iCloudにiPhoneのバックアップを取る

iCloudバックアップとは

iCloud(アイクラウド)とは、iPod/iPad/iPhoneユーザーのためにアップル社が提供する無料のクラウドサービスです。 これを使えば、iPod/iPad/iPhoneの中身を、無線LAN経由で直接アップル社が準備する巨大なデータセンターにバックアップすることができます。 これは差分バックアップなので、短時間でバックアップをとることが可能です。 iCloudにバックアップを取っておけば、新しいiPod/iPad/iPhoneを購入したときも、パソコンに接続することなく、iCloud経由でこれらのバックアップデータから情報を移行することができます。
バックアップに必要な容量はiPod/iPad/iPhone1台当たり数メガから数十メガバイト。ただし多くの写真やビデオ、アプリを格納していると、一気に数ギガバイトを超えます。 あっという間にiCloudのディスク容量を消費してしまいます。無料なのは合計5GBまで。 もしあなたがiPod/iPad/iPhone内に多くのデータを蓄えている場合は、有料で容量を増加させる以外に、以下の方法があります。

バックアップされるデータ

iCloudには次のデータがバックアップ採取されます。
  • ダウンロードした音楽とアプリケーション、ダウンロードした本
  • カメラロールにある写真とビデオ
  • デバイスの設定
  • アプリケーションデータ
  • ホーム画面とアプリケーションの配置
  • iMessage/SMS/MMSのメッセージ

自動バックアップが起動する条件

自動バックアップは、「Wi-Fi無線LANに接続している」「ACアダプタまたはパソコンから電源供給を受けている」「スリープ/ロック中である」の3つの条件がそろったときに、24時間に1回だけ実施されます。 これ以外の時にバックアップを作りたいときは、 設定(設定)-[iCloud]-[バックアップ]-[今すぐバックアップを作成]をタップします。

iCloudバックアップを有効にする方法

iTunes 設定(設定)画面で自分の名前をタップします。
iTunes このような画面になるので[iCloud]をタップします。
iTunes するとiCloudのメニュー一覧が表示されるので[iCloudバックアップ]を選択します。
iTunes 「iCloudバックアップ」を タッチパネル:ON(オン)にすると、iPod/iPad/iPhoneの内容が、自動的にiCloudにバックアップされるようになります。
iCloudバックアップのデータを消去する方法についてはiCloudバックアップの容量を削減する、データを消去するをご覧ください。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。