• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchでリラックス:マインドフルネスアプリの使い方

マインドフルネスメニューを選択する

iPhone Apple Watchを使っていると、時々このような通知が来ます。 こんな時は一休みして「"マインドフルネス"を開く」をタップしましょう。
iPhone マインドフルネスのメニューには「リフレクト」と「呼吸」の2種類があります(watchOS8以降)。
リフレクト」は、 思考をいざなうテーマに短時間だけ集中するためのメニューです。 画面には不思議なパターンのアニメーションが表示されます。
呼吸」は、 作業の手を休めて、深呼吸をするのを手伝ってくれるメニューです。 画面には深呼吸を促すアニメーションが表示されます。

「リフレクト」メニューの使い方

継続時間の調整

iPhone 継続時間は初期値は1分ですが、最大5分に延長することができます。 継続時間を変更するには、メニュー選択画面で (その他) をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「リフレクト」のヒントを読むことができます。 「継続時間」をタップすると・・・
iPhone 継続時間を変更することができます。

リフレクトのスタート

iPhone 「リフレクト」メニューを選択するとこのような画面となります。 リフレクト中に考えるテーマ「お題」が提示されます。 このテーマは毎回異なるものが表示されます。 「開始」をタップします。
iPhone すると「リフレクト」セッションがスタートします。 不思議なパターンのアニメーションを眺めながら、提示されたテーマについて考えてみましょう。
iPhone 終わると現在の心拍数などの情報を表示してくれます。 「完了」をタップして終了してください。

リフレクトの中止

iPhone 「リフレクト」セッションの実施中に、画面を左から右にスワイプすると、「終了」ボタンが現れます。 これをタップすると、いつでも「リフレクト」セッションを中止できます。

「呼吸」メニューの使い方

継続時間の調整

iPhone 継続時間は初期値は1分ですが、最大5分に延長することができます。 継続時間を変更するには、メニュー選択画面で (その他) をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「呼吸」のヒントを読むことができます。 「継続時間」をタップすると・・・
iPhone 継続時間を変更することができます。

呼吸のスタート

iPhone 「呼吸」メニューを選択するとこのような画面となります。 自分の呼吸をアニメーションに合わせていきましょう。
iPhone そして「呼吸」セッションがスタートします。 アニメーションと、Apple Watchの振動で深呼吸を促してくれます。 画面のアニメーションに合わせて、ゆっくりと深呼吸しましょう。
iPhone 終わると現在の心拍数などの情報を表示してくれます。 「完了」をタップして終了してください。

呼吸の中止

iPhone 「呼吸」セッションの実施中に、画面を左から右にスワイプすると、「終了」ボタンが現れます。 これをタップすると、いつでも「呼吸」セッションを中止できます。

マインドフルネスの設定変更と成果の確認

iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-[マインドフルネス]画面で各種設定ができます。
「マインドフルネスリマインダー」欄では、マインドフルネスの実施を促す通知を止めたり、通知する曜日や時間を指定することができます。
深呼吸のスピードは「呼吸の頻度」で指定できます。
「今日は通知を停止」を タッチパネル:ON(オン) にすると、以降、その日はマインドフルネスの実施を促す通知は来なくなります。
iPhone 実践したマインドフルネスの回数は、自動的にiPhoneの (ヘルスケア)アプリの[マインドフルネス]に記録されていきます。 「リフレクト」と「呼吸」の区別なく、両方の実施時間が合計されていきます。

もっとApple Watchのことを知りたい