• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

人工知能 Siriの使い方:iPhoneを音声で操作

Siri(シリ)とは、自然な言葉で語りかけて iPod/iPad/iPhone、AppleTV、HomePod、そして HomeKit対応の家電など を操作できる音声コントロール機能です。 ネット経由でアップル社のサーバーで言語の解析を行い、ただの操作だけでなく、いろいろな質問や問いかけにも答えてくれる、ちょっとした人工知能です (当初は英語、ドイツ語、フランス語から対応。2012年3月8日のiOS5.1から日本語にも対応)。 Siriの言語認識力は非常に高く、これを使えばほとんどキーボード入力は不要になります。 アップルの「Siri」の紹介サイトでは、この機能の紹介・使用例を見ることができます。
ここではiPod/iPad/iPhoneのSiriの使い方を紹介します。

Siri(シリ)の使えるデバイス

Siri機能が使えるのは、iOS5.0以降に対応した
  • iPhone (2011年発売の4S以降)
  • iPod touch (2012年発売の第五世代以降)
  • iPad (2011年発売の第三世代以降、iOS6.0へのアップデートが必要)
  • iPad miniシリーズ全モデル
のみです。 さらに日本語で使用するにはiOS5.1以降にバージョンアップが必要です。 ご注意下さい。 Siriの音声認識技術には、米Nuance社の技術が使用されている事が、 2013年5月のAllThingsDの D11 conferenceにおいてCEOの Paul Ricci 氏にて明らかにされました。

Siriのセットアップ

iPad iPhone Settings(設定)- Siri(Siriと検索) で「“Hey Siri”を聞き取る」または「サイドボタン/トップボタン/ホームボタンを押してSiriを使用」を タッチパネル:ON(オン)にします。
“Hey Siri”を聞き取る」を有効にすると、iPod/iPad/iPhoneに向かって“Hey Siri”と呼びかけるだけでSiriが起動するようになります(iOS8以降)。
「サイドボタン/トップボタン/ホームボタンを押してSiriを使用」を有効にすると、サイドボタン(FaceID対応モデル)/トップボタン(iPadシリーズ)/ホームボタンを長押しするとSiriが起動するようになります。
このような警告が出るので、「Siriを有効にする」をタップします。
iPad iPhone するとこのような設定画面になります。
  • 言語」ではSiriに理解させる言語を指定します。
  • Siriの声」で「女性」/「男性」が選べます(iOS7.1以降)。
  • 自分の情報」では、「連絡先」からあなたの連絡先情報を指定します。Siriが自宅や勤務先の住所や電話番号を参照するのに使用します。
  • ロック中にSiriを許可」を有効にすると、iPhoneが パスコードロック 中でもSiriが起動できるようになります。ただし第三者が言葉でiPhoneを操作して、情報を抜きだされるリスクもあります。セキュリティが気になるときは「オフ」にしておきましょう。
この画面の下のほうに並ぶアプリ一覧では、アプリ別にSiriの使用を許可することができます(iOS10以降)。
iPad iPhone つづいて Settings(設定)- Privacy(プライバシー)-[位置情報サービス] で「Siriと音声入力」を「許可」します(初期値は許可です)。 これを行わないと、(周辺の)「現在の天気」など、位置に関する質問に答えてくれなくなります。

Siriを呼び出す

iPad iPhone サイドボタン/トップボタン/ホームボタン、またはマイク/リモコン搭載ステレオヘッドフォンのボタン を長押しすると、Siriが起動したことを示すアイコンが表示されます(iOS14以降)。iPod/iPad/iPhoneに話しかけるだけです。
Siriを起動させた後、使わないときは、アイコン以外の場所をタップします。
Siriにどんなふうに話しかけたらよいかについては、アップルの 「Siri」の紹介サイト を参照してください。
なお、Siriを有効にすると、各種アプリの文字入力の場面で「音声入力(Dictation)」が使えるようになります。 スペースキーの左に現れる(マイク)キーをタップして話しかけるだけで、どんどん文字入力できます。 歩きながらメールを打つのも簡単ですね。
Siriの応答方法を指定する
iPad iPhone Settings(設定)- Siri(Siriと検索) 画面でSiriの応答をタップするとこのような画面になります(iOS14以降)。
応答の読み上げ」欄ではSiriが声で応答する条件を指定することができます。
Siriキャプションを常に表示」と 「話した内容を常に表示」 を両方 タッチパネル:ON(オン)にすると・・・
iPad iPhone このようにSiriアイコンの上部に、あなたの話しかけた言葉(をSiriが理解した結果)と、Siriの返答が、文字でも表示されるようになります。
iPad iPhone もしSiriがあなたの言葉を聞き間違えたときは、この文字をタップするとキー入力で修正することができます。 また、マイクボタンをタップして言葉で訂正することも可能です。
なお、Siriがスペルミスを検知すると、その下にアンダーラインがつきます。その単語をタップすると候補が表示されるので、そこから正しい単語を選んで修正することもできます。

Siriを声で起動する:Hey Siriのセットアップ

iPad iPhone iPod/iPad/iPhoneに向かって“Hey Siri”と呼びかけると、Siriを声で起動することができます。
Settings(設定)- Siri(Siriと検索) で「“Hey Siri”を聞き取る」を タッチパネル:ON(オン)にします。
ただし2014年以前に発売されたiPhoneでは、この機能を使うにはiPod/iPad/iPhoneが電源に接続されている必要があります。
iPad iPhone するとこのような画面になります。 「続ける」をタップします。
iPad iPhone するとこのような画面になります。 iPod/iPad/iPhoneに向かって“Hey Siri”と呼びかけます。 するとiPod/iPad/iPhoneがあなたの声を覚えます。
iPad iPhone すると次にこのような指示があります。指示通り呼びかけます。 この後も、ユーザーの発声練習もかねて(?)いくつかの呼びかけが指示されます。
iPad iPhone ご苦労様でした。以上で設定は終了です。

Siriにキーボードで問いかける

iPad iPhone Siriに、音声の代わりにキーボード入力で問いかけることができます(iOS11以降)。 キーボードで問いかけるには事前準備が必要です。 設定(設定)-(アクセシビリティ)- Siri(Siri) 画面で「Siriにタイプ入力(Type to Siri)」を タッチパネル:ON(オン)にします。
iPad iPhone 設定後にSiriを起動すると、画面下部にソフトウェアキーボードが表示されます。 ここからキーボード入力します。
スペースキーの左の (マイク)キーをタップすると、音声入力することもできます。
iPad iPhone テキスト入力エリアの左にある「?」マークをタップすると、このような「使用例」を見ることができます。

Siriに名前の発音を教える

自分や家族、友人などの名前の読みかたが難しい場合、またはニックネームなど、名前の「よみがな」とは異なる発音で呼び出したいときは、 Siriのための発音/聞き取り専用の「発音」を指定することができます。
iPad iPhone Siriのための「発音」は「連絡先」アプリで指定します。 (連絡先)で、「発音」を指定したいメンバを選び、右上の「編集」をタップします。
iPad iPhone 画面をスクロールして「フィールドの追加」をタップします。
iPad iPhone 「姓の発音」「名の発音」のフィールドを追加し、それぞれに発音をひらがな/カタカナで入力します。 以降、この人の呼び出しは、指定した発音で可能となります。

Siriの音量(ボリューム)について

Siriは、iPhoneのシステムボリュームとは別に、独自のボリューム設定を持っています。 Siri起動中にボリュームボタンを押して音量を変えると、それはSiri独自の設定として保存されます。

Siriでコントロール

それではSiriにいろいろ尋ねて、iPhoneをコントロールしてみましょう。 言語設定が「英語」と「日本語」では、回答内容も変わってきます。 ここでは「英語」「日本語」両方で試してみました。
iPhone iPhone まずは時間を尋ねてみましょう。
“時間は? (What time is it now ?)”と語りかけるとこの通りです。
iPhone iPhone つづいて予定を確認してみましょう。
“今日の予定は?(What is today's schedule ?)”と語りかけるとこの通りです。
カレンダーとその予定を表示してくれます。
Siriが画面に何らかの情報を表示したときは、それをタップすると関連アプリが起動します。 この場合はカレンダーアプリが起動します。
iPhone iPhone 次は天気と天気予報です。
“今日の天気は?(How is the weather today ?)”と語りかけると、現在位置の今日の天気を表示してくれます。
iPhone iPhone アップルの、Siriの発表時のデモでやっていたフレーズです。
「今日レインコートは必要?」と語りかけるとこの通り、降水確率を参照して回答してくれます。
iPhone iPhone つづいてSiriの発表時に、米アップルのSiri紹介ページでデモしていた例です。
「周辺の交通混雑は?」の質問に対しては、マップアプリの「交通情報を表示」機能で答えてくれます。 しかし日本では「交通情報」が正しく表示できないようです。
iPhone iPhone 同じく米アップルのSiri紹介ページでデモしていた例です。
タイマーのセットです。 デモの例では“30分”でしたが、ここでは「タイマーを3分にセットして」と指示してみました。 「タイマー3分」だけでもOKです。
ちなみにタイマーのカウント終了時は普通にアラームが鳴るだけで、Siriはなにもしゃべってくれません。
iPhone iPhone つづいてEメールのチェックです。 “メールをチェック(Check email)”と命令すると、新着メールの情報を教えてくれます。 件数やタイトルの報告だけでなく、内容の読み上げや返信を行うかについても尋ねてくれるので、答えていくだけで処理できます。
単に“メール”だけだと、新規メールの作成指示となります。 宛先や内容を聞いてくるので、順次答えるだけでメールが送れます。
iPhone iPhone 今度はメッセージ(iMessage)のチェックです。 “メッセージをチェック(Check message)”と命令すると、メール同様新着メッセージの情報を教えてくれます。
iPhone iPhone 次は音楽の演奏です。 プレイリスト名を指定して、それを演奏させてみました。 “ストップ”と言うと、演奏が停止します。 初期のSiriはアーティストの名前を正しく認識できませんでしたが、今では日本語モードでもしっかりと理解してくれます。

Siriを上手に使うためのヒント

  • Siriはあなたが今使用しているアプリを理解しています。たとえばメールを読んでいる最中なら、“返信, .....”と話しかけるだけで、そのメールの送り主に返信してくれます。
  • Siriは、あなたやその友人、家族の情報を(連絡先)アプリから読み出します。 たとえば「連絡先」アプリの「自分のカード」に「父」「母」「兄妹」「姉妹」などの「関係と名前を追加」しておけば、例えば“お母さんに電話”と言うだけで「母」欄の「連絡先」に電話を掛けてくれます。
  • Siriに出した指示を中止するには“Cancel”と話しかけるか、マイクボタンまたはサイドボタン/ホームボタンを押します。
  • Siriが掛けようとしている電話を中止するには、電話アプリ起動前ならサイドボタン/ホームボタンを押します。電話アプリ起動後なら「終了」をタップします。

教えて!Siri

ここからがSiriの真骨頂。Siriは考える驚異のナレッジ検索エンジン:Wolfram|Alphaと連携して動作します。 統計、数式、その他論理的な質問をすると解析して図示、解説してくれます。(残念ながら日本語では対応していない様子)
iPhone iPhone まずは計算です。25掛ける54を計算してもらいました。
発音は“にじゅご かける ごじゅうよん(Calculate twenty-five by fifty-four)”でOKです。
過去は日本語での数式はほとんど認識してくれませんでしたが、最近は認識精度が向上したようです。
iPhone iPhone つづいて日本の人口を質問してみました。 初期のSiriはWolfram|Alphaから情報を取得してくれましたが、最近はWikipediaにアクセスするようです。
iPhone iPhone 次は日本の総理大臣の名前です。 こちらも初期のSiriはWolfram|Alphaから情報を取得してくれましたが、最近はWeb検索されるのみです。
iPhone iPhone 地球から月までの距離です。 英語ではWolfram|Alphaから詳細な情報を取得してくれます。
日本語ではWeb検索されるのみです。
iPhone iPhone 「世界一の携帯電話はどれですか?」と尋ねると「今その手にお持ちの電話です」との答え。 何度も尋ねると、違ったリアクションが返ってきます。
iPhone iPhone 「あなたは誰?」と尋ねてみました。 何度も尋ねると、違ったリアクションが返ってきます。
iPhone 最後に、初期のSiriにあった有名なイースターエッグ(隠し機能)、映画「2001年宇宙の旅」の1シーンの再現です。 iPhoneのSiriが、劇中のスーパーコンピューター「HAL9000」に重なります。
ただ、現在のSiriは皮肉を返してくるのみです。
このあと調子に乗ってスタートレックもやってみました。「転送!(Energize)」と叫んで見るも、Siriの返事は冷たく「Energizeの意味がわかりません」でした。

Siri関連ニュース&リンク集

2012年09月 iOS6.0発表後の記事
Siriちゃんと家族になった日 - iOS 6のSiriと楽しく暮らすコツ(マイナビ)
iOS 6で機能が強化された「Siri」を試す - 認識可能な命令が増えた!(マイナビ)
iOS 6で変わった「Siri」を試す - 「ジャイアンツ」のことを聞くとサンフランシスコのほうを答えちゃうお茶目な一面も?(マイナビ)
「iOS 6」を使ってみて気付いた、いくつかのポイント - 電話、Siri、メール編(マイナビ)
iOS 6「Siri」レストラン情報/ローカル検索/道順が10月に日本対応(ASCII.jp)
アップル、iOS 6提供開始。新マップやSiri機能向上など-Facebook統合や楽曲アラーム対応など新機能200以上(AVWatch)
「iOS 6」の日本ですぐには使えない機能一覧 マップの渋滞状況やSiriでのローカル検索など(ITMedia)
進化したSiriやマップ:iPhone 5のアプリたち (WIRED.jp)(日経PC)
iPhone 5のSiriでローカル検索やルート案内、レストラン検索が可能に(週アス+)
2012年03月 iOS5.1発表/日本語対応時の記事
アップル、iOS 5.1を公開。Siriの日本語対応など-フォトストリームからの削除やTV/映画音声最適化も(AVWatch)
iOS 5.1リリース バッテリ関連バグ修正、フォトストリームの画像削除が可能に(ITMedia)
「iOS 5.1」公開、Siriの日本語対応など(ケータイWatch)
「ご用件は何でしょう?」--iOS 5.1で音声アシスタント「Siri」日本語対応(CNETJapan)
速攻で日本語版「Siri」に告白してみた(ITMedia)
iOS 5.1のSiriタソと会話したら、翻弄されてしもうた(週アス+)
日本語対応した「Siri」でオトナの限界に挑む!(ASCII.jp)
日本語版「Siri」の一歩進んだ活用法を考える(ASCII.jp)
なんだかかわいいぞ! Siriに歌わせてみた動画(ねとらぼ)
厳選質問で性格診断、「Siri」は仕事好きでかわいくて愛も語れる人だった(マイナビ)
音声アシスタント「Siri」日本語版の仕組みから使い方、注意点まで教えます(マイナビ)
アップル、「Siri」がCMのように動作しないと訴えられる(CNETJapan)
iPhoneに話してばかり…iOS 5.1の「日本語版Siri」を使うコツ(日経トレンディ)
Siriさんと上手に付き合う方法(日経PCオンライン)
「Siri」日本語版にできない地図検索、ひと工夫でルート案内を可能に(マイナビ)
アップル「iOS 5.1」~目玉は、Siriの日本語対応とバッテリ駆動時間の向上(PCWatch)
2011年10月 iPhone 4S発表時の記事
Siri誕生の逸話--開花した“強い人工知能”競争の行方(CNETJapan)
音声アシスタント機能「Siri」を試す - iPhone 4Sオンリー機能の実力は?(マイコミジャーナル)
iPhone 4S搭載の「Siri」が切り開くUIの新境地(日経トレンディ)
英語が苦手でも楽しめるiPhone 4S「Siri」の使い方--1ワードから始める入門編(CNETJapan)
新iPhoneの『Siri』:賢い答えの数々(日経PCオンライン)
iPhone 4Sで話題の「Siri」、その機能を読み解く(ASCII.jp)
アップル、パーソナルアシスタントアプリ「Siri」を披露--話しかけるだけでコマンド実行(CNETJapan)
iPhone 4Sの隠し球機能「Siri」とは?(PCWatch)
Googleキラー、WolframAlphaが支えるiPhone 4S「Siri」(ASCII.jp)
Siriは特殊赤外線LEDセンサーでスタンバイ――iFixitが解明(ITMedia News)
英語が苦手でも楽しめるiPhone 4S「Siri」の使い方--実用編(CNETJapan)