このページの先頭へ

初期化(復元)する方法

使用済みiPod/iPad/iPhoneを友達に譲りたいとき、また逆に中古品を購入したとき/他人から譲ってもらったときなど、iPod/iPad/iPhoneの中身を一旦完全に消去したいことがあります。 そんなときにはiPod/iPad/iPhoneの「復元」を行って、工場出荷時の状態にクリア/リストアすることが出来ます。
iPod/iPad/iPhoneの動作がおかしくなったときも「復元」で直る場合もあります。 また、「パスコードロック」(タッチパネルモデル)、「画面のロック」(クリックホイールモデル)機能を使ってパスワードロックをかけ、そのパスワードを忘れた場合の唯一の解決方法も「復元」することです。
そしてiPod/iPad/iPhoneの中身を消去したり破損、紛失してしまった場合でも、直前にパソコンと同期した内容(パックアップ)を使って復元したり、新しく購入したiPod/iPad/iPhoneにバックアップの内容をコピーすることが出来ます。

初期化(復元)前の事前準備

[1]不具合解消のため初期化する場合

PC iPod/iPad/iPhoneのバックアップ
不具合解消のため初期化(復元)する場合は、その前にiPod/iPad/iPhoneのバックアップをとりましょう。 初期化(復元)したあと、バックアップからデータを元通りにすることができます。 iPod/iPad/iPhoneの中身をすっかりバックアップするには、iCloudではなくパソコンのiTunesでバックアップします。
PC パソコンのAppleID「認証」
iTunes Store/App Storeで、音楽やビデオ、アプリや、iPod touchの有料ソフトウェアアップグレードをダウンロード購入している場合は、 復元の前に、そのパソコンをあなたのAppleIDで「認証」しておく必要があります。 さもないと、ダウンロード購入した音楽やアプリは復元されません。
パソコンをAppleIDで「認証」するには、iTunesメニューの[Store]-[このコンピュータを認証]を選びます。
このページの先頭へ

[2]他人に譲るために初期化する場合

PC iTunes/App Storeのサインアウト
iPod/iPad/iPhoneは、初期化(復元)操作を行っても、iTunes Store/App StoreのApple ID(メールアドレス)だけは本体に情報が残ってしまいます。 他人にiPod/iPad/iPhoneを譲る場合は、手動でiTunes/App Storeのサインアウトを行っておく必要があります。 さもないと、次に使用したユーザーが、あなたのApple ID(メールアドレス)を見ることができます。 「復元」を行う前に、まずサインアウトして下さい。
iTunes/App Storeのサインアウトの方法は iTunes/App Storeのサインアウト のページをご覧ください。
PC SIMカードの取り外し
iPhoneを友人に譲ったり、中古ショップに売るなど、手放す場合は、初期化を行う前にSIMカードを取り外しておきましょう。 SIMカードにはあなたの電話番号の情報が書き込まれています。 不要になったSIMカードは携帯キャリア窓口に返却します。
このページの先頭へ

[3]その他共通情報

バッテリの残量について
iPod/iPad/iPhoneのバッテリ残量は十分ですか? バッテリが残り少なくなっていると、リセットや復元時に何度もアップルロゴの表示を繰り返したり、変な動作をしてしまうことがあります。 もしバッテリが残り少ない場合は、事前にACアダプタを使って充電しましょう。
ただし復元後長期間使用する予定がない場合は、逆にバッテリの残量がフルにならないようにします。 50~80%程度にしておくのが良いでしょう。
PC AppleTVの場合
AppleTVを初期化/復元する場合は、 microUSBケーブル(別売)を使ってAppleTVとパソコンを接続します。 するとiPod/iPad/iPhone同様、iTunesの画面にAppleTVが表示されます。
microUSBケーブルは一般市販の物が使えます。ただし「データ転送」に対応した物を購入して下さい。「充電用」では初期化/復元できません。
PC AppleTVの復元に使えるソフトはDownload iOS Firmware (IPSW) Files for Apple TV(ipsw downloader)からダウンロードできます。
iPhone [参考] パソコンを使わず全消去!!
タッチパネルモデルでは、他人にiPod/iPad/iPhoneを譲る場合など、本体のデータを元に戻す必要がない場合は、本体だけでデータを全消去することが可能です。 設定-[一般]-[リセット]-[すべてのコンテンツと設定を消去]を行うと、iPod/iPad/iPhone内のすべてのデータの消去が行われます。
ただしこの処理には数時間かかります。ACアダプタなどに接続して電源を確保した上で、時間に余裕があるときに実施してください。
このページの先頭へ

「iPhoneを探す」機能をOFFにする

それではいよいよiPod/iPad/iPhoneを初期化してみましょう。 iOS7から、セキュリティ強化のため、iCloudの「iPhoneを探す」機能をOFFにしないと復元できなくなりました。
iPad iPhone 設定(設定)-iCloud(iCloud)画面を開き、 その下の方にある「iPod/iPad/iPhoneを探す」を タッチパネル:OFF(オフ)にします。
iPad iPhone 設定(設定)-iCloud(iCloud)画面を開き、 するとあなたのiCloudのパスワードを要求されるので、入力して「オフにする」をタップします。 初期化/復元が完了したら、また「オン」に戻すのを忘れないようにしましょう。
なお、「iPod/iPad/iPhoneを探す」をオフにすると、iCloudに登録しているAppleIDメールアドレスに「設定が無効になった」旨のメールが届きます。

「iPhoneを探す」機能がOFFにできない!?

なんらかの不具合により、「iPhoneを探す」機能がOFFにできなくなってしまう場合があります。 このときは、iPod/iPad/iPhoneをリカバリ・モードに投入することにより、強制的に「復元」を開始することができます。 リカバリ・モードに投入する方法については復元に失敗した!!復元できない!!のページをご覧ください。
このページの先頭へ

パソコンを使って工場出荷状態に復元

PC 初期化したいiPod/iPad/iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 つづいて、iTunesの右上にあるデバイス名が書かれたところをクリックして下さい。
PC 複数のデバイスを接続しているときは、「○台のデバイス」と書かれているところをクリックして下さい。 するとパソコンに接続されているiPod/iPad/iPhoneの一覧が表示されます。 このなかから、初期化したいiPod/iPad/iPhoneの名前をクリックします。
もし接続したiPod/iPad/iPhoneがiTunesに表示されないときは、下記を参照して下さい。
PC するとこのような画面となります。ここで「iPod/iPad/iPhoneを復元...」ボタンをクリックします。
[参考]古いiOSにダウングレードしたいとき
最新のiOSにバージョンアップして不具合が発生した場合は、古いiOSにダウングレードして回避できる場合があります。 もし、古いiPod/iPad/iPhone/AppleTVソフトウェアがパソコンに残っているなら、これを使ってiPod/iPad/iPhone/AppleTVをダウングレードすることが可能です。 詳しくは、古いiOSにダウングレードする のページをご覧ください。
PC するとこのようなダイアログが表示され、本当に復元しても良いか確認してきます。 ここでは「復元」をクリックします。
PC お使いのiPod/iPad/iPhoneのバージョンによっては、復元に使用されるiOSの説明が表示される場合があります。 「次へ」をクリックします。
PC 復元に使用されるiOSのソフトウェア使用許諾契約が表示される場合があります。 「同意する」をクリックします。
PC 復元に使用されるiOSのダウンロードが始まります。 画面右上のダウンロード中を示すアイコンをクリックすると・・・
PC ダウンロード途中の状況が分かります。
PC 次にこのような画面になます。
PC そしてこのような画面になり、復元がはじまります。 数分~十数分で復元が完了します。
ここまでの処理で工場出荷状態にクリアされています。
PC 初期化(復元)完了
工場出荷状態への復元が完了すると左のような画面になります。 「OK」をクリックすると一旦iTunesからiPod/iPad/iPhoneの表示が消え、iPod/iPad/iPhoneが再起動されます。 しばらく待つと、iTunesからiPod/iPad/iPhoneが認識されます。
iPod mini/4th iPod以前の旧モデルでは、ここでiPodの画面にACアダプタとの接続を促すイラストが表示されます。 この場合は、iPod本体に付属しているACアダプタを使って充電操作をしてください。 するとiPodが再起動されます。
PC SIMカードを抜いたiPhoneの場合
SIMカードを抜いたiPhoneを「復元」すると、この様な画面になり、これ以上先に進むことはできません。 このとき、iPhoneは工場出荷時の状態となっており、全ての操作ができなくなっています。 先に進むためには、iPhoneにSIMカードをセットする必要があります。
または通信・通話はできませんがアクティベーションだけに使えるSIMカード: アクティベーションカードを購入して使用します。
あるいはiPhoneを友人などに譲る場合は、この状態でパソコンから取り外します。 譲った友人には、携帯キャリアショップに持ち込んで回線契約をしてもらいます。 なお、日本で発売されているiPhoneはSIMロックがかかっているので、ソフトバンクモバイルで購入したiPhoneをau/KDDIやNTT docomoで再契約したり、その逆を行うことはできません。
PC バックアップからデータを復元する
しばらく待つと、このような画面になります。
もしiPod/iPad/iPhoneの中の音楽データ等も全て元通りに戻してほしいときは「このバックアップから復元」を選び、 復元の元となるiPod/iPad/iPhoneの名前を選び、「続ける」ボタンをクリックします。
新しいiPod/iPad/iPhoneとして、iPod/iPad/iPhoneに転送する中身を最初から選択しなおしたいときは「新しいiPod/iPad/iPhoneとして設定」を選び、右下の「続ける」ボタンをクリックします。 これよりあとは「パソコンへの、新しいiPod/iPad/iPhoneの追加手順」の説明と同じです。
iPhone 「iPhoneを探す」を有効にする
設定(設定)-iCloud(iCloud)画面を開き、 その下の方にある「iPod/iPad/iPhoneを探す」を タッチパネル:ON(オン)にするとセキュリティが向上します。
PC 再びバッテリの残量について
iPod/iPad/iPhoneは、フル充電または空の状態で長時間放置するとバッテリはすぐに傷んでしまいます。 復元後、友達に譲る等の理由で、長期間iPod/iPad/iPhoneの使用をやめる場合は、バッテリの残容量を50~80%位にしておきましょう。 音楽を演奏したりゲームをしたりして、バッテリのメータを半分くらいにしておきます。
そして「スリープ」ではなく「電源オフ」にして保管します。
このページの先頭へ

「このバックアップから復元」する場合

PC 「このバックアップから復元」を選ぶと、以前に古いiPod/iPad/iPhoneと同期した時の情報を移行することができます。 「このバックアップから復元」のすぐ右に表示されているiPod/iPad/iPhoneの名前をクリックすると、過去のいつの時点、どのモデルのバックアップから復元するかを選ぶことが出来ます。
なお、このバックアップからの復元は、デバイスのタイプを問いません。たとえばiPod touchのバックアップをiPadに移すことも可能です。 ただし、新しいiOSバージョンのバックアップを、古いiOSバージョンのデバイスに移すことは不可能です。 こんなときは、事前にバージョンの古いデバイスのバージョンアップを行ったうえで、復元操作を行って下さい。
PC 左のような画面になり、直前にパソコンと同期したときのiPod/iPad/iPhoneの設定が転送されます。
これが終わると、iPod/iPad/iPhoneの画面に「復元完了」と表示されます。
そしてiPod/iPad/iPhoneが再起動されます。
PC つづいて左のように、音楽、ビデオ、写真、その他、直前にiPod/iPad/iPhoneに入れていた全てのコンテンツの転送が始まります。 タッチパネルモデルの場合はサファリのブックマークや連絡先、メモ、電話の着信履歴やSMS/MMSの過去メッセージまで全て復元されます。
PC iTunesの画面右上のデバイス名の横では、「同期中」を示す矢印がくるくると回っています。 iPod/iPad/iPhoneに大量のデータを入れていた場合は、全て入れなおしになります。 非常に時間がかかります。ひたすら待ちましょう。
PC このような表示となったらコンテンツの転送も完了です。 パソコンからiPod/iPad/iPhoneを取り出してもOKです。
コンテンツが元に戻らない!?
なお、復元しても、音楽やビデオなど、正しくコンテンツの転送が行われない場合があります。 こんな時は一旦転送をしない設定にして「同期」し、その後転送設定をやり直して再度「同期」してみて下さい。
PC 復元すると、iPod/iPad/iPhoneの名前も「iPod」や「iPhone」などに初期化されてしまうことがあります。 「概要」欄のiPod/iPad/iPhoneの名前をダブルクリックして、変更することが可能です。
これで復元完了です。中身もすっかり元通りになりました。
このページの先頭へ

過去のバックアップから復元する

PC 新しいiPod/iPad/iPhoneをiTunesで「新しいデバイス」として設定した後に、過去のバックアップから復元したくなった場合。 その他過去に同期したデータから内容を復元したい時は、左図のように「バックアップを復元」を指定すれば可能です。
なお、このバックアップの復元では、デバイスのタイプを問いません。iPod touchのバックアップをiPadに移すことも可能です。 ただし、新しいiOSバージョンのバックアップを、古いiOSバージョンのデバイスに移すことは不可能です。 こんなときは、事前にバージョンの古いデバイスのバージョンアップを行ったうえで、復元を行って下さい。
PC すると左図のようなダイアログボックスが表示されるので、ドロップダウンリストから、復元元となるデータを指定します。
このページの先頭へ

復元しても不具合が直らない!!

不具合の解消が目的で復元したのに、復元しても不具合が解消しないことがあります。 こんなときは、再度復元を行い、「このバックアップから復元」ではなく「新しいiPod/iPad/iPhone」として初期設定からやり直してみてください。 この場合、アプリや音楽の転送、メールやその他の設定もすべて最初からやり直すことになります。 しかし、ソフトウェアに起因する問題のほとんどは解消するはずです。
なお、この場合も、「過去のバックアップから復元する」方法で、メールなどの設定を含めて元に戻すことができます。 しかし、多くの場合、バックアップから復元すると不具合が再現してしまいます。
また、アクセサリが動作しない場合は、そのアクセサリメーカーのwebサイトなどを確認し、最新iOSへの対応状況や、アクセサリ用の最新アップデートが公開されていないかもチェックしてみてください。
なお、「復元」を行っても直らなかった場合は、下記の各ページも参考にしてください。
このページの先頭へ

復元に失敗した!!復元できない!!

復元途中にパソコンからiPod/iPad/iPhoneを抜いてしまったり、停電などでパソコンの電源が落ちてしまったり、 その他正しく復元の手順を守ったにも関わらず、復元後、iPod/iPad/iPhoneが起動しなくなってしまうことがあります。
あるいはなんらかの不具合により、復元操作そのものができない、開始できない、最後まで正しく完了しない状態になってしまう場合があります。 こんな時は、タッチパネルモデルの場合はリカバリ・モード(DFUモード)に投入するという方法があります。 DFUとは、Device Firmware Upgradeの略で、iOSが破壊されていても起動する、基本ファームウエアで動作しているモードです。 通常、リカバリ・モードに入ったiPod/iPad/iPhoneの画面には、図のように「iTunesに接続」を示すイラストが表示されます。
リカバリ・モードに投入するには、
  • iPod/iPad/iPhoneの電源をOFFにします。スリープボタンを長押しして画面に表示される「スライドで電源オフ」をスライドします。
  • 完全に電源が落ちたのを確認したら、ホームボタンを押したままパソコンにiPod/iPad/iPhoneを接続します。
  • iTunesのiPod/iPad/iPhoneの画面に「リカバリーモードのiPod/iPad/iPhoneを見つけました」と表示されるまで、ホームボタンを押したままにします。
もし、iPod/iPad/iPhoneの画面にアップルロゴが表示されていなくても、または画面が真っ黒のままでも、この手順を正確に守るとiPod/iPad/iPhoneはリカバリ・モードに入り、内蔵の基本ファームウエアだけで動作しています。 うまくリカバリ・モードに入れられなかった場合は、この手順を何度もトライしてください。 iTunesの画面に「リカバリーモードのiPod/iPad/iPhoneを見つけました」と表示されたら、ここで「復元」を行ってください。
なお、「バージョンアップ」や「復元」の途中にリカバリ・モードから抜けられなくなり、「バージョンアップ」や「復元」が先に進まなくなる場合があります。 こんな時は、パソコンの別のUSBポートにiPod/iPad/iPhoneをつなぎ直してみて下さい。
このページの先頭へ

古いiOSにダウングレードする

最新のiOSにバージョンアップして不具合が発生した場合は、古いiOSにダウングレードして回避できる場合があります。 もし、古いiPod/iPad/iPhone/AppleTVソフトウェアがパソコンに残っているなら、これを使ってiPod/iPad/iPhone/AppleTVをダウングレードすることが可能です。
iPod/iPad/iPhone/AppleTVをパソコンに接続し、「復元」ボタンを押すとき、 [SHIFTキー](Windowsの場合)/[OPTキー](Macの場合)を押しながら「復元」をクリックします。 すると、どのバージョンのソフトを使って復元するかを入力する画面になるので、希望のiPod/iPad/iPhone/AppleTVソフトウェアを指定すればOKです。 過去にiPod/iPad/iPhoneをアップデートする時にネットワークからダウンロードしたiPod/iPad/iPhoneソフトウェアは、通常下記のフォルダに格納されています(拡張子.IPSW)。
Windows 8/7/Vistaの場合
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Apple Computer\iTunes\iPod Software Updates
Windows XPの場合
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Apple Computer\iTunes\iPod Software Updates
Mac OS Xの場合
/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/iTunes/iPod Software Updates
上で示した[Application Data/AppData]フォルダは隠しフォルダとなっているため、パソコンを購入した直後の状態では表示されません。 ここを表示するには、エクスプローラーの設定を変更する必要があります。 なお、ダウングレードができるiPod/iPad/iPhoneのモデル/バージョンは限られています。すべてのiPod/iPad/iPhoneが、ここに示した方法でダウングレードできるわけではありません。
このページの先頭へ

iTunes/App Storeのサインアウト

iPhone タッチパネルモデルでは、他人にiPod/iPad/iPhoneを譲る場合は、手動でiTunes/App Storeのサインアウトを行う必要があります。 「復元」操作を行っても、これを行わないとiTunes Store/App StoreのApple ID(メールアドレス)だけは本体に情報が残ってしまいます。 次に使用したユーザーが、あなたのApple ID(メールアドレス)を見ることができます。
サインアウトを行うには、 設定(設定)-iTunes Store/App Store(iTunes Store/App Store) の画面を開きます。そして「Apple ID」欄をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。「サインアウト」をタップします。
iPhone このような画面になったら「サインアウト」完了です。
このページの先頭へ

もっとiPhoneのことを知りたい

下記の各ページでは、より詳しいiPod/iPad/iPhoneの情報を紹介しています。 ご参照下さい。
このページの先頭へ

[Book] iPhone 5s/5c Perfect Manual

ソーテック社 2013/10/5 1,554円

本書は、発売3日でiPhone 4sの400万台、iPhone 5の500万台を上回る900万台が販売されたiPhone5s/5cと、そのOSであるiOS7を初めて使う人や、機種変更で使う人に向け、どこよりも詳しくわかりやすい内容で記述致しました。隅々まで読み込めば、きっとあなたが知らないTIPSや使い方を見つけることができるはずです。

Amazon.co.jpで買う

[Book] iTunes徹底活用ガイド2014

三才ブックス (2013/12/17) 1,050円

ソフトバンク、auに続き、NTTドコモからもiPhoneが発売され、ユーザー層がさらに広がったiOSデバイス。そのため、初めてiTunesに触れたという人も多いことでしょう。 そんなiTunesの基本的な使い方から、「こんなこともできるのか! 」というテクニックまでを、初心者向けに徹底紹介・解説します。 IPhone5s/5c、iPad Air、iPad mini Retinaモデルをはじめ、これまでに発売されたiPhone/iPad/iPodにももちろん対応。 iTunesのすべてをマスターできる一冊です。

Amazon.co.jpで買う

ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
ANAショッピング ANAのマイルがたまるastyle
クワイアットコンフォート20
クワイアットコンフォート20
このページの先頭へ