Bluetooth機器の使い方

Bluetooth(ブルートゥース)とは、小出力の無線電波を使ってデジタルデータを送受信する仕組みの名称です。 2008年以降に発売されたiPod/iPad/iPhoneにはBluetooth送信機が本体に内蔵されています。 イヤホンやスピーカ、カーステレオ、キーボードなど、対応するBluetooth機器を購入すればすぐに無線で音楽鑑賞や通話、文字入力が出来ます。 さらにiOS7からはAirDrop対応で、標準でBluetoothがオンになっています。 ここでは、Bluetooth機器の使い方を説明します。

Bluetoothの使えるデバイス

Bluetooth送信機が本体に内蔵されているのは、
  • iPod touchシリーズ(2008年発売の第二世代以降)
  • iPod nanoシリーズ(2012年発売の第七世代以降)
  • iPhoneシリーズ全モデル
  • iPadシリーズ全モデル
  • iPad miniシリーズ全モデル
  • AppleTV(2010年発売の第二世代以降)
のみです。 これ以外の機種では、別途Bluetoothオーディオ送信機を購入して取り付けることで、ヘッドフォンの無線化が可能です。

BluetoothのON/OFF

iPod/iPad/iPhoneでBluetooth機器を使うときには、Bluetooth通信をONにしましょう。 画面を下から上へスワイプすると表示される「コントロールセンター」でBluetoothのオン/オフが簡単に操作できます。
もちろん 設定(設定)-[Bluetooth]画面でもオン/オフできます。

Bluetoothとプロファイル

Bluetoothでは、それぞれの機器がどんなデータをやりとりできるかを示すものとして「プロファイル」というものを定義しています。 送信機と受信機双方が同じ「プロファイル」に対応していないと、通信することができません。 また、使用開始前には、最初に1回だけ、送信機と受信機を結びつける「ペアリング」という作業が必要です。

iOSが対応する Bluetooth プロファイル

iPod/iPad/iPhoneの各モデルが対応するBluetoothプロファイルについては、アップルの下記のページでも確認することができます。

Bluetooth4.0/BLEへの対応


BLEとも略されるBluetooth4.0は、これまでのBluetoothの規格とは定義が異なり、ごく少量のデータを低頻度でやり取りする機能への対応を示しています。 用途としては、歩数計や心拍計などの健康機器などが想定されています。 iPod/iPad/iPhoneシリーズでは、 iPhone 4S以降、3rd iPad以降、iPad mini、5th iPod touch以降、7th iPod nano以降で使用可能です。
Bluetooth4.0に対応しているモデルは、従来のBluetooth3.0も搭載しているので、今まで通りBluetoothヘッドフォンやキーボードなども使用可能です。

Bluetoothのセキュリティ脆弱性

2017年9月13日、Bluetoothのセキュリティ脆弱性「BlueBorne」が検出されました。 iOSの場合はバージョン9.3.5以下の全iPhone/iPad/iPod touch、およびバージョン7.2.2以下のAppleTVで影響があるとのこと。 古いバージョンを使っている人は、すぐにバージョンアップしましょう。

Bluetooth機器との接続(ペアリング)

iPod/iPad/iPhone/AppleTVでBluetooth機器を使用するには、最初に「ペアリング」という作業が必要です。 ここでは各装置別にペアリングの方法を紹介します。

カーステレオとBluetooth

iPhoneとカーステレオをオーディオケーブルなどで接続している場合も、HSP/HFPプロファイルに対応したBluetoothヘッドセットで電話を受発信することが可能です。 Bluetoothヘッドセットを操作して受発信すると、自動的に再生中の音楽はフェードアウトします。そして通話が終わると、音楽の再生が再開します。 ただし、Bluetoothヘッドセットを接続中でも、iPhone本体を操作して電話を受発信すると、通話の音声はオーディオケーブルから(カーステレオに)出力され、会話はiPhone本体のマイクを使うことになります。
なお、最近ではBluetooth接続のFMトランスミッタやハンズフリー・キットも発売されています。