• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

iPhoneで背景のボケた写真を撮影する:ポートレートモードの使い方

ポートレートモードとは?

ポートレートモードとは、まるで一眼レフカメラで絞りを開いて撮影したように「背景をぼかす」機能です(iOS10.1以降)。 撮影後の画像処理で「背景をぼかす」画像を創り出します。 人物や静物などの撮影で効果を発揮します。
なお、ポートレート写真撮影が出来るのは、カメラレンズを2台搭載したiPhone 7 Plus以降のみです。 iPhone、iPad、iPod touch でカメラモードを使いこなす(アップル) iPhone 7 Plusの「ポートレートモード」を楽しく活用する方法(ITMedia)

ポートレート撮影する

iPhone Camera(カメラ)アイコンでカメラを起動し、 「ポートレート」を選択すると、このような画面になります。 ここでカメラと被写体の距離を適正に(約40cm~240cmまでの間)すると、画面に「自然光」などと撮影モードが表示されます。 後は (シャッターボタン) マークをタップして撮影すればOKです。
カメラと被写体の距離が適正でなかったり、暗すぎると「離れてください」など、適宜指示が表示されます。背景もボケません。
iPhone iPhone 撮影すると、iPhoneには「被写界深度エフェクト」あり、と無し(通常)の2枚の写真が格納されます。 左が通常の写真、右が「被写界深度エフェクト」ありの写真です。 よく見ると若干ボケ方が変な部分もありますが、良い感じで背景がボケています。

撮影モードを切り替える

ポートレート撮影では、撮影モードを切り替えて特殊効果をかけることができます(iOS11以降)。
iPhone 画面の「自然光」と書かれているところを左右にスワイプすると、撮影モードを切り替えることができます。 撮影モードには「自然光」の他に「スタジオ照明」「輪郭強調照明」「ステージ照明」「ステージ照明(モノ)」があります。
シーンによっては違いが分かりにくいものもあります。 「ステージ照明」「ステージ照明(モノ)」はともに背景(と判断された部分)を黒く塗りつぶしてくれます。
iPhone 「輪郭強調照明」を選択した例です。
iPhone 「ステージ照明」を選択した例です。
iPhone 「ステージ照明(モノ)」を選択した例です。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい