スクリーンタイムの使い方:子供のスマホアプリ使用に制限をかける

iOS12から搭載されたスクリーンタイムとは、iPad/iPhoneをどの程度の頻度で使用しているか、よく使用するアプリは何か、持ち上げた回数、各アプリからの通知の数、などの統計を取ってくれて、 スマートフォンの使い過ぎを減らすのに役立つ情報を提供してくれる機能です。 またカテゴリ別/アプリ別に、1日あたりのアプリの使用時間を制限することが可能です。 さらに自分だけでなく、家族のスマートフォンの使い過ぎも制限することができます。
ここではiPod/iPad/iPhoneのスクリーンタイムの使い方を紹介します。

統計情報を確認する

iPhone iOS12以降にバージョンアップをしていれば、統計情報は自動的に採取されています。 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開くと、あなたの本日のiPod/iPad/iPhoneの使用状況が表示されます。 一番上にあるデバイス名をタップすると・・・
iPhone そのデバイスの詳細な使用状況が表示されます。 画面の一番上で「今日」「過去7日」を切り替えることができます。 画面の中央部にはカテゴリ別の使用時間がグラフ表示されます。 その下にはアプリ別の使用時間が表示されます。 画面をスクロールさせると・・・
iPhone iPod/iPad/iPhoneを持ち上げた回数、各アプリから通知が届いた回数、アプリ別の通知の数が表示されます。

スクリーンタイムをオフにする

iPhone 統計情報の自動採取をやめたいときは、 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き、一番下にある「スクリーンタイムをオフにする」をタップします。

アプリの使用制限をかける

アプリ別に、1日あたりのアプリの使用時間を制限することが可能です。 これを設定すると、対象アプリの使用中に、制限時間の5分前になるとその旨が通知され、そこで15分の延長を選択するか、またはその日に限り制限を解除するかを選択可能です。 また制限時間を過ぎると、そのアプリのアイコンはホーム画面でグレーアウトされ、許可された時間まで操作できなくなります。
iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き、デバイス名をタップし、そのデバイスの詳細画面を表示させます。 「よく使われたもの」欄から、使用制限をかけたいアプリを選択します。
iPhone そのアプリ単独の使用状況がグラフ表示されます。 アプリ別に使用制限をかけるには、画面下にある「制限を追加」をタップします。
iPhone このような画面になります。 1日当たりに許可する使用時間を指定した後、画面右上の「追加」をタップすれば完了です。
画面下の「Appを編集」をタップすると、ここで設定した使用制限を別のアプリにも適用することができます。
iPhone インストール済みアプリの一覧が表示されるので、同じ使用制限をかけたいアプリを選択し、右上の「追加」をタップすればOKです。

アプリからの通知方法を変更する

iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き、デバイス名をタップし、そのデバイスの詳細画面を表示させます。 「通知」欄から、通知方法を変更したいアプリを選択します。
iPhone 通知(通知)画面が開きます。 通知を許可するか否か、通知の表示方法、サウンド、バッジ表示など、詳細を設定することができます。 通知の設定変更の詳細については アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方をご覧ください。 アプリからの通知の設定変更:通知センターの使い方

休止時間を設定する

例えば夜から翌朝までの就寝時間中など、開始時間と終了時間を指定して、アプリを操作できなくする時間を設定することができます。
iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き「休止時間」をタップします。
iPhone 「休止時間」を タッチパネル:ON(オン) にすると、「開始」と「終了」の時間が選べます。 時間表示欄をタップし、時間を入力すれば設定完了です。
iPhone 休止時間になると、このようにアプリのアイコンがグレーアウトされ、許可された時間まで操作できなくなります。

常に使用を許可するアプリを選択する

「休止時間」中にも使用を許可するアプリが指定できます。初期設定では電話、メッセージ、FaceTime、マップが選ばれています。
iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き「常に許可」をタップします。
iPhone インストール済みアプリの一覧が表示されます。「許可されたApp」欄に表示されているアプリのみが「休止時間」中にも使用できます。
をタップすると「削除」ボタンが表示され、この「削除」ボタンをタップすると、そのアプリが「許可されたApp」一覧から削除されます。
をタップすると、そのアプリが「許可されたApp」一覧に追加されます。

カテゴリ別にアプリ使用時間の制限を設定する

カテゴリ別に、1日あたりのアプリの使用時間を制限することが可能です。 対象アプリの使用中、制限時間の5分前になるとその旨が通知され、そこで15分の延長を選択するか、またはその日に限り制限を解除するかを選択可能です。 また制限時間を過ぎると、そのアプリのアイコンはホーム画面から消え、翌日まで操作できなくなります。
iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き「App使用時間の制限」をタップします。
iPhone 「制限を追加」をタップします。
iPhone アプリカテゴリ一覧が表示されます。制限をかけたいカテゴリを選び、右上の「追加」をタップします。
iPhone この画面で、そのカテゴリに含まれるアプリの、1日当たりの総使用時間を指定します。
なお、画面下の「Appを編集」をタップすると、ここで設定した使用制限を別のカテゴリのアプリにも適用することができます。 ふたたびアプリカテゴリ一覧が表示されるので、同じ制限をかけたいカテゴリを選択し、右上の「追加」をタップすればOKです。
iPhone 逆に使用制限を解除したい場合は、この画面で「制限を解除」をタップします。 するとこのように確認画面が表示され、再度「制限を解除」をタップすると解除されます。

コンテンツとプライバシーの制限

iTunes・App Storeからの購入、Walletへのアクセス、 特定の音楽・ポッドキャスト・ニュースへのアクセス制限、ムービー・TV番組の年齢制限、 アクセス許可・禁止するWebサイトの設定、 ゲームアプリの画面録画、マルチプレイヤーゲームの操作、友達の追加、 などを制限可能です。 (これはiOS11以前では別のメニュー([設定]-[一般]-[機能制限])に存在していた機能です。)
iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。
iPhone 「コンテンツとプライバシーの制限」を タッチパネル:ON(オン) にします。 そして各項目をタップすると、細かく各機能の許可/禁止を指定できます。
iPhone 例えば「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップするとこのような画面になります。 アプリのインストール・削除や、アプリ内課金の使用に制限を加えることができます。
iPhone また「許可されたApp」をタップするとこのような画面になります。 任意のアプリの使用に制限を加えることができます。
iPhone また「コンテンツ制限」をタップするとこのような画面になります。 映画、テレビ番組、アプリの対象年齢による制限をかけたり、音楽やブック、Webサイトで不適切なコンテンツを禁止することができます。

家族・お子様のスクリーンタイムを管理する

iCloudファミリー共有」機能を使って「ファミリー共有」メンバに登録している家族であれば、その人のiPod/iPad/iPhoneのスクリーンタイム機能を、ファミリー共有の「管理者」が管理することができます。 いつでもお子様のゲームやアプリの使用時間などをリモートで制限することができます。 音楽・アプリを家族で共有:iCloudファミリー共有の使い方
iPhone 設定(設定)-スクリーンタイム(スクリーンタイム) を開き「ファミリー」欄に表示されている「ファミリー共有」メンバの名前をタップします。
iPhone するとそのメンバーの「スクリーンタイム」画面が開きます。 自分のスクリーンタイム同様、使用状況の統計を確認したり、カテゴリ別/アプリ別に、1日あたりのアプリの使用時間を制限することが可能です。
有害サイトのフィルタリングを行うときは、Safariを「オフ」にします。 また、他のブラウザアプリもインストールできないように、インストールも「オフ」にします。
位置情報を常に監視したいときは「位置情報」で、 「位置情報サービス」を「オン」にしたうえで、「変更を許可しない」にします。 また「iPhoneを探す」を「オン」にしておきましょう。
音楽や動画、アプリの年齢制限を有効にしたいときは、「コンテンツの許可」欄で、 「音楽とPodcast」「ムービー」「テレビ番組」「App」それぞれに設定することができます。 また「App内での購入」を「オフ」にすれば、ゲームアプリ内でのアイテム購入などを抑止することができます。 iPhoneを子供、家族向けに設定する:AppleID、有害サイトフィルタ、機能制限