• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhoneがロックされてしまいました:「iPhoneは使用できません」パスコードロック解除方法

ここではiPod/iPad/iPhoneのパスワードを忘れたときの、パスコードロック解除方法を紹介します。 このほかのパスコードロックの詳細についてはパスコードロックの使い方と解除方法のページをご覧ください。
なお、Apple IDのパスワードを入力してもアップルのサービスにサインインできないApple IDのアカウントロックの対処については Apple IDのアカウントがロックされてしまいました!! のページをご覧ください。

パスコード入力ミス時の挙動

iPhone
パスコードの入力を6回間違えると、iPod/iPad/iPhoneは「disabled」モードとなります。 画面には「iPhoneは使用できません」と表示され、一定時間操作不能となります。
操作不能の時間は最初は1分間ですが、1分後にさらにもう一回(7回目)入力を間違えると次は5分間使用不能となります。 5分後にさらにもう一回(8回目)入力を間違えると次は15分間使用不能となります。
そして9回目以降は1時間使用不能となってしまいます。この時間は、入力を間違えるたびに増加していきます。
3才児の子供が、お父さんのiPadを約47年間(25,536,442分)使用不能にした例 もあります。 くれぐれもお子さんのイタズラには注意してください。

ロック解除の唯一の方法

もし、パスコードロックのパスワードを忘れてしまった場合の、唯一の解決方法はiPod/iPad/iPhoneを初期化することのみです。 ただしiPod/iPad/iPhoneの中身をバックアップしていた場合は、初期化後にそのバックアップを書き戻すことにより、ロックを解除した状態でデータを復元できる場合があります。 なお、初期化時には、必ず元のユーザーのApple IDとパスワードの入力が必要です。

復旧用コードを使ってリセットする


事前に信頼のできる家族などを「アカウント復旧用の連絡先」として登録していた場合には、あなたがApple ID/iCloudのパスワードやデバイスのパスコードを忘れた場合に、これをリセットするのに必要な「復旧用コード」を得ることができます。

iCloudにiPhoneのバックアップを取っていた場合

特にバックアップについて意識していない場合、iPhoneの内容は自動的に iCloud にバックアップされます。 多くのユーザーは、無意識にiCloudにiPhoneのバックアップを取っていると思われます。
この場合は、次の手順でiPhoneのデータを復元できる可能性があります。 ただしこの手順で復元する場合には、Apple IDとそのパスワードが必須です。
また、対象のiPhoneがあなたの所有する唯一のiOSデバイスであった場合などは、バックアップからの復元時に、デバイスのパスコードの入力が要求される場合があります。 しかし、あなたのApple IDに複数の「信頼できるデバイス」が登録されていると、デバイスのパスコード入力要求の代わりに、別の「信頼できるデバイス」に「確認コード」が送られてくるので、これを使ってパスコードの入力を迂回することができる場合があります。 このためには、あなたのApple IDで 2ファクタ認証 を有効にして、あなたが新たなパスコードを設定した、新たな別デバイスを「信頼できるデバイス」として追加登録することにより回避できる場合があります。
詳しくは下記の各ページをご覧ください。

過去にパソコンのiTunesと接続したことがある場合

過去にiPod/iPad/iPhoneをパソコンのiTunesと接続したことがあり、そこにiPod/iPad/iPhoneの バックアップを保存する 設定にしておいた場合に限り、パスコードロックがかかったままでiPod/iPad/iPhoneの中身をそのパソコンにバックアップすることができます。
この場合は、次の手順でiPhoneのデータを復元できる可能性があります。 ただし長期間パソコンに接続していなかった場合は、接続したときにパスコードの入力が求められる場合があります。 この場合はパソコンに最新のバックアップを採取することはできません。 過去に採取済みのバックアップを使って、その時点の状態に復元することは可能です。
また、この場合も初期化時にApple IDとそのパスワードが必須です。
さらに、iTunesのバックアップオプションで「ローカルバックアップを暗号化」にチェックしていた場合は、このパスワードも分からないと復元できません。
詳しくは下記の各ページをご覧ください。

過去にパソコンのiTunesと接続したことがない場合

iCloudにバックアップが採取されておらず、過去にパソコンのiTunesとも接続したことがない場合は、単に初期化ができるのみです。 パスコードの入力を間違えて「disabled」モードになったら、その画面の右下に表示される「iPod/iPad/iPhoneを消去」をタップします(iOS15.2以降)。 またはパソコンに接続して リカバリ・モード(DFUモード) を使って初期化します。 ただし初期化時には、 アクティベーションロックの解除 のために、ユーザーの Apple ID パスワード入力が必要となります。 このため盗難品を初期化しても、盗難犯は使用することはできません。
詳しい手順は、 パスコードを忘れてしまった場合に iPhone、iPad、iPod touch をリセットする方法 (アップル) または リカバリ・モード(DFUモード)を使って初期化する をご覧ください。

リカバリ・モード(DFUモード)を使って初期化する

iPhone 「iPhoneは使用できません」と表示されてしまったら、そのiPod/iPad/iPhoneを、iTunesがインストールされているパソコンに接続します。
つづいてiPod/iPad/iPhoneを、 リカバリ・モード(DFUモード) に投入します。 iPod/iPad/iPhoneの中身はすべて消去されます。 また、消去された後の再設定時には、Apple IDのパスワード入力が必要となります。
リカバリ・モード(DFUモード)の使い方については、 初期化(復元)・バージョンアップに失敗したとき:リカバリ・モード(DFUモード)の使い方 をご覧ください。

「探す」アプリを使って初期化する

iPhone 複数のアップルデバイスをお持ちの方は別のデバイスから、あるいはパソコンをお持ちの方は ブラウザからiCloudにサインイン して、「探す」アプリで「このデバイスを消去」を選ぶと初期化することができます。 初期化したデバイスは、新しいデバイスとして設定したり、もし過去のバックアップが残っているなら、そこから復元することができます。 ただし、消去された後の再設定時には、Apple IDのパスワード入力が必要となります。
「探す」アプリの使い方については、 なくしたiPod/iPad/iPhoneを探す:iPhoneを「探す」アプリの使い方 をご覧ください。

サードパーティのソフトやアプリを使ってロックを解除する

iPod/iPad/iPhoneのパスコードロックが解除できるとうたっているソフトやアプリがいくつか販売されています。 良心的なソフトやアプリであれば、対価を払って使用する価値があるかもしれません。 ただ、この手のソフトは信頼できないものも多く、購入してもうまくアンロックできなかったり、場合によってはウイルスが仕掛けられていたり、購入時に入力した個人情報が売りさばかれる可能性も否定できません。 もし、このようなソフトやアプリを使用する場合は、事前に中立的な情報サイトなどで、評判を確認してから使用しましょう。
アップル製品の情報サイト appleinsider では PassFab iPhone Unlocker というソフトを紹介しています。

死亡した家族のiPhoneのデータを取り出す

家族が、ロックがかかったままのiPhoneを残して亡くなってしまい、その友人などの連絡先が分からずに困ってしまう場合があります。 基本的には、パスコードロックのパスワードがわからない場合にできることは、iPod/iPad/iPhoneを初期化することのみです。 しかしいくつかの方法で、故人のデータのいくらかを取り戻すことができる可能性があります。 詳しくは下記のページをご覧ください。