iCloud写真共有/フォトライブラリの使い方

iCloud写真共有を使うと、写真をiCloud経由でiPod/iPad/iPhoneユーザー間で共有できます。 たとえば旅行先でiPhoneで撮影した写真を、次々と家族や友人のiPod/iPad/iPhoneに届けることができます。 またiPhoneで撮影した写真をすぐさまiPadやパソコンで開いたり、AppleTVを使ってテレビの大画面でみんなで楽しむこともできます。 パソコンに格納されたデジカメの写真も共有することができます。
また、iCloudフォトライブラリを有効にすると、iCloudに保存できる枚数、期間の制限をなくすことができます。 ただしiCloudのストレージを消費します(5GB(ギガバイト)までは無料)。 なお、Googleが提供する「Google フォト」を使えば、圧縮した写真なら無料・無制限で格納可能。 「Google フォト」専用のアカウントを作り、パソコンなどに整理したすべての写真をアップロードすれば、いつでもどこでも楽しむことができます。 これについては無料ですべての写真を共有:Googleフォトの使い方のページをご覧ください。

iCloud写真共有の使い方

iCloud写真共有を使うと、あなたがiPod/iPad/iPhoneで撮影した写真を、家族や友人と共有することができます。 ただiPod/iPad/iPhoneで撮影した写真を「共有アルバム」フォルダにコピーするだけでOKです。

マイフォトストリームの使い方

ますばマイフォトストリームを使ってみましょう。これは自分の所有しているiPod/iPad/iPhoneとパソコンの間だけで写真を共有する機能です。
iPhone マイフォトストリームを使うには、事前に 設定(設定)- 写真(写真とカメラ) または 設定(設定)-[(自分の名前)]- iCloud(iCloud)- 写真(写真) で「マイフォトストリーム」を タッチパネル:ON(オン)にしておく必要があります。
「バーストの写真をアップロード」を タッチパネル:ON(オン) にすると、「バースト(連写)モード」で撮影した写真も共有されます。
iPhone (写真)- アルバム(アルバム) に「マイフォトストリーム」というフォルダができます。 これ以降、あなたのiPod/iPad/iPhoneで撮影した写真のすべてがここに格納されます。

共有アルバムの使い方

つづいて家族や友人と共有する「共有アルバム」を使ってみましょう。
iPhone 共有アルバムを使うには、事前に 設定(設定)- 写真(写真とカメラ) または 設定(設定)- iCloud(iCloud)- 写真(写真) で「iCloud写真共有」を タッチパネル:ON(オン)にしておく必要があります。
iPhone まず最初に「共有アルバム」を作ります。
Photo(写真)を起動し、 共有(共有)をタップします。 左上の をタップします。
なお、「iCloudファミリー共有」を設定していると、家族の間で写真が共有できる「Family」共有アルバムができています。 こちらを使ってもOKです。
iPhone するとこのような画面になります。 共有アルバムの名前を決めます。たとえば「旅行の写真」とか。 つづいて「次へ」をタップします。
iPhone 写真を公開する相手を選択します。「宛先」欄の マークをタップすると「連絡先」が起動します。共有したいiPod/iPad/iPhoneユーザーのiCloudメールアドレスを選びます。 なお、ここを空白にしておくと、自分のデバイス間でのみ共有するアルバムが作れます。 つづいて右上の「作成」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 共有アルバムの準備完了です。

共有アルバムへ写真を送る

iPhone 普通に「カメラロール」などにある写真を別フォルダにコピーするのと同様の手順で、「共有アルバム」にコピーすればOKです。
「カメラロール」などの画面右上にある「編集」をタップすると、このような画面になります。 ここでコピーしたい写真を選んで左下の をタップします。
iPhone するとこのようになるので「iCloud写真共有」を選びます。
iPhone このようになります。 「コメント」欄をタップすると、写真にコメントをつけることができます。 「共有アルバム」欄をタップすると、送信先の共有アルバムを選択する事ができます (複数の共有アルバムを作成している場合)。
右上の「投稿」をタップすると「共有アルバム」に送信されます。 共有したい写真が撮れたら、どんどん「共有アルバム」に送信しましょう。
iPhone 「アクティビティ」には、最近共有アルバムに投函された写真が見えます。 さらに「新規共有アルバム」をタップすると、複数の共有アルバムが作成できます。 テーマ別や送信相手別に使い分けて下さい。

共有先ユーザーの設定

iPhone 共有先ユーザーも、事前に 設定(設定)- 写真(写真とカメラ) または 設定(設定)- iCloud(iCloud)- 写真(写真) で「iCloud写真共有」を タッチパネル:ON(オン)にしておく必要があります。
iPhone 共有元ユーザーが「共有アルバム」を作成し、「宛先」に共有先ユーザーを指定すると、このような通知が届きます。 また のように、写真アイコンにバッジが付きます。
iPhone さらにこのようなメールが届きます。 メール本文中の「参加する」をタップすると・・・
iPhone Photo(写真)の 共有(共有)に新しい「共有アルバム」ができます。 待っていると、共有元ユーザーがコピーしてくれた写真がどんどん見えるようになります。
iPhone 「共有アルバム」に送られてきた写真は、自分で撮影した写真と同様に、 AirPrint機能でプリンタに印刷したり、 AirPlay機能でTVに表示したり、 AirDrop機能で近くのiPod/iPad/iPhoneユーザーに送ったり、 コピーしたり、カメラロールに保存したり、壁紙に設定することができます。
PC 共有先ユーザーのパソコンに「Windows用iCloud」がインストールされ、 「iCloud写真共有」を有効にしていると、パソコンにも「共有アルバム」への参加依頼が届きます。
PC エクスプローラーで[iCloudフォト]-[共有]フォルダーを開くと、新しい共有アルバムが見えています。 これをクリックするとこのように共有アルバムへの「参加」または「辞退」が選べます。 「参加」すると、パソコンにも写真が届きます。
ただしこの写真は、エクスプローラーでの閲覧だけが可能です。パソコンの他のフォルダに「コピー」したり、画像処理ソフトに読み込む、などはできません。 加工したい場合はEメールで写真を送ってもらいましょう。

共有アルバムの編集/削除

iPhone 共有元ユーザーは、共有アルバムの編集/削除ができます。 共有先ユーザーは、参加している共有アルバムからの「参加の取り消し」ができます。
削除/参加の取り消しをするときは、 Photo(写真)- 共有(共有)を開き、右上の「編集」をタップします。
iPhone すると各共有アルバムの左に が表示されます。これをタップするとこのようになります。 「削除」または「参加を取り消す」をタップします。
iPhone 共有アルバムを編集するときは、「共有アルバム」を開き、画面下の「メンバー」を選びます。
iPhone するとこのような画面になります。 閲覧するメンバーを追加したり、メンバーからの投稿を許可したりできます。
「公開Webサイト」欄を タッチパネル:ON(オン)にすると、専用URLが発行されます。 これをEメールなどで通知すれば、誰でもブラウザから閲覧できるようになります。 iPod/iPad/iPhoneを持っていない人にも、パソコンから写真を見てもらうことができます。
ただし、このURLが漏れると、世界中の誰でも写真が見られるようになります。慎重に利用しましょう。
「共有アルバムを削除」をタップすると、この「共有アルバム」を削除することができます。 自分のiPod/iPad/iPhoneからはもちろん、この「共有アルバム」を共有しているユーザーすべてのデバイスから、中の写真共々削除されます。

パソコンの写真を共有アルバムで公開する

PC パソコンに「Windows用iCloud」をインストールして「iCloud写真共有」を有効にしていると、 パソコンからも共有アルバムを作ることができます。 パソコンに格納されている写真を、共有アルバムを使って家族などに公開することができます。
iCloud コントロールパネルの使い方はiCloud for Windowsを利用するのページを参照して下さい。
PC パソコンから共有アルバムを作るには、エクスプローラーで「iCloudフォト」フォルダーを選び、ここで右クリックします。 するとこのように「新規共有アルバム」メニューが現れるので、これを選択します。
PC するとこのようなダイアログが表示されます。
宛先
共有したいiPod/iPad/iPhoneユーザーのiCloudメールアドレスを入力します。 ここを空白にすれば、自分のデバイス間でのみ共有するフォトストリームが作れます。
名前
共有アルバムの名前を決めます。たとえば「旅行の写真」とか。
公開Webサイト
専用URLが発行され、これを教えた人なら誰でもブラウザから閲覧できるようになります。 iPod/iPad/iPhoneを持っていない人にも、パソコンから写真を見てもらうことができます。 ただしセキュリティ保護はされていないので、慎重に選びましょう。通常は「オフ」で良いでしょう。
PC つづいてこのような画面になります。 ドラッグ&ドロップで写真・ビデオを追加するか、左下の「写真またはビデオを選択」ボタンで、任意のフォルダから写真・ビデオを選択します。 「コメントを追加」欄をクリックすると、それぞれの写真・ビデオにコメントをつけることもできます。 共有したい写真・ビデオを追加し終えたら、「終了」をクリックします。
PC するとこのように、新しい共有アルバムができました。 「iCloud写真共有」を タッチパネル:ON(オン)にしている 自分のすべてのiPod/iPad/iPhone、そして「宛先」欄で指定したユーザーに写真が配信されます。
PC 共有アルバムのアイコンの上で右クリックすると、このようなメニューが表示されます。 さらに写真・ビデオを追加したり、この共有アルバムを削除したりできます。

パソコンから写真を見る

PC パソコンのブラウザからiCloudにログインし、 (写真)アイコンをクリックすると、 図のようにパソコンからもiCloudに保存された写真にアクセスできます。
PC 「写真を選択」をクリックすると複数の写真を選択することができます。 選択した写真をまとめてパソコンにダウンロードしたり、iCloudおよびすべてのデバイスから削除することができます。
「アップロード」をクリックするとファイル選択のダイアログが表示されます。パソコンに格納している写真をiCloudにアップロードできます。
PC 写真やビデオをクリックすると拡大表示できます。 をクリックすると「お気に入り」に指定できます。 をクリックするとパソコンにダウンロードできます。 をクリックすると、その写真をiCloudフォトライブラリ、およびすべてのデバイスから削除することができます。

iCloudに保存できる枚数、期間

iCloudで共有できる写真は最新の1,000枚、最近30日に撮影された写真のみとなります。 1,000枚を越える写真を撮影した場合、または撮影から30日以上経過した写真は、順次iCloudから削除されていきます。 ずっと残しておきたい写真は、いずれかのデバイスで新しいアルバムを作成して、そちらにコピーまたは移動しましょう。
なお、その写真を撮影したiPod/iPad/iPhoneの本体には、カメラロールに、撮影したすべての写真が保存されていきます。 iCloudから写真が消えてしまっても、本体のカメラロールには残っています。
また、iCloudで同期しているパソコンには、すべての写真が自動的に共有・格納されていきます。1,000枚、30日といった制約はありません。
もし枚数や保存期間の制限をなくしたいときはiCloudフォトライブラリを有効にします。

iCloudフォトライブラリの概要

iCloudフォトライブラリ(旧名Photo Stream/フォトストリーム)はアップル社がiPod/iPad/iPhoneユーザーに向けて無料で提供しているクラウドサービス:iCloudの機能の一つです。 iPod/iPad/iPhoneで撮影された写真のすべてを、枚数や保存期間の制限なく、アップル社のサーバー経由で共有する機能です。
iCloudフォトライブラリには、JPEG、RAW、PNG、GIF、TIFF、MP4のオリジナルフォーマットでフル解像度のまま保持されます。 そしてお気に入りの指定、アルバムの作成、ドラッグによる写真の順番の変更、また写真のトリミング、傾き補正、補正の結果は、全てのデバイスで共有されます。 ただしiCloudのストレージを消費します。5GB(ギガバイト)までは無料ですが、これを超えるときは追加プランを購入する必要があります。
注意:iCloudフォトライブラリを有効にすると「カメラロール」は表示されなくなります。

iCloudフォトライブラリの使い方

iPad iPhone (写真)を起動するとこのような画面が表示されます(iOS8以降)。 「iCloudフォトライブラリを使用」をタップします。
iPad iPhone あるいは 設定(設定)- iCloud(iCloud)- [写真]で「iCloudフォトライブラリ」を タッチパネル:ON(オン)にします。
あとはiPod/iPad/iPhoneで写真を撮影したり画面キャプチャすると、自動的にiCloudにアップロードされます。 (写真)アプリを開き アルバムを選ぶと「すべての写真」というフォルダができています。 ここにあなたのすべての写真が格納されます。 そして同じくiCloudフォトライブラリをONにした、他のiPod/iPad/iPhoneで撮影した写真も、この「すべての写真」にダウンロードされてきます。
ストレージを最適化
各デバイスには、デバイスの画面解像度に合わせて縮小された写真がダウンロードされます。メモリ容量を確保したいときはこちらを選びます。
オリジナルをダウンロード
元の解像度の写真がダウンロードされます。メモリ容量が減っても画質を確保したいときはこちらを選びます。

iCloudフォトライブラリからの写真の削除

iPhone
iCloudフォトライブラリからの削除は、写真機能の削除と同じ手順です。 「すべての写真」を開き、右上にある「選択」をタップすると右のような画面になります。ここで写真を選択して をタップすればOKです。 パソコンを含め、iCloudフォトライブラリを同期しているすべてのデバイスから、その写真が削除されます。(iOS5.1以降) 必要な写真は、削除前に別のアルバムに移動しておきましょう。
なお、すべてのデバイスから削除できるのはiOS5.1にバージョンアップした後に撮影された写真のみです。 iOS5.1にバージョンアップする前に撮影した写真は、削除の操作を行ったデバイス上からのみ削除されます。
  • [App] 写真同期 guPix

    iPhone

    Ripplex Inc. 写真/ビデオ 無料

    フォトストリームとは逆方向に同期するアプリです。 guPixは、カメラで撮ってコンピュータ、メモリカード、ハードディスク、クラウドなどに散らばった写真を、自動で iPhone にまとめて表示できる写真閲覧アプリです。 あなたの想い出を、すべて iPhone で持ち歩けます!

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。