• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

パソコンをリモート起動する:Wake on LAN(WOL)の設定方法

ここでは、Windowsパソコンをリモート起動する方法を解説します。 外出先から自宅のパソコンをリモートデスクトップ操作する方法のページも合わせてご覧ください。

Wake on LAN(WOL)設定の基本

パソコンをリモートで起動するには、そのパソコンで事前の準備が必要です。 一般に“Wake On LAN(WOL)”(LANからの起動)と呼ばれる方法を利用して、 そのパソコンのLANポートに対して「マジックパケット」と呼ばれるデータを送信する事によって起動します。 最近のパソコンではほとんどが“Wake On LAN(WOL)”に対応しています。
パソコンをリモート起動するには の3つの設定が必要です。また
  • パソコンはLANケーブルで有線LANに接続している必要があります
    (パソコンが“Wake-On-Wireless-LAN”をサポートしていれば、無線LAN経由でも起動できます)
  • パソコンはAC電源に接続されている必要があります
    (バッテリだけでは起動できない場合があります)
  • ノートパソコンの場合、ふた(ディスプレイ)が閉じていると起動しない場合があります
  • パソコンは、直前に正常にシャットダウンされている必要があります
    (強制的に電源を切った直後は起動できない場合があります)
などの条件を満たす必要があります。 また、パソコンに接続されている電源、周辺機器や、BIOS、OSの設定(起動時パスワード)等によってはうまくリモート起動できない場合もあります。 Waking a Computer(iTeleport) iPod/iPad/iPhoneでNASを使う

外出先からのリモート起動

外出先から自宅パソコンをリモート起動するには、次のような方法があります。
  • Homebridgeサーバーを作り(ホーム)アプリから起動する
  • 高機能ルーターの設定画面からWOLパケットを送信する
  • VPNで自宅のLANに入り込む

Homebridgeサーバーを作る


一番準備が面倒ですが、一度準備が終われば、一番手軽にリモート起動できます。 コントロールはiCloud経由で行うので、自宅のDDNSやポートの設定も不要。下記2つの場合に比べ利用できるシーンは広いと思います。 iPod/iPad/iPhoneから (ホーム)アプリを開いて、対象デバイスのスイッチをタップするだけで起動できます。 この方法については下記で詳しく解説しています。 ラズパイ(Raspberry Pi)でパソコンをリモート起動:HomeBridge-WOLの使い方

高機能ルーターを設置する


自宅に高機能ルーターを設置し、 1) 外出先からブラウザで自宅ルーターの設定画面にアクセスし、そこから 2) 自宅LAN内にWOLパケットを送信する方法です。 事前にルータの設定画面でリモート起動したい機器のMACアドレスを登録しておき、外出先からルーター設定画面でWOLパケットを送信します。 残念ながら、このような機能を提供している高機能ルーターは、あまりありません。 ASUS社のルーターでは、このどちらの機能も搭載しています。

VPNで自宅のLANに入り込む


外出先からVPNで自宅のLANに入り込みLANに対してWOLパケットを送信するアプリを使う方法です。 この場合は、
  • ダイナミックDNS(DDNS)サービスに加入して、自宅LANを外部からアクセス可能にする
  • 外出先からVPN接続して自宅のLANに接続する
  • ルータの設定を変更し、UDPポート9(WOL)、TCPポート2(シャットダウン)を開放する
必要があります。 なお、開放するポートは、使用するアプリにより異なる場合があります。 iPhoneでVPN接続する方法:セキュリティ強化、自宅ネットへの接続、サイトブロッキングの回避 外出先から自宅のパソコンをリモートデスクトップ操作する方法

LANポートのWOL設定:BIOSの設定

PC BIOSの設定画面を開き、パワーマネージメント(APM/ACPI)の設定画面で 「Power On by PCIE Devices」などと書かれた項目を有効にします。 この項目の表現は、マザーボードメーカー/BIOSメーカーによってまちまちです。 ストレートに「Wake On LAN」「WOL」と書かれている場合もあれば「PME Event Wake Up」などと書かれている場合もあります。 マザーボードの説明書を良く読んで、それらしい項目を順に試して下さい。
PC これは上とは別のパソコンのBIOSの例です。
PC さらに別のパソコンのBIOSの例です。

WindowsのLANドライバのWOL設定

PC Windowsの[スタート]-[Windowsシステムツール]-[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[システム]-[デバイスマネージャ]を選ぶとこのような画面になります。 ネットワークアダプタの一覧から、有線LANのドライバを見つけます。 そして右クリックメニューで「プロパティ」を開きます。
PC まずは「ドライバー」タブでドライバーのバージョンを確認しましょう。 バージョン、日付が古い時は、LANデバイスのメーカーサイトから、最新版ドライバーを入手してインストールします。 この画面の例では、デバイスの名前「Realtek PCIe GBE Family Controller」で検索して、メーカーサイトを探します。
なお、ここで「ドライバーの更新」ボタンをクリックしても、最新版への更新が行われないことがあるのでご注意ください。 Realtek社のドライバダウンロードページ Intel社のドライバダウンロードページ
PC 最初に「電源の管理」タブで、 「このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」 と「Magic Packet でのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」 にチェックを入れて「OK」します。
すると使用しているLANデバイスによっては、新たに電源関連や詳細設定のメニューが増えたりします。
PC つづいて「詳細設定」タブから、“Wake On LAN(WOL)”に関する項目を選び、それを有効にします。 “Wake On LAN(WOL)”に関する項目の名前は、使用しているLANデバイスによりまちまちです。 この例では“Wake On Magic Packet”となっています。 「Wake-On-Lan機能」「ウェークアップ機能」「PME をオンにする」などと表記されている場合もあります。
PC 同様に「LAN 上のウェークアップのシャットダウン」 や「シャットダウン ウェークアップ」といった項目があった場合は、これも有効にします。
PC 別のLANドライバの例です。この場合はWOLに関するすべての設定が「電力管理」タブに集中しています。 このなかで、Wake on LANのオプションをすべてチェックするだけでOKです。

WOLの設定がない!?


LANドライバの設定画面にWOLの設定がないときは、ドライバを最新にアップデートしてみましょう。 LANインタフェースの型番でドライバを検索し、信頼できるサイトからドライバを入手してインストールします。

Windowsの「高速スタートアップ」の無効化(Win8以降)

Windows8以降では、「高速スタートアップ」を無効にしないとWOLできません。
PC Windowsの[スタート]-[設定]-[システム]-[電源とスリープ]-[電源の追加設定]、または [スタート]-[Windowsシステムツール]-[コントロールパネル]-[ハードウェアとサウンド]-[電源オプション]を選ぶとこのような画面になります。 左のリストから「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
PC 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
PC 画面の下のほうにある「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して「変更の保存」をクリックします。

技術解説


Windows8以降の場合は、S4(hybrid shutdown), S5(シャットダウン) ステートからのWOLには対応していません。 [電源オプション]画面で「電源ボタンを押したときの動作」を S3(sleep:スリープ) または S4(hibernate:休止) とする必要があります。 また、「高速スタートアップを有効」にしていると S4 が hybrid shutdown になります。 S4でWOLするには、これを無効にする必要があります。 「ウェイクオン LAN」Windows 8 および Windows 8.1 で (WOL) の動作(Microsoft) Windows 8 - Wake Over LAN - It Works!(Phil Pendlebury)

外出先からリモート起動

iPhone ASUSの高機能ルーターを使用している場合は、事前に[WAN]-[DDNS]メニューからDDNSサービスを有効にし、 [管理]-[システム]-[リモートアクセス管理]メニューで「WANからの接続を許可」します。 また[ネットワークツール]-[Wake on LAN]メニューで、起動したいパソコンのMACアドレスを登録しておきます。
そして外出先からiPhone/iPadのサファリを使って自宅ルーターの管理画面にログインし、 [ネットワークツール]-[Wake on LAN]メニューで、起動したいパソコンを選んで「ウエイクアップ」ボタンを押せば起動できます。

WindowsをバージョンアップしたらWOLしなくなった!?

Windowsのメジャーバージョンアップにより、自動的に「高速スタートアップ」が有効に戻ったり、インストール済みのLANドライバがWOLに対応できなくなったりする場合があります。 「高速スタートアップ」設定の再チェック、LANドライバを最新にする、等を試してください。 LANインタフェースの型番でドライバを検索し、信頼できるサイトからドライバを入手してインストールします。

パソコンをリモート起動するアプリ

App Storeでは、iPod/iPad/iPhoneからマジックパケットを送出することに特化したアプリもいくつか公開されています。
  • RemoteBoot WOL

    iPhone

    Zuvola Apps ユーティリティ 無料

    シンプルなWOL(Wake On Lan)アプリケーションです。 Mac/PCをiPhone(iPod touch)上から起動できます。 (コンピュータがWOL対応で、きちんと設定されている必要があります) このアプリを使用するには少しネットワークの知識が必要となります。 OS,BIOS,ルータそしてこのアプリを正しく設定しなければ動作しません。

    詳細を見る(App Store)
  • iNet WOL - Wake on Lan

    iPhone

    BananaGlue GmbH ユーティリティ 200円

    ?ローカルネットワークのスリープしているコンピュータの起動。 ?インターネット経由のコンピュータの起動。 ?リモートでコンピュータをスリープ、シャットダウン、再起動 (現在Mac OSXのみ対応) ?ワンタッチで新しいデバイスを登録(MACアドレスの入力不要) iNet WOLは、ローカルネットワークに接続されたデバイスをスキャンして、ボタンにそれらの名前、IPアドレス、ベンダー名を表示します。 MACアドレスを探したり入力する必要はありません。自動生成されたリスト内の項目をタップするだけでお気に入りに追加できます。

    詳細を見る(App Store)
  • iShutdown - シャットダウン, 再スタート, ウェイクオンラン МАС, РС

    iPhone

    Vlad Polyanskiy エンターテインメント 200円

    コンピュータの開始・シャットダウン・再スタート・ハイバネーション ? МАС, РС にも使うことが出来ます。 ? ネットワークにコンピュータの検索 ? 必要なコンピュータを手動で入力することが出来ます ? Wi-Fi、3gで 使うことが出来ます。 ?能動的ホストを検索 ? コンピュータの開始・シャットダウンのためにRDP, VNCそのようなプログラムが必要ではありません。 iShutdownは全部機能を持っています。

    詳細を見る(App Store)