• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

オートメーションを設定する | ホームアプリの使い方

ここからがHomeKitの真骨頂。ただリモートで機器をON/OFFするだけでなく、いろいろな条件で機器を自動コントロールすることができます。 それには「オートメーション」という、一種のシナリオを準備します。

オートメーションが無効になってしまう場合

機種変更の時など、iCloudからサインアウトすると、作成したオートメーションが無効(一時停止)になってしまいます。 こんな時はiCloudにサインイン後 (ホーム)アプリ の「オートメーション」画面から「有効」にするか、それでうまくいかないときは一旦そのオートメーションを削除して、作り直します。 iCloudの使い方

オートメーションの設定1:家に帰ったら電灯をつける

まずは、家に帰ったら(iPhoneの位置情報が「自宅」になったら)、スマートコンセントをONにして、そこにつないだ電灯をつけてみます。
iPhone (ホーム)アプリの画面下のメニューから「オートメーション」を選びます。 そして「新規オートメーションを作成」をタップします。
iPhone このような画面になります。 オートメーションを起動するトリガ(きっかけ)を選びます。 ここでは「人が到着」を選択します。
iPhone 「誰が」「どこに」「いつ」を選んでいきます。 今回「場所」は「自宅」に、「時間」は特に指定しないので「任意」としました。 「時間」を「夜間」にすると「日の出」から「日の入り」の間にはアクセサリが動作しないようにできます。 そして「次へ」をタップします。
iPhone つづいてどの機器を操作するかを決めます。 ここではスマートコンセントのOutlet1を操作することにします。 そして「次へ」をタップします。
iPhone 最後に作成したオートメーションの確認画面です。
「このオートメーションをテスト」をタップすると、すぐさま機器が動作します。 アクセサリの名前をタップすると、条件が成立したときに「オン」にするか「オフ」にするかを選べます。 「オフ」の欄をタップすると、一旦オートメーションが有効になって「オン」となったコンセントを、何分後かに自動で「オフ」にすることも指定できます。
設定に問題なければ「完了」をタップします。
iPhone 「オートメーション」が完成しました。 あとは条件が成立すると自動的に機器が動作します。

オートメーションの設定2:暑くなったら扇風機を回す

今度は温湿度計の情報から、気温が25度を超えたらスマートコンセントをONにして、そこにつないだ扇風機を回してみましょう。 残念ながらまだ(ホーム)アプリは Elgato Eve Degree の温湿度情報をトリガにできないので、 ここではElgato の(Elgato Eve)アプリを使います。 「扇風機」というシーンに「暑くなったら運転」というルールを作成します。
  • Elgato Eve

    PC

    Elgato Systems ライフスタイル 無料

    大切な場所だからこそ環境に目配りして、よりスマートに、より快適に暮らしましょう。Eveがあれば、iPhoneやiPadから直接ご自宅の様子を一目で確認できます。 Eveが収集したデータを無料のEve Appで確認したら、HomeKit対応アクセサリを操作して管理しましょう。身の回りのデータを分析して、ご自宅をより効率的で、より快適な生活空間へと進化させましょう。

    詳細を見る(App Store)
iPhone (Elgato Eve)アプリの画面下のメニューから「シーン」を選びます。 そして画面上部で「シーン」「タイマー」「ルール」のどれかを選びます。 ここでは「ルール」を選び「ルールを追加」をタップします。
iPhone このような解説画面が表示されます。 画面右上の「次へ」をタップします。
iPhone まずはトリガ(きっかけ)を選びます。 今回温度を動作のトリガにするので「値のトリガを追加」をタップします。
iPhone つづいてどの値を利用するかを選びます。 ここでは「温度」をタップします。
iPhone Eve Degreeを「オン」にして、トリガの値は「特定」、条件は「>(より大きくなったら)」、そして数値は「25」を指定します。 画面右上の「追加」をタップします。
iPhone このような画面になります。 必要に応じてさらに別のセンサーの「値のトリガ」や、「場所のトリガ」を条件に加えることもできます。 画面右上の「次へ」をタップします。
iPhone このような画面になります。 画面右上の「次へ」をタップします。
iPhone つづいて作成したトリガとその条件を登録するシーンを選びます。 ここでは新しいシーンを作ります。「シーンを追加」をタップします。
iPhone このような画面になります。 「アクションを追加」をタップします。
iPhone 設定した条件が整ったときに実行する「アクション」を選びます。 扇風機を回したいので、「電源」をタップします。
iPhone 扇風機はOutlet1のコンセントに接続することにします。 Outlet1を「オン」にし、画面右上の「追加」をタップします。
iPhone このような画面になります。 画面右上の「次へ」をタップします。
iPhone 作成したシーンにアイコンと名前を付けます。 ここでは「扇風機」にしました。 画面右上の「完了」をタップします。
iPhone このように新しいシーン「扇風機」が登録できました。 画面右上の「次へ」をタップします。
iPhone つづいて作成したルールに名前を付けます。 ここでは「暑くなったら運転」にしました。 画面右上の「完了」をタップします。
iPhone 以上でルールは完成です。 ルール名をタップすると・・・
iPhone ルールの詳細を見ることができます。 ルールが不要となったときは、この画面から「ルールを削除」できます。
iPhone (ホーム)アプリのトップ画面にも作成したシーンが現れます。 これをタップすると直ちに扇風機が回り始めます。