• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple IDのアカウントがロックされてしまいました!!

iTunes Store / App Store、その他のサービスでApple IDを使用するときに、パスワードを間違えたりすると、 アップルによってApple IDアカウントがロックされる場合があります。 また悪意のある犯罪者から「アカウントがロックされた」というニセモノのフィッシングメールが届く場合があります。 ここでは、その対処方法について解説します。
なお、iPod/iPad/iPhoneに「iPhoneは使用できません」と表示されるパスコードロックのパスワードを忘れてしまった場合の対処については 「iPhoneは使用できません」パスコードロック解除方法をご覧ください。 「iPhoneは使用できません」パスコードロック解除方法

突然「アカウントがロックされた」という通知が届いた場合

ある日突然「アカウントがロックされました」といった内容のSMSメッセージやメールなどが届いた場合は、 まずその通知自体が ニセモノ(フィッシングメール) であることを疑ってください。 あせってメッセージやメールに書かれている手順に従って、IDやパスワードを入力してしまうと、 悪意を持った送信者によって、本当にアカウントがロックされ、登録したiTunesカードやクレジットカードが使われたりします。 メール本文の記述に不自然な表現がないか注意して読み、 メール内のリンクは決してタップせずに、直接ブラウザで 正規のアップルのサイト : My Apple ID (https://appleid.apple.com/jp/) を開いてログインし、本当のアップルからの通知などがないか確かめましょう。 ここで正しくログインできれば、あなたのApple IDはまだロックされていません。
フィッシングメールには決して返信などせずに、削除してしまいましょう。 My Apple ID(アップル) Apple IDでログインできない:乗っ取り/不正使用への対応 Appleを騙るフィッシングメールの例

アカウントがロックされる理由

次のような場合には、アップルによってアカウントがロックされます。
  • パスワード、セキュリティ質問などの入力を何度も間違えた場合
  • 長期間、iTunes Store / App storeやiCloudなど、Apple IDを使用するサービスにログインしていない場合
  • 強度が弱いパスワードを設定している場合
  • その他セキュリティに問題が発生しそうなApple ID

Apple IDがロックされた場合の対処

Apple IDアカウントがロックされた場合は、次のいずれかの方法で対処します。
  • https://iforgot.apple.com/にアクセスして、既存のパスワードでアカウントのロックを解除する
  • セキュリティ質問に答える、またはメール認証を使ってパスワードをリセットする
Apple ID がロックされた場合や使用できなくなった場合(アップル) Apple ID のパスワードを忘れた場合(アップル) パスワードを覚えているときは、https://iforgot.apple.com/からロックを解除するのが簡単です。 パスワードを覚えていないときは、パスワードをリセットします。 これにはさらに次の2つの方法があります。

セキュリティ質問に答える


Apple IDを作るときに入力した3つのうちの2つのセキュリティ質問に答える方法です。 My Apple IDのページから「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックします。 「初めて飛行機で行った場所は?」「子供時代を過ごした町の名前は?」など、セキュリティ質問が表示されるのでこれに答えます。 正しい答えを入力すると、つづいてパスワードの再設定画面になるので、新しいパスワードを2回入力すればOKです。 以降はこの新しいパスワードが使えます。

Apple ID のセキュリティ質問の答えを忘れた場合(アップル)

メール認証を使う


「ロックされています」と表示されている画面から「メールを受け取る」を選択すると、あなたのApple IDとして登録しているメールアドレスに 「Apple ID のパスワードリセットまたはロック解除を行ってください」といったタイトルのメールが届きます。 メール文中の「Apple ID のパスワードをリセット、またはロックを解除 >」をクリックすると https://iforgot.apple.com/の画面が開き、パスワードの再設定画面になるので、新しいパスワードを2回入力すればOKです。

Apple IDが乗っ取られている?
入力したパスワードや誕生日などの情報が正しいはずなのにエラーとなる、 あるいは「パスワードをリセット」するために送信されたはずのリセットメールが届かない場合、 あなたのApple IDが乗っ取り/不正使用されている可能性があります。 至急Apple IDでログインできない:乗っ取り/不正使用への対応のページを参照して、処置してください。 Apple IDでログインできない:乗っ取り/不正使用への対応

今後のために


2ファクタ認証を有効にしておくと、Apple IDが乗っ取られる危険性も低下し、セキュリティ質問も不要になります。

Apple IDに関する質問・サポート

アップル社では、下記の各webサイトで、Apple IDに関する質問・サポートを解説・受け付けています。 Apple ID サポート(アップル) アカウントについて(アップル) My Apple ID(アップル)