• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

「iPhoneは使用できません」パスコードロック解除方法

ここではiPod/iPad/iPhoneのパスワードを忘れたとき/パスコードロック解除方法を紹介します。 このほかのパスコードロックの詳細についてはパスコードロックの使い方と解除方法のページをご覧ください。

パスコード入力ミス時の挙動

iPhone
パスコードの入力を6回間違えると、iPod/iPad/iPhoneは「disabled」モードとなります。 画面には「iPhoneは使用できません」と表示され、一定時間操作不能となります。
操作不能の時間は最初は1分間ですが、1分後にさらにもう一回(7回目)入力を間違えると次は5分間使用不能となります。 5分後にさらにもう一回(8回目)入力を間違えると次は15分間使用不能となります。
そして9回目以降は1時間使用不能となってしまいます。この時間は、入力を間違えるたびに増加していきます。
3才児の子供が、お父さんのiPadを約47年間(25,536,442分)使用不能にした例 もあります。 Dad gets his iPad locked for 47 years by his 3 years old son(ilounge)

ロック解除の唯一の方法

もし、パスコードロックのパスワードを忘れてしまった場合の、唯一の解決方法はiPod/iPad/iPhoneを初期化することです。

過去にパソコンのiTunesと接続したことがある場合


過去にパソコンのiTunesと接続したことがあり、そこにiPod/iPad/iPhoneのバックアップを保存する設定にしておいた場合に限り、 ロックがかかったままでiPod/iPad/iPhoneの中身をパソコンにバックアップすることができます。 そしてiTunesの「復元」機能を使って初期化した後に、そのバックアップを使って中身を書き戻せばOKです。 詳しい手順は、下記の 過去にパソコンのiTunesにバックアップしていた場合 をご覧ください。

過去にパソコンのiTunesと接続したことがない場合


この場合は単に初期化ができるのみです。 リカバリ・モード(DFUモード) を使って初期化します。 ただし初期化をすると、元のユーザーの Apple ID パスワード入力が必要となります。 このため盗難品を初期化しても、盗難犯は使用することはできません。 詳しい手順は、下記の リカバリ・モード(DFUモード)を使って初期化する をご覧ください。

過去にパソコンのiTunesにバックアップしていた場合

iPhone 「iPhoneは使用できません」と表示されてしまったら、そのiPod/iPad/iPhoneを、いつもバックアップに使っているパソコンに接続します。 するとロックがかかったまま、iTunesでiPod/iPad/iPhoneのバックアップが始まります。 バックアップが終了するのを待って、画面左上のデバイスアイコンをクリックします。
iPhone デバイスの詳細画面が表示されるので、「復元」をクリックします。 するとiPod/iPad/iPhoneが「復元(初期化)」され、その後、先ほど作成したバックアップをiPod/iPad/iPhoneに戻すことができます。
「復元」の手順については、 iPhoneを初期化(復元)する方法 をご覧ください。 iPhoneを初期化(復元)する方法

リカバリ・モード(DFUモード)を使って初期化する

iPhone 「iPhoneは使用できません」と表示されてしまったら、そのiPod/iPad/iPhoneを、iTunesがインストールされているパソコンに接続します。
つづいてiPod/iPad/iPhoneを、 リカバリ・モード(DFUモード) に投入します。 iPod/iPad/iPhoneの中身はすべて消去されます。 また、消去された後の再設定時には、Apple IDのパスワード入力が必要となります。
リカバリ・モード(DFUモード)の使い方については、 初期化(復元)・バージョンアップに失敗したとき:リカバリ・モード(DFUモード)の使い方 をご覧ください。 初期化(復元)・バージョンアップに失敗したとき:リカバリ・モード(DFUモード)の使い方 iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合(アップル)

もっとパスコードロックのことを知りたい