Apple IDの作り方・使い方

AppleIDとは

AppleIDとは、iPod/iPad/iPhone/Macユーザが、アップル社の各種サービスを利用するために必要となるユーザーIDです。 iTunes/App Storeで音楽やビデオ、アプリをダウンロードしたり、無料のクラウドサービス:iCloudを利用するのに必要です。 また、iPod/iPad/iPhoneにAppleIDを登録することによって「アクティベーションロック」をかけ、盗難されたときにその位置をブラウザから確認したり、他人の利用を抑止したりすることもできます。
AppleIDの登録は無料です。また一人でいくつでも作成することができます。 さらに携帯電話キャリアを乗り換えても、ひとつのAppleIDをずっと使い続けることができます。 iPod/iPad/iPhoneを購入したら、AppleIDを作成して、デバイスに登録しましょう。

AppleIDで利用できるサービス

AppleIDで利用できる、アップル社の提供するサービスには以下のようなものがあります。 いずれも利用料は無料です(別途データ通信料は必要です)。 これらで使用するAppleIDは、必ずしもすべて同一である必要はありません。 複数のAppleIDを持つ人は、下記の各サービスごとに個別のAppleIDを使用することができます。
サービス 利用できる機能
iCloudコアサービス iCloud(me.com/icloud.comメール、連絡先、カレンダー、リマインダー、ブックマーク、メモ、フォトストリーム、書類とデータ/iCloud Drive、Find My iPhone:「iPhoneを探す」機能、バックアップと復元)
iTunes Store iTunes StoreApp StoreiBooks StoreiTunes in the CloudiTunes Match (支払情報(クレジットカードまたはiTunesカード)の登録が必要)
FaceTime FaceTime(テレビ電話)
iMessage iMessage
Game Center Game Center
たとえばiTunes Storeにサイン・インするAppleIDは、家族で共用して音楽やアプリをシェアしながら、iCloudのメールや連絡先は各個人のAppleIDでプライベートを確保する、という使い方も可能です。
またお子様や家族のiPod/iPad/iPhoneの一部のサービスに管理者(親、あなた)のAppleIDを使うことで、そのサービスだけ、お子様や家族の利用状況を監視することも可能です。
Apple IDを使って利用できる各サービスの使い方については、 下記の各ページでそれぞれ紹介していますので、併せてご覧下さい。

携帯キャリアとAppleIDの関係

Apple IDは、アップル製品のユーザーにひもづけられ、携帯電話キャリア(ソフトバンクモバイル、au/KDDI、NTT docomo)との関係はありません。 1回自分のApple IDを作ってしまえば、あとはiPhoneを他の携帯電話キャリアに乗り換えてしまっても、そのApple IDはずっと有効です。 iTunes Storeからダウンロード購入した音楽、ビデオ、アプリもずっと使用可能です。

Apple IDを新しく登録する方法

それでは新たにApple IDを作成、登録しましょう。

作成したApple IDをiTunes Storeで利用する

作成したApple IDをiTunes/App/iBook Storeで利用するには、 設定(設定)- iTunes&App Store(iTunes&App Store)を開き、Apple IDとパスワードを入力するだけです。 ただし、そのApple IDを使って、iPod/iPad/iPhoneで初めてiTunes/App/iBook Storeにログインするときには、支払方法の確認が必要となります。 無料アプリ/コンテンツしかダウンロードしない場合でも、支払いに使用するクレジットカードの登録またはiTunesカード/iTunes Passによるチャージが必要です。 どちらも使用したくない場合は、パソコンのiTunesからサインインしてください。 パソコンからなら「支払方法」に「なし」が選択できます。 詳しくは、 iTunes/App Storeへのサインインの方法をご覧ください。

Apple IDに関する質問・サポート

アップル社では、下記の各webサイトで、Apple IDに関する質問・サポートを解説・受け付けています。