• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

VPNの設定:Macの場合

ここではMacパソコンからのVPN接続の方法を紹介します。 自宅に設置したQNAP NASへの接続を例に解説します。
なお、QNAP NASの使い方全般についてはQNAP NASの使い方をご覧ください。

VPNの設定:Macの場合

PC アップルメニューから[システム環境設定]-[ネットワーク]を選びます。
PC するとこのような画面となります。 「インターフェース」欄は「VPN」、「VPNタイプ」欄は、QNAP NASの場合は「PPTP」を選びます。 「サービス名」にはわかりやすい任意の名前を付けます。 そして画面右下の「作成」をクリックします。
PC このような画面となります。 「サーバアドレス」欄には、VPNサーバのアドレスを指定します。 QNAP NASの場合は、「QNAP NASインターネットアドレス」を入力します。「(デバイス名).myqnapcloud.com」となります。 「アカウント名」欄には、そのNASに設定した、いずれかのユーザー名を入力します。 そして画面中央の「認証設定」をクリックします。
PC 「パスワード」欄に、さきほどの「アカウント名」欄に入力したユーザー名に対応するパスワードを入力して「OK」をクリックします。
PC VPN接続をよく使う場合は、「メニューバーにVPNの状況を表示」にもチェックを入れましょう。 そしてこの右にある「詳細」をクリックします。
PC すべての通信をVPNサーバ経由としたいときは「オプション」タブで「すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信」にチェックを入れて「OK」をクリックします。 これをしないと、VPNで接続した自宅のファイルサーバに接続できません。
PC もし「すべてのトラフィックをVPN接続経由で送信」をしない場合は、 画面左下の設定アイコンをクリックし「サービスの順序を設定」をクリックし、 VPN サービスをリストの最上位に移動しておきましょう。 これをしないと、各サービスごとに、そのポートは「サービスの順序」リストの順序で検索されます。
PC 最後に画面右下の「適用」をクリックすれば設定終了です。
同じ画面の中央にある「接続」をクリックすると接続されます。 VPN接続に成功すると「状況:」欄が「接続済み」になります。
たとえば 筑波大学学術実験プロジェクト:VPN Gate のトップページをアクセスしてあなたのIPアドレスを確認してみてください。 VPN接続前と接続後ではIPアドレスが変わっているのが確認できます。
PC 「メニューバーにVPNの状況を表示」を設定したなら、今後はメニューバーのVPNの状況アイコンから、すぐにVPNの接続/切断ができます。
つついて以下のページもご参照ください。