• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

近くにAirTag(持ち物)が見つからないとき/紛失モードの使い方

AirTag(エアタグ) とは、なくし物を発見したり、置き忘れを防止できる、アップル純正のBluetoothタグ/紛失防止タグです。
遠くにAirTagを置き忘れた、または盗難された場合は、他のiPhoneユーザーがそのAirTagのそばを通ったときに、その位置情報が通知されます(Find My network)。 また、そのAirTagを「紛失モード」にすると、 なくしたAirTagを見つけたユーザーが、そのAirTagの持ち主の連絡先を確認して、メッセージや電話で知らせることも可能です。
ここでは、このような場合の対処方法を解説します。
なお、AirTagに関する基本的な説明については Apple AirTag(エアタグ)の使い方 : なくし物を発見/置き忘れ防止 のページをご覧ください。

AirTag(を取り付けた持ち物)を失くしてしまったとき

iPad iPhone (探す) アプリを開き、画面下の 持ち物を探す(持ち物を探す) アイコンをタップします。そして持ち物一覧から、対象となるAirTagの名前をタップします。
iPad iPhone するとこのように、そのAirTagの詳細画面が表示されます。
iPod/iPad/iPhoneとAirTagのBluetooth通信が切れると、「通知」欄の「検出時に通知」が選択できるようになります。 AirTag(を取り付けた持ち物)を失くしてしまったら、まずはこれを タッチパネル:ON(オン) にしましょう。 これで、そのAirTagの位置情報が確定したときにあなたのiPhoneに通知が届き、マップ上で位置を確認することができます。

「紛失モード」を有効にする方法

iPad iPhone 他のiPhoneユーザーが、あなたの忘れ物(AirTag)を見つけたときに連絡してほしいときは「紛失モード」を有効にします。 すると、見つけた人にあなたの連絡先電話番号を知らせることができます。 「紛失モード」欄の「有効にする」をタップします。
iPad iPhone すると「紛失モード」の説明が表示されます。 「続ける」をタップします。
iPad iPhone つづいてあなたの連絡先電話番号を入力します。 電話番号を知られたくない/電話の代わりにメールで連絡が欲しいときは「メールアドレスを使用」をタップします。
iPad iPhone 上の画面で「メールアドレスを使用」をタップすると、このような画面になります。 あなたのApple IDとして使用しているメールアドレスがセットされています。 必要に応じて変更してください。
現在使っているメールサービスで、一時使用するエイリアス(別名)アドレスを作ったり、 使い捨てメールアドレスサービスを使うのも良いでしょう。
入力したら画面右上の「次へ」をタップします。
iPad iPhone 最終確認画面になります。 「紛失モード」指定時には、規定値として「検出時に通知」が タッチパネル:ON(オン) になります。不要なら タッチパネル:OFF(オフ) にすることも可能です。
見つけてくれた人に通知されるメッセージは現在は固定のようです。 将来変更可能になるかもしれません。
問題なければ画面右上の「有効にする」をタップします。
iPad iPhone 以上で「紛失モード」の設定は完了です。
なお、誰かの忘れ物(AirTag)を見つけたときの対応については、 他人のAirTag(忘れ物)を見つけたときの対処方法 をご覧ください。

失くしたAirTagのシリアル番号を確認する

iPad iPhone 失くしたAirTagを誰かに見つけてもらったとき、持ち主と見つけた人をつなぐ唯一の確証がAirTagのシリアル番号です。 お互いにAirTagのシリアル番号を照合することで、本当にその持ち主のAirTagが、見つけた人の手元にあることが確認できます。
失くしたAirTagのシリアル番号を確認するには、そのAirTagの詳細画面を開きます。 そして一番上の、アイテム名が表示されているところをタップすると、そのAirTagのシリアル番号とファームウェアバージョンを確認することができます。
見つけてもらったAirTagは廃棄するべきか?
一度ほかの人に見つけてもらったAirTagは、返してもらうときに、そのシリアル番号と、あなたの名前や連絡先などの個人情報が結び付けられることになります。 セキュリティを重視する場合は、一度失くして見つけてもらったAirTagは廃棄するべきかもしれません。

失くしたAirTagが見つかったとき

iPad iPhone 「検出時に通知」を有効にしているAirTagが、他人のiPhoneとすれ違って、位置が確認できると、iPod/iPad/iPhoneにこのような通知が届きます。 この通知をタップすると・・・
iPad iPhone (探す)アプリ が開いて地図上にAirTagの位置が表示されます。 また、アイテム名の下には、発見されたAirTagの住所が表示されます。 ただし、この住所は若干現実とズレることがあります。

「紛失モード」をオフにする方法

iPad iPhone AirTag(を取り付けた持ち物)が見つかって、無事あなたのiPhoneのBluetooth通信範囲に戻ってきても、「紛失モード」は自動的に タッチパネル:OFF(オフ) にはなりません。 タッチパネル:OFF(オフ) にしたいときは、意図的に操作を行う必要があります。
(探す) アプリを開き、画面下の 持ち物を探す(持ち物を探す) アイコンをタップします。そして持ち物一覧から、対象となるAirTagの名前をタップします。
iPad iPhone 上の画面で「紛失モード」欄の「有効」をタップすると、このような画面になります。 「紛失モードをオフにする」をタップすると タッチパネル:OFF(オフ) にできます。