iPod/iPad/iPhoneの機種変更・データ移行

ここでは新しいiPod/iPad/iPhoneの機種変更・データ移行の手順を紹介します。

最新モデルに買い替えるとき

最新モデルに買い替えるとき/機種変更するときは、事前にApple Watchのペアリングを解除し、これまで使っていたiPod/iPad/iPhoneのバックアップを取りましょう。 そのバックアップの内容をすっかり新しいiPod/iPad/iPhoneに移すことができます。

中古品の購入/他人から譲ってもらったとき

中古品を購入したとき/他人から譲ってもらったときは、セットアップする前にその中身を工場出荷状態に初期化しましょう。

携帯電話会社(キャリア)の変更/MNP(番号ポータビリティ)

携帯電話会社(キャリア)の変更/MNP(番号ポータビリティ)でiPhone/iPadを最新型に買い替えたときには、特に注意する事はありません。 それまで使っていたApple IDも、iTunes Storeからダウンロード購入したアプリ、音楽、ビデオも、iCloudメールアドレスも、そのまま新しいキャリアの新しいiPhone/iPadで使用可能です。

iPod/iPad/iPhoneの機種変更・データ移行

iPod/iPad/iPhoneの機種変更の場合は、これまで使っていたiPod/iPad/iPhoneのバックアップを新しいモデルに書きこめばOKです。 ただし、新しいiOSバージョンのバックアップを、古いiOSバージョンのデバイスに移すことは不可能です。 こんなときは、事前にバージョンの古いデバイスのバージョンアップを行ったうえで、復元を行って下さい。
まずは、事前にパソコンのiTunesに、古いデバイスのバックアップを取っておきます。

開封直後/初期状態のiPod/iPad/iPhoneの場合


PC 新しいiPod/iPad/iPhoneをパソコンに接続します。するとこの様な画面になります。 「このバックアップから復元」を選択し、事前にiTunesにバックアップした古いiPod/iPad/iPhoneの名前を選び、「続ける」をクリックすればOKです。 「前回のバックアップ」欄に、そのバックアップが作成された日時が表示されます。 よく確認して、間違ったバックアップを書き込まないように注意してください。
つづいて下の「復元の実施」に進んでください。

初期化済み、使用中のiPod/iPad/iPhoneの場合


PC すでにショップなどで初期設定を済ませ、使用中のiPod/iPad/iPhoneに対しても、別のiPhoneのバックアップを書き込むこともできます。 その場合はiTunesのこの画面で「バックアップを復元」をクリックします。
もちろん、この場合はそれまでの使用で保存されたデータは上書き消去されます。 ただしiCloudに保存されている連絡先、メッセージ、メモ、メールなどのデータはそのまま残ります。
PC iCloudにログイン済みのiPhoneの場合はこのような警告がでます。 iPhone本体で「iPhoneを探す」機能をOFFにしたうえで、「バックアップを復元」をやり直します。 「iPhoneを探す」機能をOFFにする方法については「iPhoneを探す」をオフにする方法のページをご覧ください。
PC 「バックアップを復元」をクリックするとこのような画面になります。 ドロップダウンリストから、書き込みたいバックアップを選び、「復元」をクリックます。 「前回のバックアップ」欄に、そのバックアップが作成された日時が表示されます。 よく確認して、間違ったバックアップを書き込まないように注意してください。

復元の実施


PC もし復元しようとするバックアップにパスワードをかけていたときはこのような画面になります。 バックアップを作成したときに設定したパスワードを入力します。
PC このような画面になり、古いiPod/iPad/iPhoneの設定が転送されます。
PC パスコードロックのパスワードも古いiPod/iPad/iPhoneから引き継がれます。古いiPod/iPad/iPhoneでパスコードロックを使用していたときは、このようなメッセージが表示されます。 新しいiPod/iPad/iPhoneにパスコードを入力してロックを解除してください。
バックアップの基本情報が転送されると、iPod/iPad/iPhoneの画面に「復元完了」と表示されます。 そしてiPod/iPad/iPhoneが再起動されます。
iPad iPhone バックアップの基本情報の転送が終わると、新しいiPod/iPad/iPhoneの画面がこのようになる場合があります。 若干の初期設定操作が必要です。 iPod/iPad/iPhoneの初期設定のページを参照して初期設定を行ってください。
PC 初期設定操作が終わると、つづいてアプリ、音楽、ビデオ、写真、その他、古いiPod/iPad/iPhoneに入れていた全てのコンテンツの転送が始まります。 タッチパネルモデルの場合はサファリのブックマークや連絡先、メモ、電話の着信履歴やSMS/MMSの過去メッセージまで全て復元されます。
PC iTunesの画面右上のデバイス名の横では、「同期中」を示す矢印がくるくると回っています。 iPod/iPad/iPhoneに大量のデータを入れていた場合は、全て入れなおしになります。 非常に時間がかかります。ひたすら待ちましょう。
PC このような表示となったらコンテンツの転送も完了です。 パソコンからiPod/iPad/iPhoneを取り出してもOKです。
コンテンツが元に戻らない!?
復元しても、音楽やビデオ、アプリなど、一部のコンテンツの転送が行われない場合があります。 こんな時は画面右下の「同期」をクリックしてみてください。 これで同期が始まらなかったときは、一旦そのコンテンツを転送をしない設定にして「同期」し、その後転送設定をやり直して再度「同期」してみて下さい。
PC バックアップからデータ移行すると、iPod/iPad/iPhoneの名前も、古い名前がそのまま引き継がれます。 左上のiPod/iPad/iPhoneの名前をダブルクリックして変更することが可能です。
また機種変更などで余った古いiPhoneは、携帯電話機能が動作しない「iPod touch」として継続使用が可能です。 詳しくは下記をご覧下さい。
信頼できるデバイスの追加と削除
Apple IDのセキュリティ強化のために「2ファクタ認証」を設定しているときは、 この確認に使用するデバイスとして、新しいiPod/iPad/iPhoneの登録と、古いiPod/iPad/iPhoneの削除を行いましょう。
iPhone Apple Watchの復元
iPhoneの買い替えによる復元を行ったときは、つづいてApple Watchの移行・復元も行いましょう。

手動で移行が必要な項目

以下の各項目は、iTunesの「iPod/iPad/iPhoneのバックアップを暗号化」機能を使って採取したバックアップから復元した場合でもデータ移行されません。 個別に手動で移行してください。

ヘッドフォンなど、Bluetoothデバイスの接続


Bluetoothヘッドフォンなどについては、新しいiPod/iPad/iPhoneとのペアリング操作が必要となります。

Apple Payに登録していたクレジットカード/Suica


セキュリティの関係上、Apple Payに登録していたクレジットカード/Suicaを自動で移行することはできません。手動での再設定が必要です。 クレジットカードは、ただ新しいiPhone/Apple WatchのWalletアプリで「カード追加」の手続きを行うだけで使用できます。 古いiPhone/Apple WatchのWalletアプリでカードの削除操作を行わなければ、新旧どちらのデバイスでも使用可能な状態になります。 一方Suicaは、必ずどれか1つのデバイスでしか使用できません。 一度古いiPhone/Apple WatchのWalletアプリでSuicaの削除操作を行い、つづいて新しいiPhone/Apple WatchのWalletアプリで「カード追加」の手続きを行います。

格安SIM利用時のデータ通信(APN)設定


格安SIM利用時には、データ通信のためにAPNという情報をiPod/iPad/iPhoneに登録しますが、この情報はデバイスごとに設定する必要があります。 一般には「構成プロファイル」をインストールする形式が多いようです。 設定方法は各格安SIMキャリアのWebサイトなどで確認してください。 機種変更時には一旦Wi-Fiをオフにして、携帯電話ネットワークでメールやWebサイト閲覧ができることを確認しましょう。

2ファクタ認証/2段階認証


Googleが提供する “Google Authenticator” や、Microsoftが提供する “Microsoft Authenticator” などの(認証アプリ)を使って2段階認証を行っているときは、移行の手続きが必要です。 GoogleやAmazon.co.jpなど、各サービスのアカウント管理画面にログインして2段階認証の再登録を行います。 詳しくは下記をご覧ください。

時々は電源のOFF-ONを

通常、iPod/iPad/iPhoneを使用しないときは、本体右上のスリープボタンをおしてスリープさせておけばOKです。 しかし、ずっとスリープのON-OFFだけで使用していると、徐々にiPod/iPad/iPhoneの動作性能が低下したり、バッテリの消費が早くなったり、動作が不安定になったりすることがあります。
こんな時は電源のOFF-ONをすると直ります。手順については下記のページをご覧下さい。

電話帳(連絡先/アドレス帳)の移行

android携帯など、他の携帯電話からiPod/iPad/iPhoneへ連絡先(電話帳/アドレス帳)を移行するには、いくつかの方法があります。