ネット接続できない!?

SafariによるインターネットWebサイト閲覧やEメールだけでなく、 AirPlayAirPrintRemoteアプリホームシェアリングWebDAV、 など、アップルの製品では、パソコン・iTunesとiPod/iPad/iPhone/AppleTV、その他機器を家庭内ネットワークで接続して楽しむ機能がたくさんあります。 これらの機能で機器がネットワーク接続できない場合、理由はいくつか考えられます。 下記の一つ一つをご確認ください。

ソフトのバージョンによる差異

使用するアプリ、iOS、iTunes、AppleTV、プリンタなどのソフトはいずれも最新版ですか? どれかひとつのバージョンが古いと、正しく接続できないことがあります。 いずれも最新版を使ってください。

アプリ/デバイスを再起動してみる

Appスイッチャーから、対象のアプリ(あるいは全アプリ)を終了させます。 さらにiPod/iPad/iPhoneを電源OFF->ONしてみます。 そのうえでアプリを再起動してみます。

パソコンのファイアウォールの設定

パソコンのファイアウォールの設定でiTunesの通信が拒絶されていると繋がりません。 WindowsまたはMacのファイアウォールの設定画面で「iTunes」と「Bonjourサービス」が「例外」に設定されているかを確認してください。 Windows7の場合は、 [コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[Windowsファイアウォール]-[Windowsファイアウォールを介したプログラムまたは機能を許可する] の画面で、「iTunes」と「Bonjourサービス」が「ホーム/社内(プライベート)」にチェックが入っている必要があります。 また、これとは別に「TCP ポート 3689」「UDP ポート 5353」も「例外」にする必要もある場合があります。
ホテルの提供するWi-Fiなどでは、Webサイト閲覧、Eメール送受信以外の、iTunesなどの動作に必要なデータ通信が遮断されている場合があります。

無線LAN接続/通信機能をリセットしてみる

iPod/iPad/iPhoneで 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]を「OFF」にしてしばらく待ち、また「ON」にして、無線LAN接続をリセットしてみましょう。 これでダメなら、 設定-[機内モード]を「ON」にしてしばらく待ち、また「OFF」にして、通信機能全体をリセットしてみましょう。

無線LAN以外の通信を一旦切断してみる

iPod/iPad/iPhoneからのRemoteアプリホームシェアリングの利用の場合は、 3G/LTE携帯パケット通信など、無線LAN以外の通信を一旦切断しないと利用できない場合があります。 これには「機内モード」をONにしたあと、Wi-FiをONにします。 詳しくは下記の各ページをご参照下さい。

WEP専用SSIDにつながってしまっている?

最近の無線LANルーター/ブロードバンドルーターは、ニンテンドーDSなどのゲーム機向け(WEP専用)SSIDと、パソコン用SSIDの2つを搭載しています。 パソコンやiPod/iPad/iPhone/AppleTVが、ゲーム機向けSSIDの方につながってしまっていると、セキュリティ保護のため、使えるのはインターネットだけとなり、家庭内LANの他のデバイスにアクセスすることができません。 接続先SSIDを再確認してみて下さい。

ルーターのセキュリティ設定

無線LANルーター/ブロードバンドルーターによっては、接続された端末(パソコンやiPod/iPad/iPhone/AppleTV)同士の通信を禁止する機能を持ったものがあります。 また、無線LANと有線LANネットワーク間の通信を禁止する機能を持ったものがあります。 (機能名は無線LAN機器製造メーカーによって異なります。プライバシーセパレーター、ワイヤレスパーティション、覗き見防止機能など)。 このような機能を搭載したルーターを使用しているときは、これらの機能を無効とする必要があります。

iTunesとiPod/iPad/iPhoneのWi-Fi同期をやめてみる

USBケーブルをつながなくても、パソコンのiTunesとiPod/iPad/iPhoneの同期ができる便利な「iTunes Wi-Fi同期」ですが、これを設定すると iTunesの起動がとても遅くなったり、ホームシェアリングAirPlayが機能しなくなる場合があります。 こんな時はWi-Fi同期を無効にしてみて下さい。

同じネットワークセグメントに

iTunesが動作しているパソコンとiPod/iPad/iPhone/AppleTV、その他通信したい機器が同じ「ネットワークセグメント」に存在する必要があります。 すべての機器が同じ無線LANルーター/アクセスポイントに、いずれも無線でつながっている場合はOKですが、 パソコンなど一部の機器が有線LANや複数の無線LANに個別でつながっている場合は注意が必要です。
  • 同一のルーターに、無線LANアクセスポイントとパソコンが有線でつながっている場合はOKです。
  • 同一のルーターに、無線LANルーターとパソコンが有線でつながっている場合はNGです。この場合、無線LANルーターをブリッジモードで(アクセスポイントとして)動作させる必要があります。あるいは無線LANルーターの代わりに無線LANアクセスポイントを使用します。
  • 異なるルーターに、無線LANルーター/アクセスポイントとパソコンが別々に有線でつながっている場合はNGです。この場合はつながりません。

接続台数制限

使用するサービスやアプリには、ネットからの接続台数に制限が設けられている場合があります。
たとえばRemoteアプリの場合、一つのiTunesライブラリにRemoteで接続可能なiPod/iPad/iPhoneの最大数は5台です。 iPod/iPad/iPhoneの買い換えなどで、これを超えるiPod/iPad/iPhoneを登録したい場合は、一度すべての接続をリセットしましょう。
iTunesの[編集]-[設定]-[デバイス]で「現在n個のRemoteがペアリングされています。」の右にある「すべてのRemoteを解除」をクリック。 その上で各iPod/iPad/iPhoneで接続操作をやり直します。

ルータの調子が悪い?再起動してみる

使用しているアプリの影響や故障など、家庭に設置している無線LANルーターやハブ、インターネット接続用のモデムの調子が悪い場合も考えられます。 これらの機器の電源をOFF->ONして再起動してみましょう。