone 2台目以降のデバイスは、このような画面になります。 SMSで届いた「確認コード」を入力すると、そのデバイスの承認が完了します。
iPad iPhone このように「iCloudキーチェーン」が タッチパネル:ON(オン)になれば設定完了です。

iCloudキーチェーンの使用方法

iPad iPhone それでは早速iCloudキーチェーンを使ってみましょう。 Safari(Safari)を立ち上げて、 ID、パスワードの入力が必要なサービスにログインしたり、クレジットカード番号の入力を行ってみてください。
するとこのようになります。 「パスワードを保存」をタップすると、いま入力したID、パスワード等が、iCloudキーチェーンに格納されます。
iPad iPhone ID、パスワード等をiCloudキーチェーンに格納しておけば、そのWebサイトでログアウトしてしまっても、 次回ログイン時には、図のように自動的にID、パスワードがセットされます。
iCloudキーチェーンの使用を承認した2台目以降のデバイスからログインするときも、自動的にID、パスワードがセットされます。
もし自動的にセットされない時は、 Settings(設定)-Safari(Safari)-[パスワードと自動入力]画面を確認してください。
面倒なログイン時のID、パスワードの入力も、Webサービス毎のパスワードの管理も、iCloudキーチェーンを使えば簡単ですね。 これからはWebサービス利用後は必ずログアウトし、各Webサービス毎に異なるIDとパスワードを使用すれば、よりセキュリティがアップします。

パスワード等のメンテナンス

iPad iPhone 設定(設定)- Safari(Safari)の [パスワードと自動入力]画面で、「保存されたパスワード」、「保存されたクレジットカード」をタップすると、これまでに保存したパスワード等の一覧を見ることができます。 それぞれをタップすると、保存したIDとパスワードを確認することができます。
画面右上の「編集」をタップすると・・・
iPad iPhone 各エントリにチェックマークをつけることができます。 画面左上の「削除」をタップすると、チェックマークをつけたエントリのIDとパスワード等を削除することができます。
iPad iPhone このような確認画面が表示されます。 あなたがiCloudキーチェーンの使用を承認したすべてのデバイスから、このIDとパスワード等が削除されます。
iPad iPhone iCloudキーチェーンの使用を中止するには、
設定(設定)-[iCloud]の「キーチェーン」を タッチパネル:OFF(オフ)にするだけでOKです。 以降、そのデバイスではiCloudキーチェーンは機能しなくなります。
もちろん、再度ここを タッチパネル:ON(オン)にすれば、 また「承認」の手続きを経て、iCloudキーチェーンが使用可能になります。
  • 1Password

    iPhone

    AgileBits Inc. 仕事効率化 1800円

    パスワードを忘れたことは? マスターパスワードを覚えておくだけで、他のパスワードはすべて 1Password が安全に保管してくれます。 マスターパスワード以外はすべて 1Password が記憶してくれます。 - サイトごとに、強靱かつ固有なパスワードを作成 - マスターパスワード1つで、データを一括管理 - ミリタリーグレードの 256ビット AES 暗号化 - 安全性の盲点や抜け道を防ぐため、一般的な iOS ライブラリを利用し暗号化を実行 - お使いの端末が紛失や盗難にあった場合でも、自動ロックがデータを安全に管理 ウェブサイトのログイン情報だけでなく、様々なデータを 1Password に保管できます。 1Password をご利用になれば、大切な情報を指先1つで一括管理できます。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。