AirDropの使い方:赤外線より簡単に情報交換

AirDrop(エア・ドロップ)とは、近くにいるiPod/iPad/iPhoneユーザーと、簡単に電話帳や写真、その他文書などがやりとりできる、iOS7.0から搭載された機能です。 従来の携帯電話にあった赤外線通信より簡単に、すぐさまいろいろなデータ交換ができます。

AirDropの事前準備

AirDropを使うには、最初に1回だけ事前準備が必要です。 送信側、受信側双方で準備が必要です。 といっても、どの範囲までデータのやり取りを許可するかを指定するだけです。
iPhone AirDropを使うにはiCloudのアカウントの登録が必要です。 事前にiCloudのセットアップを済ませてください。
iPhone まずはコントロールセンターを立ち上げます。 AirDropのデータ通信にはWi-Fi(無線LAN)またはBluetoothを使用します。 または をONにしておいてください。
iPhone つづいて飛行機(機内モード)、Wi-Fi、Bluetoothアイコンが並んでいる部分を強く押すと、このようになります。 (AirDrop)ボタンをタップします。
または、 設定(設定)-(一般)-[AirDrop] をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 ここではAirDropの受信方法を選択します。
受信しないを選ぶと、AirDrop受信機能は停止されます。
連絡先のみを選ぶと、あなたが (連絡先)に登録している人からのみデータを受信できるようになります。
ただしこの場合は、受信側・送信側ユーザーいずれもiCloudにサインインし、受信側ユーザーの「連絡先」に、送信側ユーザーのiCloud/AppleIDアカウントに紐づけられたEメールアドレスのどれかが登録されている必要があります。 AppleIDアカウントに、どのEメールアドレスが紐づけられているかは、 My Apple ID のページで確認できます。
すべての人を選ぶと、あなたの近くにいるiPod/iPad/iPhoneユーザー全員からデータ受信ができるようになります。
なお、AirDropの送信については特に設定はありません。

AirDropでデータ通信

それではAirDropを使ってデータ通信を行ってみましょう。
iPhone 送信側の操作(1)
まずは写真アプリから、写真の交換をしてみます。 写真アプリを起動して、送付したい写真を選んでください。 そして をタップします。
iPhone 送信側の操作(2)
するとこのような画面になります。 図の赤枠で囲った部分に、あなたの近くでAirDropを有効にして、スリープを解除しているiPod/iPad/iPhoneユーザーが表示されます。 データを送りたい人をタップするだけでOKです。
写真に限らず、電話帳、メモ、ビデオ、マップ、Safari、その他文書いろいろなアプリで をタップするとAirDropのメニューが現れます。あらゆるデータを交換できます。 当然、データは暗号化されるので安心です。
iPhone 受信側の操作
受信する人は、送信する人と同じWi-Fiアクセスポイントに接続(Wi-Fiを使う場合)、または10m以内の距離にいる(Bluetoothを使う場合)必要があります。 また、iPod/iPad/iPhoneの画面が点灯している(スリープでない)状態でなければいけません。
送信側からのデータを受信すると、受信側にはこのような表示が現れます。「受け入れる」をタップするだけで受信できます。
写真は写真アプリに、 メモはメモアプリに、 連絡先は連絡先アプリに、 自動的に分類されて格納されます。

AirDropで連絡先を交換

つづいてAirDropを使って連絡先を交換してみましょう。
iPhone 送信側の操作(1)
連絡先アプリを起動して、送付したい連絡先を選んでください。 そして、下のほうにある「連絡先を送信」をタップします。
iPhone 送信側の操作(2)
すると写真を送信した時と同じように、このような画面になります。 あなたの近くでAirDropを有効にして、スリープを解除しているiPod/iPad/iPhoneユーザーが表示されます。 データを送りたい人をタップするだけでOKです。
iPhone 受信側の操作
受信側には、このような表示が現れます。「受け入れる」をタップすると、連絡先情報が表示されます。 つづいて画面右上に現れる「保存」をタップすると、自分の「連絡先」に格納されます。
他にも多くのアプリで をタップするとAirDrop機能が使えます。

AirDropのしくみ

AirDropは、次のように動作します。 まず送信側から、その人がiCloud/AppleIDアカウントに紐づけている自分のEメールアドレスすべてのデータを、近くにいるiPod/iPad/iPhoneユーザー全員に送信します。 「連絡先のみ」を選択している受信側は、送信されてきたEメールアドレスのデータが自分の「連絡先」に登録されていた場合のみ、反応します。 「全員」を選択している受信側は、無条件に反応します。