• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Watchのアラーム・世界時計・ストップウオッチ・タイマー

Apple WatchにもiPhoneや普通のデジタル腕時計同様、アラーム・世界時計・ストップウオッチ・タイマーが搭載されています。 機能や使い方はiPhoneのものとほぼ同じです。 加えてiPhoneで起動したアラーム・タイマーの通知もApple Watchで受け取ることができます。
これら時計機能はApple Watchに内蔵されており、iPhoneとの接続が切れていても使用可能です。

iPhoneとの同期

iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-[時計]画面で、各種設定ができます。
便利なのは「iPhoneからの通知をプッシュ」で、これがONになっていると、iPhoneでスタートしたアラーム、タイマーもApple Watchでコントロールできます。
また、「チャイム」で毎正時に時報を鳴らしたり、「Tapticタイム」で振動で時刻を通知したり、「時刻を読み上げる」で、音声で時刻を読み上げてくれるよう設定できます。 詳しくは Apple Watchで時報を鳴らす、時刻を読み上げさせる方法 のページをご覧ください。

アラーム

iPhone ホーム画面から(アラーム)をタップすると、このような画面になります。 アラームはiPhoneとは同期されません。Apple Watchには独立したアラームが設定できます。 新しいアラームを設定するには「アラームを追加」をタップします。
なお、この画面の一番上にある「睡眠|起床」の部分には、iPhoneの (ヘルスケア) 睡眠管理 で設定した目覚ましアラームが表示されます。 そしてここをタップすると、翌日1日限定で目覚ましの時刻が変更できます。
iPhone 「アラームを追加」をタップすると、このような画面となります。 画面中央の時間、分をタップし、つづいてデジタルクラウンを回すと時刻を設定できます。 そして右下のチェックマークをタップします。
iPhone すると設定完了です。 作成したアラームをタップすると、より詳細な設定を行うことができます。
iPhone アラームをタップすると、このような画面になります。 繰り返しの有無、ラベル(名前)、スヌーズの有無、が指定できます。この辺りはiPhoneと同じですね。 なお、アラームの音色は変更できません。 また、Apple Watchを「消音」モードにすると、アラームも音はならず、振動だけの通知となります。
iPhone アラームはiPhoneと同様に、複数登録して名前を付たり、個別にON/OFFできます。 名前を付けるには、詳細設定画面で「ラベル」をタップして、音声入力します。
iPhone 不要になったアラームは、詳細画面の一番下にある「削除」をタップすれば削除できます。

アラームが鳴らない!?

非常にレアなケースですが、iOSのバグで、設定した時刻になってもアラーム音が鳴らない現象が 報告(appleinsider) されています。 これには以下の2つの回避方法が報告されています。
一つ目の回避方法は、指定した時刻の1分後にもう一つ、追加のアラームを設定する方法です。 例えば05:00:00に鳴らしたい場合は、05:00:00と05:01:00の2つのアラームを登録して、両方ともONにしておきます。 すると05:00:00のアラームが鳴らなくなることはないようです。
二つ目の回避方法は、すでに登録済みのすべてのアラームを削除して、新規に1つだけアラームを登録する方法です。
とても重要なアラームの場合は、これらの回避手段を設定しておきましょう。

世界時計

iPhone ホーム画面から(世界時計)をタップすると世界時計が起動します。 登録済みの都市の時刻が一覧表示されます。
世界時計はiPhoneの設定がそのまま引き継がれます。 都市を追加したいときは、iPhoneで (時計)アプリを起動して追加するのが簡単です。
iPhone 都市の名前をタップすると、詳細を見ることができます。 世界地図の上に都市がプロットされ、日の出、日の入り時刻も知ることができます。 画面を上下にドラッグまたはデジタルクラウンを回すと、登録済みの他の都市の時刻が見られます。
iPhone 都市の時刻一覧を一番下までたどると「都市を追加」ボタンが現れます。 これをタップするとApple Watchでも都市を追加できます。
文字入力
iPhone 上の画面で「都市を追加」ボタンをタップすると、このような画面になります。 Apple Watchでは、音声入力、絵文字、スクリブル(手書き文字入力)などの方法で文字入力することができます。 また、入力した文字を訂正・修正・再入力したり、そばにあるiPhpneで文字入力することもできます。 詳しくは Apple Watchで文字入力する方法 をご覧ください。
iPhone なお、文字盤のコンプリケーションなどに表示される、世界時計の都市名の略称は、iPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[時計]-[都市名の短縮形]で変更できます。

ストップウオッチ

iPhone ホーム画面から(ストップウオッチ)をタップするとストップウオッチが起動します。 使い方はシンプル、「開始」ンをタップするたびにスタート・ストップし、「ラップ」をタップするたびにラップタイムを記録します。 停止中に「リセット」をタップするとリセットします。
ストップウオッチは最大11時間55分まで計測可能です。
iPhone 時計の画面をタップするたびに、表示形式が「デジタル」「アナログ」「グラフ」「ハイブリッド」に切り替わります。 いずれも機能は同じです。
これは「アナログ」です。 右下の緑のボタンでスタート、左下の白いボタンでラップタイム記録、右下の赤いボタンで一時停止します。 一時停止中に白いボタンをタップするとリセットされます。
iPhone 少し変わっているのが「グラフ」デザインです。 ラップタイムが次々とグラフ表示されていきます。 これはスマートウォッチならではの表示です。
iPhone これは「ハイブリッド」です。 画面が少し狭苦しいですが、「デジタル」「アナログ」「グラフ」の要素が詰まっています。

タイマー

iPhone ホーム画面から(タイマー)をタップするとタイマーが起動します。 「1分」「3分」~「2時間」まで、8種類のプリセットタイマーが準備されているので、タップするだけでスタートします。
iPhone よく使うタイマーは、画面の先頭に「履歴」として残ります。 ここから、同じ時間でタイマーを再スタートすることができます。
iPhone タイマー画面を下に向かってスクロールすると、一番上に「カスタム」というボタンがあります。
iPhone 「カスタム」では、好きな時間のタイマーが設定できます。 時、分、秒をタップし、つづいてデジタルクラウンを回すと時刻を設定できます。 そして「開始」をタップすればスタートです。
なお、カスタムタイマーをスタートさせるには、Siriの使用が便利です。 「Hey Siri, タイマー〇分」と話しかけるだけでタイマーがスタートします。 料理中など、両手がふさがっている、汚れているときにもタイマーをスタートさせることができます。
iPhone タイマーは同時に複数スタートさせることができます(watchOS8以降)。 複数動作中にはこのような画面になります。 個別に一時停止/再スタートができます。
iPhone 複数動作中には、画面を右から左にスワイプすると、そのタイマーだけ削除することもできます。

iPhoneで詳細を設定する

iPhone Apple Watchで時計アプリを開いているときに、iPhoneで Appスイッチャー 画面を見ると、画面下に時計アイコンが現れます。 これをタップすると、iPhoneで時計アプリが起動します。
もしこのアイコンが表示されないときは、iPhoneでHandoff(ハンドオフ)の設定が行われていません。 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[Handoffを有効にする]が タッチパネル:ON(オン) になっているか確認してください。 またiPhoneでiCloudの設定を行ってください。

もっとApple Watchのことを知りたい