コントロールセンターの使い方

コントロールセンターとは、良く使う機能にワンタッチでアクセスできる便利な画面です(iOS7.0以降)。 Wi-FiやBluetoothのオン/オフ、画面の回転ロック、音楽コントローラー、懐中電灯、時計、電卓、カメラの呼び出しなど、 便利な機能がひとまとめに集約されています。

コントロールセンターの使い方

iPad iPhone スリープ中やアプリ実行中など、どの画面からでも、画面の下端から上に向かってフリックするとコントロールセンターがせりあがってきます。
コントロールセンターを消したいときは、ホームボタンを押すか、上から下に向かってフリックします。 ロック画面からもコントロールセンターを呼び出すことが出来ます。
iPad iPhone Settings(設定)-Control Center[コントロールセンター]で コントロールセンターの設定ができます。
App内でのアクセスをオンにすると、アプリ実行中でもコントロールセンターを呼び出すことが出来ます。
コントロールをカスタマイズをタップすると・・・
iPad iPhone コントロールセンターに機能を追加・削除、表示順序を変更することができます(iOS11以降)。 iPadでは9種類、iPhoneでは13種もの機能が追加できます。 詳しくは追加できるコントローラーをご覧ください。 HomeKit対応のホームコントローラー機器を所有していて、(ホーム)アプリの設定を終えると、ホームコントロールも表示されます。

基本6機能の呼び出し

iPad iPhone 飛行機(機内モード)、Wi-Fi、Bluetoothアイコンが並んでいる部分を強く押すと、このようになります。 この画面からは以下の6つの機能を呼び出せます。

機内モードのON/OFF


機内モードのON/OFFを行います。 飛行機に乗った時、すぐさま電波の発信を止めることが出来ます。

モバイルデータ通信のON/OFF


モバイルデータ通信(パケット通信)のON/OFFを行います。 海外旅行時など、パケット通信を強制的に止めることが出来ます。

Wi-Fi(無線LAN)のON/OFF


Wi-Fi(無線LAN)のON/OFFを行います。

BluetoothのON/OFF


BluetoothのON/OFFを行います。 Bluetooth機器(無線ヘッドフォン等)との接続をON/OFFできます。

AirDrop(エア・ドロップ)機能の切り替え


近くのiPod/iPad/iPhoneユーザーと、簡単に写真や文書などがやりとりできる AirDrop(エア・ドロップ)機能の切り替えができます。 どの範囲までデータのやり取りを許可するかを指定できます。

テザリング/インターネット共有のON/OFF


テザリング/インターネット共有のON/OFFを行います。 iPhone/iPad(Wi-Fi+Cellular)を「モバイルWi-Fiルーター」として使用することができます。

ミュージックコントローラー

iPad iPhone ミュージックコントローラーを強く押すと拡大表示されます。 Music(音楽)アプリなど、 その時音楽/ビデオの再生に使用しているアプリでの、再生/停止/早送り/巻き戻し/ボリュームなどが操作できます。 さらに曲名をタップすると、音楽/ビデオの再生に使用しているアプリの画面を開くことができます(ロックされていない時のみ)。
iPad iPhone 拡大表示前/後どちらの場合でも、ミュージックコントローラー右上のアイコンをタップすると音声の出力先を、 Airplay対応機器Bluetoothヘッドセットへ切り替えることができます。

その他のコントローラー

画面の回転ロック/解除


iPhone
画面の回転をロック/解除します。 これをロックすると、たとえば寝転がりながらiPod/iPad/iPhoneを使うとき、画面が縦方向、横方向にころころ切り替わってしまうのを防ぐことができます。


おやすみモードのON/OFF:電話やメールの着信拒否


おやすみモードのON/OFFを行います。 ONにすると、一定の条件を満たさない限り、ロック(スリープ)中には、電話やメールの着信通知などが行われなくなります。


画面ミラーリング:TVにiPhoneの画面を表示


近くにAirplay対応機器がある場合、そちらにiPod/iPad/iPhoneの画面を表示することができます。 TVにiPhoneの画面を表示することができます。


画面の明るさ・表示色の調整


iPad iPhone 上下にドラッグすると画面の明るさを調整できます。 強く押すと Night Shift モードの ON/OFF、さらにiPadでは True Tone モードの ON/OFF ができます(対応機種のみ)。


音声ボリュームの調整


上下にドラッグすると、通話やミュージック、その他アプリの音声ボリュームを調整できます。


懐中電灯のON/OFF、明るさを変更


カメラのフラッシュライトを点灯させることが出来ます。ちょっとした懐中電灯として使用できます(フラッシュライト搭載モデルのみ)。 またこのアイコンを強く押すと、フラッシュライトの明るさを変更することができます。 なお、ロック画面を右から左にフリックして(カメラ)を起動する操作をすると、フラッシュライトをすぐさま消灯することができます。


タイマー


時計アプリのタイマー機能を呼び出します。 またこのアイコンを強く押すと、その場で1分から2時間まで、タイマー機能の時間設定ができます。


計算機


計算機アプリを呼び出します(純正電卓アプリ搭載モデルのみ)。


カメラ


カメラアプリを呼び出します。 またこのアイコンを強く押すと、「セルフィーを撮る(自撮り)」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「ポートレートを撮る」が選べます。

追加できるコントローラー

コントロールセンターには、つぎのような機能が追加できます。 なお「ボイスメモ」「低電力モード」「運転中の通知を停止」の3つの機能は、iPadでは追加できません
Apple TV Remote
Apple TVがリモートコントロールできます。 Apple TV Remoteアプリと同じことができます。
Wallet
Walletアプリをすぐさま呼び出せます。 ショッピングで、クレジットカードを使ったApplePayでの支払いがスムーズにできます。
アクセシビリティのショートカット/アクセスガイド
画面キャプチャをはじめとした、障碍者向けのアクセシビリティ機能へのショートカットが登録できます。 また、一時的に使用できるアプリを1つに制限して、ホームボタンやタッチ操作を抑止できるアクセスガイド機能をワンタッチでON/OFFできます。 なお、アクセシビリティの詳細は 設定(設定)-(一般)-[アクセシビリティ]で設定できます。
アラーム/ストップウオッチ
時計アプリのアラーム/ストップウオッチ機能を呼び出します。
テキストサイズ
画面に表示される文字のサイズが変更できます。 なお、これは 設定(設定)-(画面表示と明るさ)からも設定できます。
ボイスメモ
ボイスメモアプリを呼び出します。
メモ
メモアプリを呼び出します。 またこのアイコンを強く押すと、「新規メモ」「新規チェックリスト」「新規写真」「新規スケッチ」が選べます。
低電力モード
低電力モードのON/OFFが変更できます。 なお、これは 設定(設定)-[バッテリー]からも設定できます。
運転中の通知を停止
自動車の運転中に、iPhoneを自動または手動で「おやすみモード」にして、メッセージ、電話とメッセージの着信通知、アプリからの通知を抑止する機能です(iOS11以降)。 相手には運転中であることを告げる任意のメッセージを自動的に送信することができます。 もちろんマップのナビゲーションや音楽演奏機能は使用可能です。
画面収録
iPod/iPad/iPhoneの画面が録画できます(iOS11以降)。 これをタップするとカウントダウンが始まり、3カウントで録画が始まります。 録画中は画面最上部に赤いバーが表示され、ここをタップすると録画停止できます。 録画したビデオは、写真(写真)アプリに格納されます。
拡大鏡
カメラを虫眼鏡のように使える「拡大鏡」機能がON/OFFできます(iOS11以降)。 表示倍率を変更したり、フラッシュのON/OFF、写真として保存、明るさ・コントラストの調整、色の反転などもできます。