iCloudの使用をやめる、データを削除する。サインアウトの方法

ここではiCloudの使用をやめる方法を解説します。

iCloudの使用をやめる

あなたがお持ちのiPod/iPad/iPhoneのどれかで、iCloudの使用をやめたい、iCloudのデータを削除したいときは、そのデバイスでiCloudアカウントのサインアウトを行います。 すると、そのデバイスでは、iCloudに関連するすべてのデータが削除されます。 Apple Payで登録したクレジットカードやSuicaも削除されるので注意してください。
しかしiCloudの中(アップル社のiCloudサーバーの中)には、まだあなたのiCloudの情報が保存されています。 再度このデバイスでiCloudへのサインインを行えば、また元通りすべての情報がこのiPod/iPad/iPhoneにもダウンロードされてきます。 ただしApple Payのクレジットカードは、別途Walletアプリから再登録する必要があります。

iCloudからのサインアウト

iPhone 設定(設定)-[(自分の名前)]の画面で、一番下にある「サインアウト」をタップします。
iPhone つづいてiCloudのパスワードを入力します。
iPhone するとこのような画面になります。 iCloudに格納している各種情報のコピーが、このiPod/iPad/iPhoneから削除されることの確認です。 iPod/iPad/iPhoneに残しておきたい情報があるときは、それを タッチパネル:ON(オン) にします。 そして画面右上の「サインアウト」をタップします。
なおサインアウトしても情報はアップル社のiCloudサーバー上に残っています。 再度サインインすればすべての情報が戻ってきます。
iPhone つづいて確認画面になります。 「サインアウト」をタップします。
iPhone このような画面となり「サインアウト」完了です。 「Find iPhone」が無効となり、なくしたiPod/iPad/iPhoneをリモートで探すこともできなくなります。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。