• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

アクティベーションロックの解除方法

アクティベーションロックとは

人気のiPhoneを狙った盗難の多発をうけ、iOS7から搭載されたセキュリティ機能の一つです。 iPod/iPad/iPhoneを初めて使用するときに入力されたAppleIDと、そのデバイスの情報がアップル社のサーバー内で紐づけられます。 以降デバイスを復元(初期化)したり、ほかの人のAppleIDで使用する前に、必ず以前のユーザーのAppleIDとパスワードの入力を必要とする機能です。 これによりiPhoneが盗まれて初期化されても、それを他人が使用することはできなくなります。

アクティベーションロックがかかっているかを確認する

iPhone
デバイスを他人から譲り受けたり、中古で購入した場合、それに前のユーザーのアクティベーションロックがかかっていると使用することができません。 iPod/iPad/iPhoneの初期設定作業中に「iPhoneをアクティベートします」画面が表示されることがあります。 この場合、そのデバイスにはアクティベーションロックがかかっています。 過去のiOSでは抜け道があったようですが、現在は、必ず以前のユーザーと連絡を取ってAppleIDとパスワードを入力してもらい、アクティベーションロックを解除してもらう必要があります。 中古のiPod/iPad/iPhoneを購入するときは、事前にアクティベーションロックが解除されているか否かを確認しましょう。 確認方法については iPhone、iPad、iPod touch のアクティベーションロック (アップル) の「デバイスの購入前にアクティベーションロックについて調べておく」で読めます。

アクティベーションロックを有効にする

アクティベーションロックはiCloudの一部として「iPod/iPad/iPhoneを探す」機能に統合されています。 そのデバイスで「探す」機能を有効にするだけでアクティベーションロック状態になります。

あなたのデバイスを紛失した・盗まれたとき

あなたのデバイスを紛失した・盗まれたときは、決してそのデバイスのアクティベーションロックをリモート解除しないでください。 アクティベーションロックされている限り、そのデバイスからあなたの情報が抜き取られることはありません。
盗難にあったときは、犯人が「アクティベーションロックを解除しないと、デバイス内の個人情報を売る」といった脅しを行うことがあります。 しかしそれは嘘です。アクティベーションロックがかかっているなら、犯人はデバイスからあなたの個人情報を読み出すことはできません。

アクティベーションロックを解除する

iPhone
アクティベーションロックを解除する唯一の方法は、元のユーザーのAppleIDとパスワードを入力することです。 アップル製のデバイスを手放すときは、下記の方法で必ずアクティベーションロックを解除しておきましょう。

デバイスが手元にある場合


デバイスが手元にある場合は、デバイス(iCloud)からサインアウトするか、iCloudのメニュー画面から[iPod/iPad/iPhoneを探す]を タッチパネル:OFF(オフ) にするだけでOKです。

デバイスが手元にない場合:リモート解除する


PC
この場合はブラウザで Apple IDを管理:My Apple ID (アップル) 画面にサインインして、その「デバイス」欄に手放したデバイスが残っていたときは、それをクリックして「アカウントから削除」を選びます。
あるいはブラウザで iCloud.comにログイン するか他のiPod/iPad/iPhoneを使って(探す)アプリを開き、 手放したデバイスに対して「iPod/iPad/iPhoneを消去」と「アカウントから削除」を実施します。
この作業は、iPod / iPad / iPhone / Apple Watch / AirPods / Apple TV など、すべてのアップル製のデバイスを手放すときに実施します。

サードパーティアプリを使う


PassFab Activation Unlocker のようなサードパーティによるアクティベーションロックを解除できるソフトがいくつか販売されています。 ただしアップルが許可しているものではないので、突然使えなくなったり、正しく動作しないリスクがあります。

もっとiPhoneを初期化(復元)する方法を知りたい