• 記事をシェア
  •  
  •  
  •  
  • B! 
  •  

Apple Payの機種変更、カード/Suica/PASMOを削除/復活する方法

ここではApple Payに登録したクレジット/プリペイドカードやSuica/PASMOを削除する方法、そしてそれを復活する方法を解説します。
なお、Apple Payの使い方全般についてはApple Payの使い方:Suica/PASMOをiPhoneで使う方法のページで解説しています。 併せてご覧ください。
機種変更の時間に注意
一旦既存のデバイスからSuica/PASMOを削除すると、最大24時間、そのカードを別のデバイスに移せないことがあります。 通勤・通学や買い物など、24時間以内にそのカードを使う予定がある場合は、カードの移行は控えましょう。
また、午前2~4時は交通系ICカード管理会社のサーバーがメンテ中のため、Suica/PASMOの移行操作はできません。ご注意ください。

自動でカード/Suica/PASMOが削除される条件

デバイスで iCloudからサインアウト、または Face ID / Touch ID / パスコード を無効にすると、安全確保のため Wallet / Apple Pay に登録したすべてのカードが削除されます。 Apple Watch ではこれに加えて「手首検出」をオフにした場合、iPhoneとのペアリングを解いた場合もカード等がデバイスから削除され、使用できなくなります。 またiPod/iPad/iPhoneを初期化した場合も、その過程でiCloudからサインアウトの手続きが行われるので、すべてのカードが削除されます。 こんな時は削除したカード/Suica/PASMOを復活するに従って手続きすればまた使えるようになります。

Apple Payからカード/Suica/PASMOを削除する(iPhone)

Suica/PASMOの削除操作は、午前2~4時はサーバーがメンテ中となるため、避けてください。
iPhone (Wallet)アプリ を開いて削除したいカードを選び、その右上にある をタップします。
iPhone するとカードの詳細情報が表示されます。 ここで画面の下のほうにある「このカードを削除」を選べは削除されます。

Apple Payからカード/Suica/PASMOを削除する(Apple Watch)

Suica/PASMOの削除操作は、午前2~4時はサーバーがメンテ中となるため、避けてください。
iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-[WalletとApple Pay]を開き、 削除したいカードを選びます。
iPhone するとカードの詳細情報が表示されます。 ここで画面の下のほうにある「このカードを削除」を選べは削除されます。
なおSuica/PASMOの場合は、「(iPhoneの名前)にカードを追加」を選ぶと、Apple Watchから、ペアリングしたiPhoneにSuica/PASMOを転送することができます。
iPhone Apple Watch本体で操作する場合は、 (Wallet)アプリで削除したいカードを選び、画面をスクロールします。 すると図のような画面となるので「削除」を選べは削除されます。
Suica/PASMOの場合は「ヘルプモードをオンにする」というボタンも表示されます。 駅員端末で Apple Pay の Suica/PASMO を処理しなければならないときは、ここで「ヘルプモード」を「オン」にしてからApple Watchを駅係員に手渡します。 詳しくは Apple PayへSuicaを登録する方法(Apple Watch) のページをご覧ください。

削除したカード/Suica/PASMOを復活する

クレジット/プリペイドカードの場合

iPhone 削除されたクレジット/プリペイドカードは、そのデバイスだけで使えなくなっている状態です。単にそのデバイスで、再度取り込みの作業を行えば使用できます。

Suica/PASMOの場合

iPhone 削除されたSuica/PASMOは、交通系ICカード管理会社のセンターサーバーに保存されます。 (Wallet)アプリまたは(Watch)アプリ を開いて「カードを追加」操作を行い、カード種別に「Suica/PASMO」を選び、「カードを再度追加」メニューを選ぶと復活できます。 このようにサーバーに保存されているSuica/PASMOの情報が表示されます。 ただしSuica/PASMOの削除操作は、午前2~4時はサーバーがメンテ中となるため、避けてください。

もっとApple Payのことを知りたい