• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

他人のAirTag(忘れ物)を見つけたときの対処方法

AirTag(エアタグ) とは、なくし物を発見したり、置き忘れを防止できる、アップル純正のBluetoothタグ/紛失防止タグです。
もし、誰かの忘れ物などから、他人のAirTagを見つけたら、その情報を読み出して、持ち主に連絡してあげることができます。 ここでは、このような場合の対処方法を解説します。
なお、AirTagに関する基本的な説明については Apple AirTag(エアタグ)の使い方 : なくし物を発見/置き忘れ防止 のページをご覧ください。
iPhone 他人のAirTagを見つけたときは、そのAirTag本体をタップしてスリープから復帰させたうえで、AirTagの白い面を、スマホのNFCチップ搭載部分(iPhoneの場合は裏面上部中央)に近づけます。 するとこのような「“found.apple.com”をSafariで開く」と書かれたバナーが表示されるので、これをタップします。 (バナーの表示には、時間がかかる場合があります)
なお、iPhoneの場合、NFCチップを搭載しているのは、電子マネーの ApplePay に対応した、2014年以降に発売されたiPhoneシリーズ( iPhone6/6Plus 以降)です。 iPadシリーズにはNFCチップは搭載されていません。
iPhone するとブラウザが起動して、そのAirTagに関する情報が表示されます。 AirTagのシリアル番号を読むことができます。 持ち主と連絡が取れたら、お互いにこのシリアル番号を照合することで、本当にその持ち主のAirTagが、見つけた人の手元にあることが確認できます。
iPhone そのAirTagが「 紛失モード 」に設定されていたときは、このような画面になります。 AirTagのシリアル番号、所有者が「紛失モード」設定時に入力した連絡先電話番号、そしてメッセージを読むことができます。
電話番号をタップすると、その番号に発信することができます。 所有者に、忘れ物を見つけたことを連絡してあげましょう。
「無効にする手順」をタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 もし、あなたの現在位置が、そのAirTagを使って他人から故意に追跡されていると考えられるときは、表示される手順に従います。
iPhone 上の画面で「シリアル番号を保存する」をタップすると、このような画面になります。 iOS標準のシェアシートが開き、シリアル番号をテキストデータとして、メールやメッセージで送付したり、メモに保存したりできます。
なお、AirTagを「紛失モード」に設定する方法については、 近くにAirTagが見つからないとき/紛失モードの使い方 をご覧ください。