iCloudバックアップの容量を削減する、データを消去する

ここでは、iCloudに保存しているバックアップの容量を削減する、データを消去する方法を解説します。 iCloudにiPhoneのバックアップを取る方法については、iCloudにiPhoneのバックアップを取るをご覧ください。

iCloudバックアップの容量を削減する、データを消去する

もし、「iCloudストレージの保存容量がもう少しで上限に達します」というメールが届いたら、バックアップの内容を見直しましょう。
iTunes 設定(設定)画面で自分の名前をタップします。
iTunes このような画面になるので[iCloud]をタップします。
iTunes するとiCloudのメニュー一覧が表示されます。 iCloudの使用状況を見るには[X.XGB中X.XMB使用済み]などと書かれているところをタップします。
iTunes するとこのような画面になります。 現在あなたが保有しているiCloudの全容量と、そのうちの使用可能な空き容量がわかります。
「ストレージを管理」をタップすると、さらに詳細な情報を見ることができます。 iCloudの容量が足りないときは「さらに容量を購入」で、容量を増強することができます(有料)。
iTunes これが「ストレージを管理」の画面です。 あなたが保有している、iCloudにバックアップしたデバイスが一覧表示されます。 そしてそれぞれが消費している、バックアップの容量もわかります。
iTunes 上の「ストレージを管理」画面で任意のデバイスをタップすると、このような画面になります。
画面の一番下にある「バックアップを削除」をタップすると、このデバイスのバックアップをまるごとiCloud上から削除します。
画面の下部に「バックアップするデータを選択」欄があり、各アプリごとにバックアップを取るか否かが選択できます。 ここを片っ端から タッチパネル:OFF(オフ) にすると、バックアップの容量を大幅に削減することができます。 特に写真やビデオをたくさん撮っている人は「フォトライブラリ」をバックアップの対象から外すと容量が稼げます。
ただし、アプリのバックアップを取らないと、バックアップから復元したときに、多くの情報を失うことになります。
iTunes もしiCloudの容量が足りなくなったら、 設定(設定)-[(自分の名前)]-[iCloud]-[X.XGB中X.XMB使用済み]-[さらに容量を購入] で容量を増強するか、写真やビデオなどをiPhone用USBメモリにバックアップするか、 またはiCloudでのバックアップはやめて、パソコンを使って、iTunesの自動バックアップに任せるのもよいと思います。 また、iCloudメールのサーバー側の「ゴミ箱」を空にするのも効果があります。

もっとiCloudのことを知りたい

iCloudの使い方全般についてはiCloudの使い方で説明しています。併せてご覧ください。