• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

VPNの設定:Windows7の場合

ここではWindows7パソコンからのVPN接続の方法を紹介します。 自宅に設置したQNAP NASへの接続を例に解説します。
なお、QNAP NASの使い方全般についてはQNAP NASの使い方をご覧ください。

VPNの設定:Windows7の場合

初回の接続設定


PC 「コントロールパネル」-「ネットワークとインターネット」-「ネットワークと共有センター」画面を開きます。 するとこのような画面になります。
「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。
PC 「職場に接続します」を選んで、画面右下の「次へ」をクリックします。 自宅のVPNサーバに接続する場合も「職場に接続」です。
PC 「インターネット接続(VPN)を使用します」をクリックします。
PC 「インターネットアドレス」欄には、VPNサーバのアドレスを指定します。 QNAP NASの場合は、「QNAP NASインターネットアドレス」を入力します。「(デバイス名).myqnapcloud.com」となります。
「接続先の名前」欄は接続を区別するための名前を入れます。初期値は「VPN 接続」となっています。 たとえば「(デバイス名)へのVPN接続」など、わかりやすい名前に変更してもかまいません。
画面右下の「次へ」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 「ユーザー名」「パスワード」欄には、事前準備でQNAP NAS側でVPN接続を許可したユーザーの「ユーザー名」「パスワード」を入力します。
PC すると接続処理が始まります。
PC このような画面になると接続完了です。 たとえば 筑波大学学術実験プロジェクト:VPN Gate のトップページをアクセスしてあなたのIPアドレスを確認してみてください。 VPN接続前と接続後ではIPアドレスが変わっているのが確認できます。
ここでエラーとなってしまった場合は、 「インターネットアドレス」「ユーザー名」「パスワード」に間違いがないか確認してみてください。 またパソコンを再起動してみるとつながる場合もあります。 パソコンを再起動したら、下記の「2回目以降の接続」から手続してみてください。
PC VPNの切断
画面右下のネットワークアイコンをクリックするとこのような画面になります。 「VPN接続」をクリックすると表示される「切断」をクリックすれば切断されます。

2回目以降の接続


PC 画面右下のネットワークアイコンをクリックするとこのような画面になります。 「VPN接続」をクリックすると表示される「接続」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 「ユーザー名」「パスワード」欄には、事前準備でQNAP NAS側でVPN接続を許可したユーザーの「ユーザー名」「パスワード」を入力します。
PC すると接続処理が始まります。 このような画面が表示され、そして消えると接続完了です。
つづいて以下のページもご参照ください。