• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

集中モードの使い方:おやすみ中・仕事中・運転中は着信・通知を拒否する

集中モードとは

集中モードとは、おやすみ中・仕事中・運転中などのシチュエーション別に、作業に集中するために、アプリからの通知や電話やメッセージの着信を抑止したり、ホーム画面やロック画面に表示される情報を絞り込むことができる機能です(iOS15以降)。 荷物の配達やタクシーの配車など、通知される時間が重要な通知は、「集中モード」を迂回させて即時に通知させることもできます。
集中モードは、コントロールセンターからタップするだけで有効/無効が切り替えられます。 また、時間、場所、起動するアプリなどをトリガに、自動的に有効/無効を切り替えることもできます。 通知(通知センター) の通知方法を、より細かくコントロールできます。 これは、iOS6.0から搭載された「 おやすみモード 」が機能アップしたものです。 iOS14までのおやすみモードについては下記をご覧ください。

集中モード使い方の基本

集中モードは、以下の手順で使います。
  • 設定するシチュエーションを選びます。シチュエーションは、最初から準備されている「おやすみモード」「パーソナル」「仕事」など9種の中から選ぶか、自分で好きな名前を設定します。
  • 選んだシチュエーションで、通知を許可する人とアプリ、画面の表示方法、有効にするスケジュールなどを設定します。
  • あとは必要な時に必要な集中モードを選んでONにするだけです。 いろいろな条件で、自動的にON/OFFさせることもできます。

シチュエーションを選択する

まずは「おやすみモード」を例にして、集中モードの使い方を説明します。 どのシチュエーションを選んでも、基本的に同じ手順で設定できます。 ただし 睡眠 運転 ゲーム フィットネス マインドフルネス の各シチュエーションは、主にその起動トリガーに特徴があり、他と異なる方法で自動で開始することができます。
iPad iPhone Settings(設定)- (集中モード)画面を開くと、このような画面になります。 初期値として「おやすみモード」「睡眠」「パーソナル」「仕事」の4つのシチュエーションが準備されています。 「おやすみモード」をタップします。
なお、この下にある「デバイス間で共有」を タッチパネル:ON(オン) にすると、同じApple IDでiCloudにサインインしているすべてのデバイスで、設定が共有されます。 例えばiPhoneで集中モードを新規に設定したり、それをオン/オフすると、あなたの持っているiPadでも集中モードがオン/オフされます。
また、この画面の右上にある「+」をタップすると、このリストにないシチュエーションの集中モードを作ることができます。
iPad iPhone 「おやすみモード」を選ぶと、このような画面になります。
一番上の「おやすみモード」で、おやすみモードがオン/オフできます。
通知を許可」欄で、おやすみモードをオンにしているときであっても通知を許可する人とアプリが選べます。
集中モード状況」で、おやすみモードをオンにしているときに通知してきた人に対する、返信方法が指定できます。
ホーム画面」で、おやすみモードをオンにしているときに表示を許可するホーム画面を、ページ単位で指定できます。
ロック画面」で、おやすみモードをオンにしているときのロック画面に関する設定ができます。
自動的にオンにする」欄では、スケジュールを指定したり、場所などの条件で自動的にオンにするような指定ができます。
これらの設定の詳細について、以下で順に説明していきます。

「おやすみモード」と「睡眠」の違い

集中モードのシチュエーションには、「おやすみモード」と「睡眠」という2つのよく似たものが準備されています。 どちらも集中モードの機能 ( 通知を許可する人とアプリの選択、ホーム画面とロック画面の設定 ) は同じです。 しかし「睡眠」では (ヘルスケア) アプリと連携し、睡眠時間の目標と実績を管理することができます。
睡眠時に使用したい場合は「睡眠」を、単にデバイスの使用を一時的に「おやすみ」したいときには「おやすみモード」を使うとよいと思います。

集中モード中に通知を許可する人・アプリを選ぶ

iPad iPhone まずは通知を許可する人・アプリを選びましょう。 「通知を許可」欄の「連絡先>」をタップすると人が、「App>」をタップするとアプリが選べます。
iPad iPhone 「連絡先>」をタップすると、このような画面になります。
「追加+」と書かれている部分をタップすると・・・
iPad iPhone (連絡先)アプリ に登録している人の一覧が表示されます。 許可する人の名前をタップし、画面右上の「完了」をタップすると登録されます。
iPad iPhone 人を追加すると、追加ボタンの下にある「次も許可」欄の「着信」が有効になります。 それをタップするとこのような画面になります。 電話とFaceTimeの着信を許可する範囲を指定できます。
初期値では 電話 FaceTime の「よく使う項目」に登録した人からの着信のみを受けるようになっています。 「すべての人」を選べば、着信についてはおやすみモードのON/OFFにかかわらず、誰からでも常に受けるようになります。
また「繰り返しの着信を許可」を タッチパネル:ON(オン) にすると、同じ人から3分以内に2度目の電話があったときは、誰からの着信であっても通知されるようになります。
iPad iPhone 同様に「App>」をタップして通知を許可するアプリを選びます。
「追加+」と書かれている部分をタップするとインストールしているアプリの一覧がアルファベット順で表示されるので、そこから選びます。
即時通知」を タッチパネル:ON(オン) にすると、「即時通知」(下記)が指定されたアプリであれば、このリストに含まれていなくても通知が届くようになります。
iPad iPhone 各アプリへの「即時通知」の設定は 設定(設定)- 通知(通知) 画面で各アプリの名前をタップして指定します。 ただし、すべてのアプリで「即時通知」が設定できるわけではありません。

集中モードのオプションを設定する

iPad iPhone 集中モードの「オプション」欄で、通知してきた人に対する返信方法、表示を許可するホーム画面、ロック画面が指定できます。 「集中モード状況」をタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 「集中モード状況を共有」を タッチパネル:ON(オン) にすると、あなたに連絡を取ろうとした人に対して、あなたが「集中モード」中のため、返事ができない旨が表示されます。 ただし、相手に表示される内容はアプリによって異なります。 また、この機能に対応していないアプリもあります。
iPad iPhone 「オプション」欄の「ホーム画面」をタップすると、このような画面になります。
通知バッジを非表示」を タッチパネル:ON(オン) にすると、アプリに通知があっても、その数を示す「バッジ」がホーム画面に表示されなくなります。 「バッジ」が気になってアプリを開いてしまうことを避けられます。
ページをカスタマイズ」をタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 集中モードが タッチパネル:ON(オン) になっているときに、表示を許可するホームページを選択することができます。 集中モードをONにしているときに使用しなければならないアプリがある場合は、どこか1つのホームページにまとめておいて、ここでそれを指定します。
iPad iPhone 「オプション」欄の「ロック画面」をタップすると、このような画面になります。 集中モードが タッチパネル:ON(オン) になっているときの、ロック画面に関する設定ができます。
ロック画面を暗くする」を タッチパネル:ON(オン) にすると、 集中モードがオンとなっている間に届く通知は直接通知センターに登録され、ロック画面には何も表示されなくなります(iOS12以降)。 ただし、医療系、ホームセキュリティ系、公共安全系の一部のアプリでは、 設定(設定)- 通知(通知) -[(アプリ名)]の画面で「Allow Critical Alerts」オプションが選べます。 ここをONにすると、集中モード中でも緊急通知のみは通知されるようになります。
ロック画面に表示」を タッチパネル:ON(オン) にすると、集中モードによって抑止された通知が、ロック画面には残されるようになります。

集中モードの起動条件を設定する

iPad iPhone 集中モードの「自動的にオンにする」欄で、集中モードの起動トリガーが指定できます。 (ショートカット)の機能を使って、自動起動が設定できます。
おやすみモードの場合は、初期値として曜日と時間によるスケジュールがセットされています。 時間がかかれているところをタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。
スケジュール」を タッチパネル:ON(オン) にすると、この画面に設定したスケジュールが有効になります。集中モードがスケジュールに従って自動的にON/OFFされます。
時刻」欄で、開始時刻、終了時刻が指定できます。
繰り返し」欄で、スケジュールを実行する曜日が指定できます。
オートメーションを削除」をタップすると、このスケジュールを削除します。
iPad iPhone スケジュールまたはオートメーションを追加」をタップするとこのような画面になります。 大きくは「時刻」「場所」「App」に従った起動トリガーが設定できます。 それぞれをタップして、画面の指示に従っていくと設定完了です。 起動条件には非常に多くの選択肢があり、工夫次第で凝った条件での起動も設定できます。 複数のオートメーションを同時に設定することも可能です。
スマートアクティベーション」の「+」をタップすると、iPod/iPad/iPhoneが自動的に適切と思われるタイミングで集中モードをON/OFFしてくれます。 特に条件などの指定は必要ありません。 ただ、本当にあなたに合ったタイミングで集中モードをON/OFFしてくれるかは、使ってみてのお楽しみです。

集中モードを削除する

iPad iPhone 設定した集中モード(シチュエーション)が不要になったら削除することができます。 各シチュエーションの設定画面の一番下にある「集中モードを削除」をタップすればOKです。 ただし「おやすみモード」だけは削除できません。 OFFにできるのみです。

集中モードをコントロールセンターから起動・終了する

iPad iPhone 集中モードを手動で起動するには、 Control Centerコントロールセンター を使うのが手軽です(iOS7以降)。 「集中モード」アイコンをタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 設定したいシチュエーション名をタップするだけで、その集中モードがON/OFFができます。
シチュエーション名の右端にある をタップすると・・・
iPad iPhone 集中モードの起動方法に条件を付けることができます。 「おやすみモード」の場合は「1時間」「今日の夜まで」「この場所から出発するまで」が選べます(iOS12以降)。 ここで表示される時間/条件メニューは、シチュエーション、カレンダーに登録したスケジュール、連絡先に登録した住所などによって変化します。
「設定」をタップすると Settings(設定)-(集中モード) の各シチュエーションの設定画面が開きます。
iPad iPhone 「おやすみモード」が有効になると、コントロールセンターの一番上(FaceID対応モデル)または時計表示の左横に三日月マークが現れます。 また集中モードのアイコンに、現在有効になっているシチュエーションの名前が表示されます。

「睡眠」集中モードの使い方

iPad iPhone iPhoneまたはApple Watchを使って、日々の睡眠管理ができます(iOS14以降)。
(集中モード)画面で「睡眠」を選ぶと、「 おやすみモード 」と同様に、通知を許可する人やアプリ、ホーム画面、ロック画面の設定ができます。 しかしスケジュール/起動トリガは (ヘルスケア) の「睡眠」の設定に従います。
睡眠の情報は (ヘルスケア) アプリで管理され、毎日の就寝と起床の時刻を記録し、設定した目標睡眠時間と比較し、睡眠分析チャートを表示してくれます。
詳しくは iPhoneとApple Watchで睡眠管理 をご覧ください。

「運転」集中モードの使い方

iPad iPhone (集中モード)画面で「運転」を選ぶと、「 おやすみモード 」と同様に、通知を許可する人やアプリ、ホーム画面、ロック画面の設定ができます。
自動車のBluetoothまたは ハンズフリー機器 に接続していて、iPhoneを手に取らずに操作できるときは、集中モード中でも電話の着信は可能です。
「運転」集中モードの特徴的な機能は「自動返信」と「運転中」メニューです。
iPhone 自動返信」メニューを選ぶと、このような画面になります。 (メッセージ) に対する自動返信メッセージを送信する範囲を指定できます。
ここで自動返信の対象に含まれる人には、「運転」集中モード中には「自動返信メッセージ」が返信されます。 ただし、相手がメッセージに「至急」と付加してきたメッセージは通知されます。
そして画面の下部にある「自動返信メッセージ」欄では、自動返信メッセージの文章が設定できます。 ここをタップすると、任意のメッセージが入力できます。
なお、この画面はiPadシリーズにはありません。設定はiPhoneで行います。
iPhone 運転中」メニューを選ぶと、このような画面になります。 どのように「運転中」集中モードをONにするかを選択できます。
なお、この画面はiPadシリーズにはありません。設定はiPhoneで行います。
iPhone 上の画面で「自動」を選んでおくと、iPhoneが加速度計などから、自動車、電車などの乗り物に乗ったと判断されてしばらく(約5分)すると、自動的に「運転中」集中モードがONになります。 この場合でも「Hey Siri」使ってSiriを呼び出せば、音声でiPhoneを操作できます。
iPhone 「運転中」集中モードがONになっているときに、画面をスワイプしてロックを解除しようとすると「運転中ではありません」ボタンが表示されます。 このボタンをタップすると「運転中」集中モードがOFFになり、iPhoneが普通に使用できるようになります。 または乗物から降りて歩きだしたりすると自動的に「運転中」集中モードがOFFになります。

「ゲーム」集中モードの使い方

iPad iPhone (集中モード)画面で「ゲーム」を選ぶと、「 おやすみモード 」と同様に、通知を許可する人やアプリ、ホーム画面、ロック画面の設定ができます。
「ゲーム」集中モードの特徴的な機能は「ワイヤレスコントローラー」メニューです。
iPad iPhone ワイヤレスコントローラー」メニューを選ぶと、このような画面になります。 「自動的にオンにする」を タッチパネル:ON(オン) にすると、Bluetooth接続の ゲームコントローラ/ゲームグリップ をデバイスに接続すると、「ゲーム」集中モードが自動的にONになります。
また「スマートアクティベーション」を有効にしておくと 「ゲーム」カテゴリのアプリを起動してしばらくすると、「ゲーム」集中モードが自動的にONになります。
iPad iPhone ただし、スマートアクティベーションを使っても「ゲーム」集中モードが自動的にONになるまでにはタイムラグがあるため、ゲームで遊びはじめた直後に通知を受け取って、ゲームを中断させる目に合うことがあります。
自動的にオンにする」欄でゲームアプリを指定しておけば、そのゲームを起動するとすぐに集中モードがONになり、ゲームを閉じるとすぐに集中モードがOFFになるので便利です。 ここには複数のアプリが指定できます。指定したアプリのうちどれか一つを起動すると、集中モードがONになります。

「フィットネス」集中モードの使い方

iPad iPhone (集中モード)画面で「フィットネス」を選ぶと、「 おやすみモード 」と同様に、通知を許可する人やアプリ、ホーム画面、ロック画面の設定ができます。
「フィットネス」集中モードの特徴的な機能は「ワークアウト」メニューです。
iPad iPhone ワークアウト」メニューを選ぶと、このような画面になります。 「自動的にオンにする」を タッチパネル:ON(オン) にすると、AppleWatchの (ワークアウト) アプリと連動します。AppleWatchでワークアウトをスタートすると、「フィットネス」集中モードが自動的にONになります。 そしてワークアウトを終了すると自動的にOFFになります。

「マインドフルネス」集中モードの使い方

iPad iPhone (集中モード)画面で「マインドフルネス」を選ぶと、「 おやすみモード 」と同様に、通知を許可する人やアプリ、ホーム画面、ロック画面の設定ができます。
「マインドフルネス」集中モードの特徴的な機能は「マインドフルネス」メニューです。
iPad iPhone マインドフルネス」メニューを選ぶと、このような画面になります。 「自動的にオンにする」を タッチパネル:ON(オン) にすると、AppleWatchの (マインドフルネス) アプリと連動します。AppleWatchで深呼吸をスタートすると、「マインドフルネス」集中モードが自動的にONになります。 そして深呼吸を終了すると自動的にOFFになります。

オリジナルシチュエーションの集中モードを作る

iPad iPhone 集中モードは、自分で好きな名前を付けたオリジナルのものを作ることができます。 Settings(設定)- (集中モード)画面の右上にある「+」をタップするとウィザードが起動します。
iPad iPhone このような画面になります。 「カスタム」をタップします。
iPad iPhone 最初にアイコンとその色、そして名称を入力します。 入力したら「次へ」をタップします。
iPad iPhone つぎに通知を許可する人を選びます。 「追加+」と書かれている部分をタップすると (連絡先)アプリ に登録している人の一覧が表示されるので、そこから選びます。
iPad iPhone つぎに通知を許可するアプリを選びます。 「追加+」と書かれている部分をタップするとインストールしているアプリの一覧がアルファベット順で表示されるので、そこから選びます。
iPad iPhone 以上で設定完了です。 Settings(設定)- (集中モード)画面に戻ると作成した集中モードが表示されています。
iPad iPhone 作成した集中モードを開くと、このようになっています。 ウィザードでは設定しなかったオプションやスケジュールも設定できます。
ここで「オプション」欄の「名前と外観」をタップすると・・・
iPad iPhone このような画面になります。 最初に入力した、アイコンとその色、そして名称が変更できます。