アプリの切り替え/終了:Appスイッチャー

つぎつぎと立ち上げたアプリは、「Appスイッチャー」から簡単に切り替えることができます。 また、アプリを完全に終了したいときも、「Appスイッチャー」から操作します。
iPhone どの画面からでも「Appスイッチャー」を呼び出すことができます。
iPhone Xでは、画面下端から上に向かってスワイプし、画面中央付近で指をホールドします。
その他の機種では、ホームボタンをダブルクリックします。
iPhone するとこのように、最近使用したアプリケーションが一覧になって並びます。 画面を左右にフリックすると、アプリケーションを次々とたどることが出来ます。 任意のアプリケーションの画面またはアイコンをタップすると、即座にそのアプリケーションに切り替えることが出来ます。
iPhone もしアプリの動作が不安定になったら、ここからアプリを強制終了して、再起動してみましょう。 Appスイッチャーから任意のアプリケーションを強制終了するには、
iPhone Xでは、Appスイッチャー画面を長押しすると各アプリのカード(縮小画面)の左上にマークがつきます。このマークをタップするか、アプリのカードを上に向かってフリックします。
その他の機種では、そのアプリのカード(縮小画面)を、上に向かってフリックします。
そしてホーム画面に戻り、アプリアイコンをタップすれば再起動できます。
複数の指でフリックすれば、複数のアプリを同時に強制終了させられます。
Handoff機能
iPhone ほかのデバイスで使用しているアプリをすぐ呼び出すことができます。 例えばiPadのSafariでWebサイトを見ているときに、iPhoneのAppスイッチャーを開くと、図のようにアイコンが表示されます。 これをタップすると、iPadで見ていたWebサイトをすぐさまiPhoneでも開くことができます。 同様にメールやメッセージ、カレンダーや時計など、多くのアプリがHandoff機能に対応しています。
Handoff機能を使うには、あなたの持っているiPod/iPad/iPhoneとMacで、同じiCloudアカウントでサインインする必要があります。
プリントセンター
iPhone なお、AirPrint機能を使って印刷中には、Appスイッチャーに「プリントセンター」画面が現れます。 ここで印刷中の状況を確認したり、印刷をキャンセルすることができます。
iPhone iOS8ではAppスイッチャーの上部に表示されていた、「よく使う項目」に登録した人を呼び出す機能は、 iOS9からはSpotright検索画面に、さらにiOS10からは通知センター画面に移動しました。
iPad なお、iPadシリーズ(第五世代 iPad Air以降)では、Slide OverとSplit Viewという機能を使って、複数のアプリを切り替えたり、同時に使うことができます。
複数のアプリケーションを同時に起動できる「マルチタスク」はiOS4以降からの対応です。 なお「マルチタスク」に対応しているのは、2009年以降に発売されたiPad、iPhone(3GS以降)、iPod touch(第三世代以降)のみです。
「マルチタスク」に非対応のモデルで「ホームボタン」をダブルクリックしたときの動作は、設定(設定)-(一般)-[ホーム]での設定に従います。 通常は電話の「よく使う項目」(iPhone)またはホーム画面(iPad/iPod)にジャンプします。またスリープ時の音楽演奏中は音楽コントローラーが表示されます。