• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhoneで撮影したビデオをYouTubeへアップロードする方法

iPod/iPad/iPhoneで撮影したビデオは、無料の動画共有サービスYouTube(ユーチューブ)へアップロードして世界中の人々に公開することができます。
iPhone iPod/iPad/iPhoneでビデオを撮影したら、 Photos(YouTube) アプリを開き、画面右上のカメラアイコンをタップします。
iPhone 初めて使用する場合には、写真、カメラ、マイクへのアクセス許可が要求されます。 すべて「許可」するとこのような画面になります。
「録画」をタップすると、今すぐiPod/iPad/iPhoneのカメラを使用してビデオ録画を開始します。
「ライブ配信を開始」をタップすると、今すぐiPod/iPad/iPhoneのカメラとマイクを使用してライブ配信を開始します。
画面の下のほうには、デバイスに格納されているビデオの一覧が表示されています。 アップロードしたいビデオをタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 ビデオのトリミングができます。 不要な部分があったらカットしましょう。 右上の「次へ」をタップします。
iPhone アップロードするビデオのタイトルや説明、タグ(検索キーワード)、カテゴリなどを指定します。 多くの人に見てもらうには、できるだけわかりやすく検索されやすいタイトルやタグを設定しましょう。
そして右上の「UPLOAD」ボタンをタップします。
注意:アップロードする動画は15分未満でなければいけません。これより長い動画をアップロードするには「アカウントを確認」する必要があります。
iPhone するとビデオの転送が始まります。
iPhone 数分待つとこの様な画面になり、公開完了です。世界中の人々に、あなたがiPhoneで撮影したビデオを楽しんでもらうことができます。