Apple Payの使い方:SuicaをiPhoneで使う方法

2016年10月25日から、日本でもクレジットカードより安全な電子マネー:Apple Pay(アップル・ペイ)がスタートしました。 ここではApple Payの使い方、そしてSuicaをiPhoneで使う方法を説明します。

Apple Payの使えるデバイス

Apple Payが使えるのは、iOS 10.1以降にバージョンアップしたiPhone 6以降、Apple Watch Series 2以降、一部最新のiPad、2012年以降に発売されたMacです。 詳しくは下記をご覧ください。

Apple Payとは

Apple Pay
Apple Pay(アップル・ペイ)とは、Apple Watch/iPad/iPhoneを、クレジットカードや電子マネー( iDQUICKPaySuica )として使用できる機能です。 2014年10月20日のiOS8.1公開とともにアメリカでスタート。2016年10月25日にiOS 10.1の発表に合わせて日本でもスタートしました。 iPhone標準の(Wallet)アプリ対応するクレジット/プリペイドカードを取り込んで使います。
カードは1台のiPhone/iPadに最大8枚まで取り込み可能です。 また1枚のカードを5台までのデバイスで使用できます。取り込み済みのプラスチック・カードもそのまま継続して使えます。 iPhoneに取り込んだカードを (Watch)アプリを使って Apple Watchにも設定できます。
ただし、Suicaだけはチャージ金額が現金同様の扱いなので、1枚のカードはどれか1台のデバイスでしか使えません。また取り込み済みのプラスチック・カードは使用不能になります。 複数のSuicaを発行してそれぞれ別のデバイスに入れたり、1台に複数のSuicaを入れることは可能です。
iPhone/iPad/Apple Watchのバッテリが切れたり電源をOFFにしていると、Apple Payも使用できなくなります。 特にSuicaで長距離移動するときなど、途中でバッテリがなくならないように注意しましょう。
なお基本的にはFelica対応の日本のカードは、Walletアプリに取り込んでも、海外では使用不能です。 ただし2017年発売のiPhone X/iPhone 8/8 Plus以降では、海外モデルにもFelica機能が搭載されました。 今後各金融・決済機関の対応が進むにつれて、海外でも使用可能となる見込みです。

セキュリティは?


Apple Payは、単にクレジットカードの番号を直接iPhoneに取り込むわけではありません。 金融機関から独自のトークンという情報が発行され、それがiPhoneのセキュアエレメント(SE)というハードに暗号化されて格納されます。 iPhoneにもアップルのサーバにも店舗にも、クレジットカードの番号などの情報は渡されません。 クレジットカードを使用するより安全な決済方式とのことです。

紛失したり故障した場合は?


もしiPhoneを紛失したり故障した場合は、パソコンなどからiCloud.comにログインし「iPhoneを探す」機能でApple Payを一時停止したり、 パソコンやiCloudに保存したバックアップから、デバイスにカード情報を戻すことが可能です。 iPhoneのバックアップはまめに取りましょう。

アップルが提供するApple Pay関連ページ

Apple PayでのSuica使い方の基本

詳しくは下記をご覧ください。

Apple Payの使えるお店

Apple Payは、下記のマークのあるお店で使えます。
ロゴサービス備考
iDApple PayにiD対応のカードを登録する必要があります。
QUICKPayApple PayにQUICKPay対応のカードを登録する必要があります。
SuicaApple PayにSuicaを登録する必要があります。全国のICマークのある鉄道・バス・店舗でも使用可能。
iD、QUICKPay、Suica上のいずれかに対応したカードを登録します。

Apple Payへクレジット/プリペイドカードを登録する方法

Apple Payを使うには(Wallet)アプリ対応するクレジット/プリペイドカードを取り込む必要があります。 カードの取り込みには次の方法があります。
  • Walletアプリで、カメラを使ってカード情報を読み取る
  • Walletアプリで、カード情報を手入力する
  • Walletアプリで、SuicaにiPhoneをかざしてカード情報を読み取る
  • Suicaアプリで新しい「My Suica」を発行し、Apple Payに登録する
いずれの場合でもWalletアプリに取り込んだカードは、 (Watch)アプリ を使ってApple Watchにも設定可能です。

ここでは三井住友VISAカードをApple Payへ追加してみます。

Apple PayへSuicaを登録する方法

Suicaを取り込む場合も、クレジットカード同様 iPhone標準の(Wallet)アプリ を使って取り込みます。

店舗、鉄道でApple Payを使う

店舗では、決済時に、登録したカードに合わせて「iDで支払います」「QUICKPayで支払います」「Suicaで支払います」と告げます。 そしてiPhoneでは、ホームボタンに指紋登録した指を載せて、本体上部を読み取り機に近づけます。 Apple Watchでは、サイドボタンをダブルクリックして、Apple Watchを読み取り機に近づけます。
「エクスプレスカード」に設定したSuicaの場合は、何の操作も必要なく、ただ iPhone / Apple Watch を店舗や改札の読み取り機に近づけるだけで支払いが完了します。
iPhoneでメインのカードとは別のカードを使いたい場合は、ホームボタンに指を載せずに読み取り機に近づけます。 すると画面にメインカードが表示されるので、タップして別のカードを選びます。 Apple Watchでは、サイドボタンをダブルクリックしたあと画面を左右にフリックして別のカードを選びます。

アプリ、ネットショップでApple Payを使う

iPad/iPhoneのアプリ内や、SafariのアクセスしたネットショップでApple Payを使うことができます。 多くのネットショップでは購入に会員登録やカードの登録が必要でしたが、 Apple Payに対応したショップなら、ただ商品を選び、Apple Payマークをタップするだけで支払いができます。

Apple Pay関連アプリ

  • Suica

    East Japan Railway Company ファイナンス 無料

    東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)が発行するSuicaと、携帯電話で便利に使えるJR東日本サービスメニューを、ApplePayとともにiOSで利用できる全く新しいアプリケーションです。入会金、年会費は無料。Suicaカードをお持ちでなくてもご利用になれます。SFチャージ(入金)は、SuicaApp又はApplePayから。会員登録すればJR東日本の様々なサービスも利用可能に。

Apple Pay関連ニュース&リンク集